So-net無料ブログ作成
検索選択


2016年までの観た!読んだ!お勧めの映画や本でーす!





劇団 [(゚×゚*)プッ]

私が小学校3年で

渡辺さんのお母さんに連れられて

宝塚歌劇を観て

いっぺんにはまってしまい

買って貰ったパンフレットの裏に会った劇団


ひまわり

東京放映

東俳


この3つが乗っていて


ひまわりと東京放映は締め切り期日が迫っていて


東俳はまだしばらく締め切りが先だった



帰宅後少しして、泣きに泣いて

劇団に入れてくれーーーと大騒ぎした



もちろん父も母も


芸能界は怖いところだから絶対にだめ


そういって許してくれなかった



それでも泣きに泣いて

わかったわよ、、
どうせ受かりっこないんだから受けるだけ受けてみればいい


で、履歴書を送り、1次審査通り(誰でもとおると思う)

2次審査は劇団でのオーディション

2次も通り劇団員に(誰でもとおると思う)

日々のレッスンを受ける中


エキストラの仕事ばかり

だけど、これのおかげですごく自立したと思う。


劇団の舞台に出ること2回(いや、、誰でも金を払えばちょい役がもらえる)

一生懸命やる私を見て


我が家の謎の父が




本当にやる気があるのなら

朝比奈さんに頼んでみてもいい

本当にやる気があるんだったらな



そう言った。


まあ、、、頼んでないんだろうけど


でもその後1だけ劇団からTVドラマのオーディションの話が来たことがある

役柄聞いただけで、あ、駄目だなって思って

オーディションには行ったけど

オーディションが来って言う興奮も緊張もなく

だるっとおわらせた記憶がある


だって生徒会委員長に立候補するまじめちゃんの役

見るからに違うしな、、って。。。

オーディションから帰ってきても、特に興奮して話をした記憶もナイ

受からないと思っていたからね~~~

だってTBSの金八シリ-ズで、

そのシリーズには小学校4年くらいからエキストラにしょっちゅう行ってて

6年生くらいの頃には

”エキストラ3バカトリオ”って助監督とかにも呼ばれていたしねw

違う劇団の女の子二人とはいつも一緒になって

あの荒川の土手を仲良しトリオのように何度も何度も歩いたよ



その後オーディションの話は一度も来なかったよね



やる気を見せてチャンスをモノにするのもある意味才能だからね

落っこちても悔しがることもせず

そういうところ試したりするのかもね

私は本気でやりたいと思っていなかったのだろう


高校に入るときに劇団は辞めて

高校の演劇部とそれから自分でバイトしたお金で 

発声教室やバレエやジャズダンス

時々チケット製でレッスンが受けられた俳優座の講座とか受けに行ったりしたな

なつかしい。。。。


その後音楽の短期の専門学校に行ったりしたけど

別に何になりたかったわけでもなかった気がする


父が手帳にでかでかと名前を残してた母方の(父にとっての)おじさん

あまり売れなかったんだろうが

歌手だったらしい




劇団では工藤静香も同じクラスだった

生意気な根暗な女だったけど、根性だけは凄そうだったわよ








藤野先生お元気なんだ。。。





共通テーマ:blog


2016年までの観た!読んだ!お勧めの映画や本でーす!