So-net無料ブログ作成
検索選択


2016年までの観た!読んだ!お勧めの映画や本でーす!





消えた一族(224)長阿比古存事代主荷の後商として居る。 [消えた一族]

5YSFfkri.jpg





長阿比古存事代主荷の後商として居る。




いやいや、、、そうじゃなくて。。。。

まあちょっと休憩ってことでね






本作に出てくる大蛇は現地のヘビ族という部族から「ナガ」と呼ばれる守り神で、
最初はドラゴンのような顔した巨大な蛇かと思わせといて、
それはいくつかあるうちの顔のひとつだったという、
ヤマタノオロチみたいな姿だったのが新鮮でした。

話の流れはこうゆう作品としては普通です

300年は生きていたであろう、原住民のミイラ(アマゾンマン)を発見

製薬会社はその秘密を探る為、

原住民のいるジャングル奥地へ探索隊を派遣

必ず遅れて専門家チームが現地に到着

先発隊が見るも無残な姿になっていて・・

それは、原住民たちが神とあがめる大蛇、「ナガ」の仕業であった

そして専門家の中のセクシー美女博士が原住民にさらわれ

助けに行った男たちも捕まります

捕虜になった主人公たちは、ナガの洞窟に連れて行かれ

何故か、泉で洗礼を受けます

(この洗礼を受けると、ナガに襲われなくないます)

実は、この泉の水こそ不老不死の薬なのです

泉の水にナガの体液が混じって奇跡の水になったのです

原住民たちは、前代の長であるアマゾンマンを返せば、全員を解放すると約束

製薬会社役員たちは、その条件を飲むと言いながら

討伐チームを現地に送ります

さてここから、討伐チーム対ナガの一方的な戦いが始まります



http://ameblo.jp/hitomi-1981/entry-10611769175.html


164046.jpg




17098600_899117570191380_7734390446258910063_n.jpg




17021907_899117320191405_8592064924873146531_n.jpg


長阿比古存事代主荷の後商として居る。



続きは明日します。

今日はギブです、、、




コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。


2016年までの観た!読んだ!お勧めの映画や本でーす!



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。