So-net無料ブログ作成
検索選択
ご挨拶したい人はこちらへどうぞ http://escapejama.blog.so-net.ne.jp/2016-11-12-1



前の1件 | -

消えた一族(178) 観たよ。cloud atlas [消えた一族]




cloud atlas

まだ観てない人

観た方がいいわ


私的大収穫



ソンミ451

文明の崩壊した未来の世界。

ある島では凶悪な人食い種族に怯えながらも、

人々は遥か昔、世界を救ったとされる女神ソンミを崇め、

素朴な生活をしている。


(ソンミ像)
(ソンミ信仰)

昔の人も同じ信仰だったのか、、、、、


(ソンミ像)
同じ”信仰”だったとは限らない、、、、、














物語1
・1849年
・南太平洋
アメリカ人弁護士と奴隷を中心にした物語

物語2
・1936年
イギリス
・作曲家とアシスタントを中心とした物語
映画タイトルでもある"Cloud Atlas"という曲を作る物語

物語3
・1973年
・アメリカ カリフォルニア
・女性ジャーナリストを中心とした物語

物語4
・2012年
・イギリス
・編集者のちの作家を中心とした物語

物語5
・2144年
韓国ネオ・ソウル(現在のソウルの上にできた未来都市)
・クローン人間を中心とした物語

物語6
・2321年
・2144年から数百年後
・新世界大戦後の世界
ハワイで暮らす人間たちを中心とした物語

http://www.cinemawith-alc.com/2013/07/cloud-atlas.html

http://ameblo.jp/kamiyamaz/entry-11502023172.html



人物相関図は見といたほうがいいかも

私は見といたよ
それでも誰が誰だかわかんなくなりそうになったけど

t02200155_0800056412496034477.jpg



6156260,Zv2fpFvHZ_3lEikY6h+AnxOb6cTIDyzYOD4ks1MrG7eDU+kjoWuEPNUdr6vnzM6grBm5imohn6UCCyhuXk15OQ==.jpg





悪魔の山といわれ恐れられてる山の山頂には他の惑星への連絡アンテナがあって、

昔地球が汚染されて他の惑星に移住するときの出発場所がその山の山頂の施設だった。

でそこにソンミ信仰の像があるっていう、、、、


浮船、大山信仰、進化した人間とかとか、

あーーーらーーーーおもしろかったー!!

人食種は出るわ、知らず知らずのついに共食いとか、


あらーーーーとてもただの映画とは思えない~~

おもしろかった~~!

でもほんとに今は同じ種類の人間だけど、

時代が変わって状況が変われば人食種になる人もいるんだろうな、、、

こわいわ~


毎日肉ばっかり食べてる人はお気をつけあそばせ的な、、

311のときに1日におにぎりが3つしか配給されなくれ泣いていた人がたくさんいたそうで、

普段どんな食生活を送っているかで、

そういう悲惨な状況になったときの意識の違いが出るよね

自分らが腹がすきすぎて、食べ物がなくて、生きるために

って理由だけで人食いにならないでね。。。。

こわいわ~~~~









文明が崩壊したあと、ソンミが神格化されて信仰の対象になっています。
彼らは信仰する神“ソンミ様”のお告げに従う生活をしていた。

崩壊後の世界では未来編の主人公ソンミは

神様になっていて、ザックリーの信仰対象だった。

そのソンミのお告げはザックリーを助け、メロニムを救った。

だがその後、禁断の山へ登り偶像崇拝していたソンミ様は神様なのではなく


「昔の人=人間」

であったことを突きつけられる。








私が言いたいのもそういうこと。。

まったく。


信仰の対象になっていた人物はいて

確実に今につながる記紀以前の世界が

永きに渡って列島、沖縄、北海道すべて共通で続いていた



15056286_819069068196231_7851280929866576507_n.jpg




そして彼らは鬼とされて徹底的に落とされ消されてきたの

姫さま以外はね


kotae.jpg




13394092_719788558124283_4132604881860615511_n.jpg





sarutahiko-3.jpg





全ての苦しむ人を救おうと、
巧みな手だてを用いては、死んで悟りの境地をあらわしたりしたが、
本当は、死んだりはしていない。
いつも この世に住んでいて、こうして教えを説いている。







sarutahiko-2.jpg


私は常にここに住んでいるが、
いろいろな不思議な力でもって、
心が迷ってさかさまに おかしくなっている人たちに対しては、
そば近くに居ても 姿を見せない。





akimoto5.jpg

人々が、私の身体が滅んだのを見て、広く私の遺骨を供養し、
あまねく皆が私のことを恋い慕い深く信仰する心をおこすためである



http://escapejama.blog.so-net.ne.jp/2014-11-27-1

















共通テーマ:blog
前の1件 | -