So-net無料ブログ作成
検索選択


2016年までの観た!読んだ!お勧めの映画や本でーす!





消えた一族(64)ランダム [消えた一族]




ずっと


ずっと


探していた


道・・・・・・・・・・・



昨日、今日でまたやっているよ。


昨日 age2.gif

今日 mage2.gif


11148641_613914068711733_4139251669914997535_n.jpg


11903835_613914028711737_2045870798797989646_n.jpg


11902552_613914008711739_6916847036895478379_n.jpg


syusya.png


blackdiamond.jpg

1280px-Roussillon-CheminOcres.jpg

images2MSBSUW5.jpg




140508115614025794227_IMGP6495renketu-s.jpg


500_36645444.jpg


500_36748880.jpg


imagesOW2WUHCY.jpg

images1XOCWSLJ.jpg

imagesJZPHAWPS.jpg





Floacist.jpg



imagesXDGXBCX3.jpg




t02200337_0294045011404215272.jpg


t02200241_0317034711404173129.jpg


shivaages.jpg


207200799302009.jpg


229343023754453.jpg


ottawa_101031_30.jpg


944761_336446993125110_1957267710_n.jpg


9.jpg


450px-Dogū_of_Jōmon_Venus.jpg


10704193_515616565208151_8427023634937421735_n.jpg


10624571_515616398541501_7399385449733863237_n.jpg


10698672_515616981874776_7697923224356944700_n.jpg


10365857_515616855208122_3590928008978561415_n.jpg


B2ZZ8GCCEAAFYbX.jpg


B2Zd9qtCcAIxzyi.jpg


imrrrages.jpg

images38F58UTN.jpg

rr1.png


10406992_515562855213522_97701450262700567_n.jpg


10245495_445262488910226_2426122651174382919_n.jpg


471003699_640.jpg



images.jpg


rihanna-geisha-11.jpg



o0341045411368173082.jpg



B3cLpxaCMAA-O9Y.jpg


imagesPZJCUUR3.jpg


Dscf5430.jpg


10429441_522823657820775_8876278421205102285_n.jpg


10312538_522824014487406_3062429706042124801_n.jpg


10354941_522823574487450_2236511729982236495_n.jpg


10348367_522823507820790_1392148133416741807_n.jpg



1912430_522823244487483_1644336157207260410_n.jpg

1509119_522823334487474_7345167297426201890_n.jpg

15448_522823441154130_4023917460585791401_n.jpg


1972336_522823294487478_1193973608664856340_n.jpg



Dscf6142.jpg

Dscf6136.jpg

DSCF6154.JPG

Dscf6134.jpg

Dscf6140.jpg

Dscf6137.jpg


08.jpg



B52GxGcCUAAIV_z.jpg



celine2.jpg

celine1.jpg

celine3.jpg

ns.png

imagesMOR6PLME.jpg



imagesB0K2C6N1.jpg



gag2.png


1618681_430986213671187_1785161521_n.jpg


imag2es.jpg


TheFloacist2-682x1024.jpg


imagesEX2CV0V8.jpg


image3s.jpg














B6rRvllIYAE9hUg.jpg


imagesART6WG7P.jpg


imagesKL52CWV3.jpg


236441397.jpg


236443396.jpg


4374.jpg


amidabutu.jpg


lavender2.jpg



imagesZTO5R2L9.jpg


images9LPAY48Z.jpg


B_0VtnyWIAEI9CK_png-large.png


無2題.png


11055862_446762058820430_1138687276_n.jpg


10249256_1554782914774763_1557317300_n.jpg


5116.jpg

5115.jpg

5113.jpg

5114.jpg


imagesA2FNDS5U.jpg


imagesSJE6436V.jpg

images.jpg




sarutahiko-3.jpg


sarutahiko-2.jpg


akimoto5.jpg


imagesSO1M4GR7.jpg




yabasu.jpg


6.jpg


f54dd62e9cb66c.jpg


CCC558QW4AAJQAy.jpg



IMG_0467.jpg


IMG_0479.jpg





sn.png


207199272635495.jpg


207199285968827.jpg


207199015968854b.jpg


2.jpg


3.jpg


8.jpg


4.jpg



5.jpg


o0540040512250260224.jpg


imagesTZVKDKRO.jpg


imagesP6H90V2V.jpg


images7D41MBLJ.jpg


418729_180462122056932_735137995_n.jpg



hummmmmmmmmm



images6FPRTF8H.jpg


11011912_10155508142690231_503169123256046202_n.jpg



11351156_720544021388322_4342469265000939290_n.jpg



11246187_582753488494458_4806360920227870872_n.jpg


