So-net無料ブログ作成


2016年までの観た!読んだ!お勧めの映画や本でーす!





実に怖かったです。~ アベルイ [Jama]




なんなのよ、、、これ。




前世の記憶系?

しかもこの海?

ビーチ

白石のビーチ


なんなのよ、、これ。。。




まあいいや。


夕べはかなり長いこと、

清めの時間をとりましたよ。

怖かった


いろいろ言い聞かせて、お線香たいて

涙する歌声を聴いて


うーーーん



私こういうこと多々あるんだけど

だからと言って


そういう方面に入って行こうとか行きたいとか思わない


前から思ってることだけど

こんなことは特別なことじゃなくて

本当はみんな感じてるんだろうけど

気づかないだけ


もしくわ、ジャンクな生活、ジャンクなメンタルで

そういうものを感じなくなってるのかもしれないし


” 欲 ” が最優先だと


いろいろな感覚が機能しなくなると思うよね。


” 欲 ”  のために


自分を正当化するだろうし

” 欲 ” にプラスになる物事は

悪いと思っていても正当化するだろうし


そういうことしていくうちにどんどん清い部分が鈍感になっていって


自分のことしか考えなくなるし

それも自分に得になることしか考えなくなるんだろう

なんでもいいけどさ。


基本 ↑ のような人ばかりだから

世の中なんか良くはならないよね


残念ながら


そして、世の中をよくしようと立ち上がった人だけが


いつの世もいつの時代も


損をするのね




いい世の中にしたいなら、自分だけの欲を満たそうとするんじゃなくて

みんな一人一人が自分で変わっていかなければ

世の中は変わりません。




歴史

古代史

これ調べていくと

どうしょうもないやつらどうしょうもない話しかみつからない


お題の、実に怖かったです、の元になったこの数日の体験も

なんだか、


大衆の闇というかな、、、、



ずっと前にも書いたけど


私は次はもう絶対人間には生まれてこない

動物もいや

っていうか、

もう何にも生まれ変わらなくていいです。


今回の命で終わりを望みますわ

















とにかく

誰でも持ってる、感じられると思うんですよ


書いているうちに話が違う方向に行ってしまってた。。。。(>_<)




誰でも持ってるってところから、

少し視点を変えて調べてもみようと思った瞬間から

見えたものが違って

見つけたことも違って

今はそれに戸惑い中



さらにコアな部分へ、、、


なるほどだからこれね




207199015968854b.jpg



207199285968827.jpg



207199272635495.jpg





それから

タカタガ~ル











もうーーーーーやだっ!



(>_<)





河内もさーーーー



河内もミルフィーユ過ぎ


(((((((( アテルイ・モレ両雄は八〇二年河内国で処刑された。 )))))



もうねーーー


毎日毎日

祟り神系のことばかり調べてたら

そりゃ家の中で急にあのにおいもしてしまうわよ




たのしくない


こわい、、、


わたしかわいそう、、、


(ToT)









善のためにこうしているならまだしも




__eli__eli__lama_sabachthani____by_hippyemo52-d2yvk8h.jpg





私を縛るすべてのものから、

そろそろ開放されてもいいだろう



これまでずっとこんなことに使ってた時間を取り戻したい




『火怨・北の英雄 アテルイ伝2013』

『火怨・北の英雄 アテルイ伝』第01話 -04話
http://jp.pandora.tv/my.upstge/49840428?ref=ts





























アテルイ(? - 延暦21年8月13日(802年9月17日))は、平安時代初期の蝦夷の軍事指導者。
789年(延暦8年)に胆沢(現在の岩手県奥州市)に侵攻した朝廷軍を撃退したが、
坂上田村麻呂に敗れて処刑された。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%86%E3%83%AB%E3%82%A4

平安時代
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E5%AE%89%E6%99%82%E4%BB%A3


平城京における肥大化した奈良仏教各寺の影響力を厭い、天武天皇流が断絶し天智天皇流に皇統が戻ったこともあって、当時秦氏が開拓していたものの、ほとんど未開の山城国への遷都を行う。初め延暦3年(784年)に長岡京を造営するが、天災や後述する近親者の不幸・祟りが起こり、その原因を天皇の徳がなく天子の資格がない事にあると民衆に判断されるのを恐れて、僅か10年後の延暦13年(794年)、側近の和気清麻呂・藤原小黒麻呂(北家)らの提言もあり、気学における四神相応の土地相より長岡京から艮方位(東北)に当たる場所の平安京へ改めて遷都した。

また蝦夷を服属させ東北地方を平定するため3度に渡る蝦夷征討を敢行、延暦8年(789年)に紀古佐美を征東大使とする最初の軍は惨敗したが、延暦13年の2度目の遠征で征夷大将軍大伴弟麻呂の補佐役として活躍した坂上田村麻呂を抜擢して、延暦20年(801年)の3度目の遠征で彼を征夷大将軍とする軍を送り、田村麻呂がアテルイら500人の蝦夷を京都へ護送した延暦21年(802年)に蝦夷の脅威は減退、翌22年(803年)に田村麻呂が志波城を築いた時点でほぼ平定された。

しかし晩年の延暦24年(805年)には、平安京の造作と東北への軍事遠征がともに百姓を苦しめているとの藤原緒嗣(百川の長子)の建言を容れて、いずれも中断している(緒嗣と菅野真道との所謂徳政相論)。
また、健児制を導入した事で百姓らの兵役の負担は解消されたが、この制度も間もなく機能しなくなり、やがて国衙軍制の成立を見ることになり、さらに後の武士の発生に繋がっていく。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%93%E6%AD%A6%E5%A4%A9%E7%9A%87











コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0



2016年までの観た!読んだ!お勧めの映画や本でーす!