11046777_582753455161128_7925206644270978025_n.jpg


11258066_644436125691002_6634401005010059669_n.jpg


imagesTNS8N335.jpg

novacane.jpg

images066LG822.jpg

images.jpg

imagesK6BBZXM7.jpg

ima1ges.jpg

franko.jpg



519524653_640.jpg

無e3題.png

fuji_mandara2.jpg

d0128163_18151933.jpg

11954727_613914492045024_6818070806569422931_n.jpg



11787440_774121856043100_1236215288_n.jpg



7.jpg

8.jpg


9.jpg

10.jpg


2.jpg

3.jpg

1.jpg

16.jpg



100_width308.jpg

konishi.jpg

090107e1.jpg


o0600060013126548490.jpg

QyeuMvjhene-aiko-51.png


10408094_403874873155802_332757070640317516_n.jpg

11951096_10153835482885283_3008151356391405963_n.jpg



Conchita-Wurst-Austria-1.jpg

0,,18291308_303,00.jpg


hqdefault.jpg



0943.jpg



1385566_391473807622428_1830107592_n.jpg


12065745_629528540483619_8641051763602069991_n.jpg



1610997_635829346520205_4310694683025254904_n.jpg


11140112_635829583186848_1362337910350628138_n.jpg


12065937_635867759849697_8820973957190531018_n.jpg


12115630_635867713183035_8294480340656813859_n.jpg



AD4457C305E648948D92CFD84DC9D03F_L.jpg


amanosakate.gif


12278742_937482376301608_7165157826787789668_n.jpg


無sw題.png


12295309_643456605757479_6359368333396282490_n.jpg


12274756_643456692424137_4980545937907880963_n.jpg





12301768_642687459167727_8187226621783556814_n.jpg



12295235_642687482501058_3343814548814432804_n.jpg



12241335_642687472501059_699065169070309013_n.jpg


26000.jpg




omamori.jpg



1-cd9fd.jpg


943543_337506373019172_1166557561_ns.jpg


12341168_643704645732675_8336199678253278616_n.jpg


12310614_643704342399372_5511326295030775751_n.jpg


12294918_643704572399349_2971827191583973772_n.jpg


12246978_643704522399354_2697043162097231917_n.jpg


12295256_643704612399345_7412174217789314365_n.jpg


12246934_643704545732685_5189722974937810065_n.jpg



143256509062710614177.jpg



0d40a5e4a645fc6b96e767d64ac0878e106-250x250.jpg




12400540_652567848179688_8801094872046080090_n.jpg



11225299_664533026983170_4600311586609909176_n.jpg


maxresdefault.jpg


akon.jpg


50095.jpg


angeles_2.jpg


Tannowa_Nisanzai_Kofun_zenkei.JPG


229047874_624.jpg

img_4_m.jpg

img_0.jpg

12729135_674365712666568_6856848317779436448_n.jpg

12729311_674365729333233_6281941331454252291_n.jpg

12734066_674365682666571_5682632131931453648_n.jpg



12729199_674148246021648_9121640063192191144_n.jpg



uad.jpg



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

THEY LOVE MY SHOP COLOR? [View from THE 6]

2016-02-28 12:49:35のブログです。
あら!!ブランドンも!!!更新
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


あら、リアーナも my shop color
https://www.facebook.com/MixethnicjamaneseNankiShirahama/

12522976_460862150790407_3231727392028277695_n.jpg


12669661_467759046767384_2538557152036648225_n.jpg














12705467_467769106766378_5881755056333255190_n.jpg


12742591_472464802963475_1150618282874801815_n.jpg


12553013_460862160790406_3673516679234657326_n.jpg






12642743_467759056767383_7149593063121907385_n.jpg


12552867_463134513896504_6365270923282082294_n.jpg

535342_463134580563164_2948313119047023297_n.jpg




nisikikai.jpg

無6題6.png



75090891_129.jpg


k150_01.jpg





あら!!!

いつの間にブランドンも!!







普通の時のブランドンとチームM仕事の時のブランドンとぜんぜん雰囲気が違うんだよね



私がいろいろしてた頃のスタジオは黒だったもん

すべて変わったんだね~

こないだも本人もそういってた

ブランドンも別に聞いても答えてくれるわけじゃないから

今ではなにかを聞く気もしないし、

うーーーん、、、、いろいろピンと来ないどころか

ピンと来ないようになっているわけで、、、

すんませんね、、、って感じ。







東京の店のときから、私自分で色を作ってペンキ塗ってた

その時の色はもっと丹土に近かった


7948700_976498928_1large.jpg

7948700_976498940_1large.jpg

7948700_976498939_1large.jpg

7948700_976499128_1large.jpg

7948700_976499127_1large.jpg




500_36645444.jpg


500_36748880.jpg


500_33847106.jpg


img1.jpg


ig_2.jpg


140508115614025794227_IMGP6495renketu-s.jpg


f0315034_13241057.jpg



白浜に来た時にもう少し紫がかった色がいいなと思って

75090891_129.jpg

12552867_463134513896504_6365270923282082294_n.jpg


で、現在はミックス

12553013_460862160790406_3673516679234657326_n.jpg



私、自分でも気づいていないうちに

2000年から

いいや、、もっと前から好きな色。

私は知らなかったけど

ワタシ知ってた


しかも知らず知らずに呪術を施してた、、、、とか・・・・



DNAってすごい。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

消えた一族(63)わかってきたぞ。。。。 [消えた一族]

消えた一族(62)つながり<<これは非表示


12734066_674365682666571_5682632131931453648_n.jpg




遠い親戚より近くの他人

、、、とかって言うけど


やっぱりどんなに遠くても


血の繋がりがモノをいう時代もこれまでたくさんあったんだろうね



ん。

血の繋がりだけじゃないよね


意識の繋がり


もしかしたら血よりもこの意識のが強かったかもね




だいぶ、自分んちの血の流れが見えてきたので

もう一度hakabaを調べて

そしてその土地を調べて



そしたら、


なんで、


バス降りただけで、足がすんごっく痛くなるのかわかるかもしれないな

いつも、あちこちうろうろしてみようと思っていくんだけど

墓参りと氏神様までしかいけないんだよ


足が痛すぎて、、、

旅のときはドンだけ歩けんだってくらい歩けるし

そのうえちいさな山にだって登るのに

それでも足なんか痛くならないのに


あの土地に向かうバスに家のそばから乗って

バス降りた瞬間

足が痛い

強烈に痛いのだ


まるで私の侵入を阻むかのやうに。。。。。。





なんの偶然か知らないけど手に入れた本



その中には今のあの土地からは想像もできない


”時代”があった。。。


そこがそのようになっていった真っ只中に


私の血の一族が居たんだ。

居たというよりも
















ふっ












"Don't Go"
(feat. Josh Kumra)


Don't go

I don't know where you come from,
But you're everywhere I go.
I don't know why you chose me (why me?)
But as long as your here, I don't need to know.

So don't go

Yeah, when I got introduced to you,
I knew I'd be true to you,
Everyone wanted a piece, you whispered to me sweet guys like me you love.
And I feel it in my soul,
It's like you're always with me on the road.
Phone in my hand while I listen to you moan,
And everybody in the car wants to try and get involved,
Yeah, then you make a silly tone,
Puppy love now, like give a dog a bone,
Shut me how I can breathe when I'm a frown
Our loves concrete
We should lead a setting stone

Yeah and when ever I'm in doubt,
You forever calm me down
And sometimes I'm a dummy and I know I would of crashed if you never was around

So don't go,
Don't leave,
Please stay,
With me,
You are, the only thing, I need to get by,
Get by.

Yeah I spend a little change on you,
But you always give it back.
Cos' I know you ain't here for the money,
You just wanna see me be the man
So I earnt my respect like a true gentleman,
All rumours where capital E relevant.
We should get three two emblems,
i give my life to you that's a street settlement.

Yeah, I'm feeling ever so emotional,
Cos I never had nothing when approaching you,
Sitting with a straight face on a poker man,
That's why a song like this has been over due,
Due over time,
Time over,

Love drunk you and I would die sober.
I'm in this for forever and a day
That's why wherever I go, they've got to put you on a plane

So don't go,
Don't leave,
Please Stay,
With me,
You are the only thing I need, to get by
To get by

See I swear, I ain't ever seen a sky so clear,
Together were gonna make history,
Why would you wanna be elsewhere?
See I swear, I ain't ever seen a sky so clear,
Together were gonna make history,
Why would you wanna be else where?

Don't go leave me now,
Don't go leave me.
Stay right here till my darks day in to light years Imma shine.
Don't go leave me now,
Don't go leave me.
Loosing you is one of my fears,
But I ain't selfish I shear, if I have to.

So don't go,
Don't leave,
Please stay,
With me,
You are the only thing I need, to get by
To get by.

So don't go,
don't leave,
Please stay,
With me,
You are the only thing I need, to get by
To only get by.


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

消えた一族(61)気がついた。 [消えた一族]

どうやら

さまざまな形の信仰のスタイル

さまざまなスタイルの墓(古墳、塚、、、)を廻らされ見せられている模様


これは墓

Tannowa_Nisanzai_Kofun_zenkei.JPG



これは信仰スタイル
12295415_643456615757478_8741589826710234675_n.jpg











12295309_643456605757479_6359368333396282490_n.jpg

12274756_643456692424137_4980545937907880963_n.jpg

12316293_643456715757468_8556037319439514718_n.jpg

12301611_643456725757467_5251242310345054297_n.jpg






今回の旅の後に見えたものももしかしたら

墓かもしれない

洞窟とかは鹿の子と検索してないのに

旅から戻ってから検索すると出てくるのが

どうも墓みたいなのだ。



それを書きたいのだけど、今日は頭が痛くてしょうがない、、、


私が見たのは住んでいた場所かなと言う感じではあったけど

そんなんで再度検索かけていたら

やっぱりある場所に呼ばれてるんだなーってとこがあるんだ。

そこには洞窟住居跡がある


はじめにそこ惹かれたのはまたまったく違うことなんだけど

その後も別のワード検索でも何度もそこが出てくる

その中の一度に、この洞窟を見つけていて

でもそれは今回の旅のあとに見えてきた洞窟とはちょっと違う感じなんだけど

でも十分行きたいわーと思えるところ

でも改めて調べてみると

ココは一族共通キーワードが多い場所

その縄文洞窟住居も海岸沿いではある

写真と実際は違うだろうから

もしかしたらココかもしれない

上を見上げればわかる(>_<)


次はココへ行こうと思う。

そこから行くのはもちろん”本拠地”とされてるところ

こりゃ、池に気づいたあとからは確実に本拠地が呼んでいるわ。


大元のご先祖様の本拠地かもしれない場所

一族のいた場所であろう場所










12729039_674365809333225_539940548322463451_n.jpg




12729135_674365712666568_6856848317779436448_n.jpg



12729311_674365729333233_6281941331454252291_n.jpg


12742059_674409869328819_1202961573979115192_n.jpg


12734066_674365682666571_5682632131931453648_n.jpg


11066783_674365692666570_7829739863261790604_n.jpg


12744463_674365922666547_6679760391198267208_n.jpg


12744446_674365935999879_6513785743618942997_n.jpg


12744063_674365912666548_8805549569813906172_n.jpg


12729372_674365889333217_546913830135717594_n.jpg


12743842_674365875999885_219243219009124867_n.jpg


12743818_674365829333223_8652280121494760424_n.jpg


ココはもう

ほんとに。。。

もうちょっと突っ込んで調べてみようと思う

確実に同じ流れがある



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

消えた一族(60)もうひとりの。。。。 [消えた一族]




”彼女” も

実は二人いた



音は同じ

文字の違い


確かにお墓とされるところも二つある



確実に神武に殺されたものと


実はいたもう一人の彼女


これを辿るとどうやら飛騨まで繋がりそうなのだ

もちろんその中には”シラヤマ”もかんでくる



調べていることも日本全国に広がり

私も今までになくたくさんの土地に足を踏み入れてみている

右手が片の付け根からものすごく痛い

なので集中力が削がれる

あっちもこっちも痛いのは

眠ってる細胞の目覚め


なんだろうか



池の小山の映像の後に出てきたのは

海のそばであろう崖の黒い岩肌

崖の下に私はいて

上を見上げている

感覚すら目覚める


それはきっと縄文の記憶


私は知ってる

その崖の下に開いている穴の奥が深いことを


きっとそこに暮らしていたか

隠れていたか


久しぶりに外に出て見上げる太陽の光

木々からの木漏れ日は、キラキラまぶしすぎる


つかの間の幸せな感覚


太陽を見ることができる喜び


本当はいつもその光の中にいたいのに。。。。

12729199_674148246021648_9121640063192191144_n.jpg



今回の旅と帰ってから見えてきた映像


あらま。。。ほんと。。。


自ら姿を隠していた










見えたあの映像の崖は


たぶんきっと日本海側のどこか。


逃げて隠れた先。


そこからまた一族は広がっていったんだ


長い長い年月をかけて


少しずつ、目立たず

でも確実に


そしていつでも事が起きれば、また姿を消した

名を変えて一族はバラバラになりながら

どんどん広がっていった


何百年もかけて


何千年もかけて、、、、、



だからもうあなたと私が同じ一族かどうかもわからない


でも


池をめでる気持ちや

山や石や岩や

大きな樹を見て安心する心

川や滝を見て、癒される心

これはかつての記憶




229047874_624.jpg

namaenonaiike1.jpg


img_4_m.jpg


img_4.jpg


img_0.jpg












バラバラになった一族が残した目印


それは日本中に点在していることだろう

目印の記憶が

濃い土地

薄い土地


まねをしようにもきっとまねはまねだとわかるだろう


記憶と言う財産は、私たちの体を作り上げる細胞の中に残っている


それはどうしたってごまかすことはできない





ああ。。。

知りたいな。


全部。




こんな風に書き出すと腕の痛いのが収まることがよくあったので

今日もこんな風に書いてみた。

腕は痛いのおさまった


けどまだ書けと言う感じで、

両足が痛い。。。。




できれば私が知りたいのは、自分の一族の流れなんだけど

大きな流れを見れば

ここで書いた二人いた女性のうちの一人の流れなんだろうかなと思う


だから直に関係が濃いわけじゃなくても

自分の一族の流れを調べると必ずその辺にぶち当たって途絶えてしまう


けど、、

池に気づいたことで一気に加速した


Tannowa_Nisanzai_Kofun_zenkei.JPG



11375233_109805416035251_81404393_n.jpg


img_4_m.jpg


12729039_674365809333225_539940548322463451_n.jpg



でもまだそれは書きたくないな

いったん気絶しよ。。。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

転載~石渡説と飛騨天孫族 [転載~]

石渡説と飛騨天孫族

私は石渡説を知ってから、

飛騨天孫族口碑が前期百済系の人々によって作られたものではなかったか、と考えるようになった。

しかし、前期百済系の人々の創作だとしたら、また、すっきりとしないものがある。

いや、前期百済系の人々による飛騨天孫族口碑は、

後期百済系の人々が旗鉾地区に入って来ていることを踏まえれば、

それは、「原飛騨天孫族口碑」と考えるべきかもしれない。


そこで今私は、

飛騨王朝のスメラミコト初代大淡上方さま、その時代を仮に、第一次飛騨王朝とする。

第一次飛騨王朝=前期百済系倭国とする。

次に、第二次飛騨王朝時代を淡上方さまの時代とし、これは後期百済系倭国の時代である。

さらに、第三次飛騨王朝は、大ヒルメムチ命時代とし、これは律令国家体制の時代とする。


つまり、飛騨天孫族口碑には、

原飛騨天孫族口碑→後期百済系倭国に支配された後の飛騨天孫族口碑があり、

原飛騨天孫族口碑と云うべき口碑は、

その時代の新しい「情報」によって上書きされたのではないかと考えているのである。

第一次原飛騨天孫族口碑は、内容的には、

初代大淡上方さまがその名のように、乗鞍岳の大丹生池の付近に住んで居て

この方は大神通力者であったという。

それは「今から2500年前のころ」だとしているが、

これは、律令国家による創作神話の影響を色濃く受けているとみなければならない。

では、実際に、前期百済系倭国の人々が、
乗鞍岳の大丹生池の側で何をしていたのかを、推論しなければならないが、

それは、やはり地下資源=金鉱脈調査と発掘ではなかっただろうか。


実際に私は旗鉾地区に行ってみて、

其所からは、また下がった高山からも、乗鞍が見えないことに驚いた。


乗鞍岳が見えたのは、位山のスキー場のリフト乗り場辺りであった。

知らない土地では見えない山には登れないだろう。

だとすると、大淡上方さま、またはその祖先は、

長野から乗鞍を目指したとみた方が良いのだろう。


金鉱脈を探すには、水銀をまず見つけるのだという。

水銀=にゅうで丹生と書く。

大丹生(おおにゅう)池はまさにぴったりの場所だ。


また、旗鉾地区がある旧・丹生川村(現高山市)の村名にも「にゅう」が残っている。


石渡説によると、

「加羅(前期百済)系倭国は490年に滅びるまでに、日本列島では南は沖縄諸島から、

北は東北地方南半部までその領域を広げた」と述べる(『邪馬台国の都吉野ヶ里遺跡』P130~)。

しかし、中部地方が征服されるのはもっと早く、

それは「320年頃に狗邪韓国を宗主国とする加羅(伽耶)連合国が成立」(同P129)する時か、

そのすぐ後のことだろうと考えられる。




つまり、西暦の300年代中ごろには、

前期百済系倭国の支配領域であったわけである。


これを前提にして、飛騨天孫族口碑をみなければならない。



次に、淡上方(あわのうわかた)さまの時代を、私は後期百済系倭国時代とみていく。


この方は、大淡上方さまからくだって第15代の飛騨王朝の方であるが、

飛騨の都を丹生川から宮村へと移す。


「孫の一人を上方(うわかた)として、

そこ(丹生川の旗鉾)に留めて(この方の子孫が飛騨天孫族口碑を伝えた若田老人)、

直系であり飛騨を治める後継者となる孫と共に宮村に移られました。」

(『日本のルーツ飛騨』P13)



「後継者となる孫」とは「スメラミコトの尊称を授け、

ここに位山命(くらいやまみこと)が初代スメラミコトとなられたのです。」(同P14~15)

そして、淡上方さまは位山に葬られる。

では、この都が奥飛騨の丹生川から宮村に移ったことで、

私の主張する後期百済系倭国の支配の痕跡は認められるのか、である。


飛騨国一の宮は、位山を御神体とする水無(みなし)神社である。


この水無神社のことを、『諸国一の宮』(移動教室出版事業部)はこう書いている。


「古代日本海方面を開拓した出雲系の国津神の神々たちは神通川を遡(さかのぼ)って、

古川・高山盆地を中心とした飛騨(斐太)の国を開いていった」とある。


石渡説を使うと、

出雲系の国津神=後期百済系倭国である。

その「神々たちは神通川を遡って、古川・高山盆地を中心とした飛騨(斐太)の国を開いていった」という。


後期百済系倭国の人々は、日本海方面から飛騨に入って来た。

この事に呼応するかのような飛騨の口碑がある。


「15代淡上方さまがスメラミコトの位山命を伴って今の宮村へ都を移されて後、

大勢の人が住んでいる国府町の荒城、

あたゆた、名張一宮、古川の若宮、高田、大歳、栗原の分家を転々と

時には数ヶ月も滞在されながら飛騨をまとめられました。」(同P16)

『日本のルーツ飛騨』には

「探訪」と題した「スメラミコト巡宮」の地図があり、

つまりこれが、後期百済系倭国の開拓地なのである。


前期百済系倭国の人たちは、長野から乗鞍へと入った。


目的が鉱脈調査と発掘であったからで、

奥飛騨の丹生川村・旗鉾地区のさらに奥に居住したのである。

後期百済系倭国の目的は、開拓であった。

故に、神通川を遡って、これらの地に居住したのである。


さて、最後の第三次飛騨王朝であるが、

本体は律令国家から派遣された「尾張連」の一族であろうと考える。

これに対応するかのように、飛騨口碑には大ヒルメムチ命=天照大神が登場する。

飛騨大ヒルメムチ命は、第35代のスメラミコトになる。


石渡説は、神武を「応神」が原型とみている。

私が最も飛騨天孫族にこだわったのは、

母方の祖父の出自が奈良県橿原市の「飛騨」という被差別部落であったからだ。

飛騨口碑に「神武が九州の平定から約束どおり奈良のヤマトに入られた。

その時、飛騨からも神武をお守りしようと、若い夫婦が山を降りた」という点にあった。

しかし、石渡説の部落の起源を知り、

日高見国の「ヒタ」の語源をたどっていくと、

「ヒダ」は、やはり前期百済系倭国に通じていた。


飛騨口碑にも、早くから東北地方へ山を降りていった人々のことが語られてある。

エミシの日高見国は、日本原住民たるアイヌが見えるが、

その他に日本先住民が居て、前期百済系倭国の人々も居たのである。

歴史の捏造は、いつだって、一番後の捏造者が有利であろう。

だとすると、飛騨天孫族口碑に於いても、

私が主張する第3次捏造者の企みが有利にはたらくだろう。

私は、旗鉾の奥に住んで祖先の墓守りをされた若田老人を恨みはしない。

前期百済系倭国の子孫にすれば、

自分たちがこの国をつくり、自分たちの王は、自分たちとつながっているのだと、

それを誇りに陸の孤島の暮らしを怨みもせず、精一杯の生を全うされたのだろう。

そう考えると、若田老人たちを恨む意味は無くなる。

私は、決して負け惜しみでは無く、

飛騨天孫族口碑に出会えて良かったとおもう。

律令国家に、後期百済系倭国にさえ、

裏切られ棄民とされた日本の祖先を知ることが出来たのだ。

最後に、日月神示に、

「ヒ」は「イ」から来ているというのがある。

「イ」がさらに井(すこし違う字の「イ」)とある、あの箇所である。

伝言の大神様によれば、ヒツクは日高見国のあった地方を渡り歩いていたようだ。

この「ヒ」→「イ」の解釈は、石渡説と似ている。

私的には、ヒツクは歴史の闇に明るい。


「神」よ、その時代に人を助けたのか?

大本の大神様を真似る「神」よ、何がしたいのだ?

「神」のことも判った。

呪術の仏よ、

「仏」のことも判った。

立て直しである。


以上、飛騨天孫族口碑の私解を書いてみました。

http://ryuchan56.269g.net/article/17865261.html





旗鉾(はたほこ)伊太祁曽(いたきそ)神社
http://www.raifuku.net/special/wolf/map/area/chubu/shrine/itakiso/itakiso.html


 飛騨地方では、丹生川地区を中心にこの子犬型山犬像が数多く残されています。

丹生とは水銀化合物であるとともに、それを採掘する紀州の古代氏族は丹生氏を名乗っていました。

弘法大師を導き高野山開山に尽力した狩場明神は犬飼明神とも呼ばれ犬を連れた狩人の姿であり、
丹生氏の氏神とされています。

こうしたことから、飛騨の丹生川地区とその周辺は、

古代に入植した紀州の丹生氏とその郎党の犬飼衆が開拓したものと思われます。


祭神
 主祭神:五十猛大神、配神:天照皇大神




飛騨・美濃の五十猛命
http://www.kamnavi.jp/it/hida/index.htm

 日本の秘境「飛騨」、この地に入植し開拓に従事した紀の国の人々が奉じたのが、
樹木神・日を抱く神としての五十猛命であった。
「飛騨」は鄙、夷守の「ひな」に通じる。異族を表すと言う。
五十猛命を奉ずる人々が異族そのものであったのか、
異族を放逐もしくは融合していった和俗だったのか。


 飛騨と合掌造は切り離せないが、「飛騨匠」と呼ばれた大工がいた。平安時代には檜前杉光と言う名工がいた。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

なぜなぜ少女としては [Jama]








国境も国籍もぜーんぶなくなればいいと思うのですよ。


その線引きは誰がしたのか?

なんの為の線引きなのか?

その線の存在を知らなかった、なかった時代の私たち人間はどんなだったか

その線を引くことによって得しているやつら。



旅行から帰ってきたら右腕が痛くて痛くて何も書けない

眠くて眠くて起きてもいられない


自分の中ではまたますますいろいろ結びついてはいってる


それからそろそろまたなにか大きな変化を起こさなくちゃって感じてる

そうじゃなければ、もう生きているのもいやになる


ココで正解だったとは思うけど

ここにいては

なんというか

とじこまってるだけだ

ここのあたり

ずっと沈黙してる土地

沈黙していないといけない土地?

なんかやってることのなにもかもが

なんか違う土地

閉ざされた世界

そういう土地に生まれ着いていないから

そういう土地に生まれ着いて、育った人の感覚が判らない


きっと完全に違うなにかがあるんだろうなと思う


そんな風なこと考えてたら、同じような内容の事書いている人がいた

逆の立ち居地から書いている人


いろいろな感情みたいなもんがぐるぐるしてる




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

Slay trick, or you get eliminated [View from THE 6]





What happened after New Orleans?
ニューオリンズで何が起きたんだ?

Bitch, I’m back by popular demand
なあ 大衆の要望に応えて戻る



Y’all haters corny with that illuminati mess
イルミナティがめちゃくちゃにしたなんて批判は寒いわ

Paparazzi, catch my fly, and my cocky fresh
パパラッチが私が飛ぶのを押さえた それと私の生意気で馴れ馴れしいところを

I’m so reckless when I rock my Givenchy dress (stylin’!)
ジバンシィのドレスを着こなすなんて私は向こう見ずね (かっこいい!)

I’m so possessive so I rock his Roc necklaces
彼のロッカフェラのネックレスを着こなすなんて私は欲張りなのね



My daddy Alabama, Momma Louisiana
私のパパはアラバマ ママはルイジアナ

You mix that negro with that Creole, make a Texas bamma
ニグロとクレオールを混ぜて テキサスの田舎者を作った



I like my baby hair, with baby hair and afros
私は私の娘の髪が好き 子供の髪のアフロ

I like my negro nose with Jackson Five nostrils
私は私のニグロの鼻が好き ジャクソンファイブの鼻孔のように

Earned all this money but they never take the country outa me
どれだけお金を稼いでも 決して私から故郷を奪うことはできない

I got a hot sauce in my bag, swag
ホットソースがバッグの中にあるわ ええ



Oh yeah baby, oh yeah I, ohhhhh, oh yes I like that
オー イェー ベイビー そう それが好きだ

I did not come to play with you hoes, haha
お前みたいなビッチと遊んだことはないな ハハ

I came to slay
俺は圧倒しにきたんだ

I like cornbreads and collard greens
俺はコーンブレッドとカラードグリーンが好きだ

Oh yes, you besta believe it
そうだ 信じたほうがいいぜ



Y’all haters corny with that illuminati mess
イルミナティがめちゃくちゃにしたなんて批判は寒いわ

Paparazzi, catch my fly, and my cocky fresh
パパラッチが私が飛ぶのを押さえた それと私の生意気で馴れ馴れしいところを

I’m so reckless when I rock my Givenchy dress (stylin’!)
ジバンシィのドレスを着こなすなんて私は向こう見ずね (かっこいい!)

I’m so possessive so I rock his Roc necklaces
彼のロッカフェラのネックレスを着こなすなんて私は欲張りなのね



My daddy Alabama, Momma Louisiana
私のパパはアラバマ ママはルイジアナ

You mix that negro with that Creole, make a Texas bamma
ニグロとクレオールを混ぜて テキサスの田舎者を作った



I like my baby hair, with baby hair and afros
私は私の娘の髪が好き 子供の髪のアフロ

I like my negro nose with Jackson Five nostrils
私は私のニグロの鼻が好き ジャクソンファイブの鼻孔のように

Earned all this money but they never take the country outa me
どれだけお金を稼いでも 決して私から故郷を奪うことはできない

I got a hot sauce in my bag, swag
ホットソースがバッグの中にあるわ ええ



I see it, I want it
それがわかる それがほしい

I stunt, yeah, yellow bone it
成長を妨げる 白人と黒人のハーフの

I dream it, I work hard
夢を見る 懸命に働く

I grind ‘til I own it
精を出す 自分のものになるまで

I twirl on them haters
彼らを嫌う人の方へ曲がる

Albino alligators
アルビノのワニ

El Camino with the seat low
座席の低いエル・カミーノ

Sippin’ Cuervo with no chaser
クエルボ・テキーラをチェイサーなしで飲む

Sometimes I go off, I go off
時々 私はダメになる ダメになる

I go hard, I go hard
私は懸命にやる 懸命にやる

Get what’s mine, take what’s mine
私自身のものを手に入れる 私自身のものを手に入れる

I’m a star, I’m a star
私はスターなの 私はスターなの

Cause I slay, slay
だって私は圧倒する 圧倒する

I slay, hey, I slay, okay
圧倒する ヘイ 圧倒する オーケー

I slay, okay, all day, okay
圧倒する オーケー いつでも オーケー

I slay, okay, I slay okay
圧倒する オーケー 圧倒する オーケー

We gon’ slay, slay
私たちは圧倒する 圧倒する

Gon’ slay, okay
圧倒する オーケー

We slay, okay
私たちは圧倒する オーケー

I slay, okay
私は圧倒する オーケー

I slay, okay
私は圧倒する オーケー

Okay, okay, I slay, okay
オーケー オーケー 私は圧倒する オーケー

Okay, okay, okay, okay
オーケー オーケー オーケー オーケー



Okay, okay, ladies, now let’s get in formation, cause I slay
オーケー みなさん さあ位置について 圧倒するから

Okay ladies, now let’s get in formation, cause I slay
オーケー みなさん さあ位置について 圧倒するから

Prove to me you got some coordination, cause I slay
私たちは対等だと証明しなさい 圧倒するから

Slay trick, or you get eliminated
悪意を圧倒しないと あなたは排除される



When he fuck me good I take his ass to Red Lobster, cause I slay
彼が私を上手に抱いてくれたら 彼をレッド・ロブスターに連れて行くわ 圧倒するから

When he fuck me good I take his ass to Red Lobster, cause I slay
彼が私を上手に抱いてくれたら 彼をレッド・ロブスターに連れて行くわ 圧倒するから

If he hit it right, I might take him on a flight on my chopper, cause I slay
もし彼が思い通りにいくなら 私のヘリコプターでフライトに連れて行く 圧倒するから

Drop him off at the mall, let him buy some J’s, let him shop up, cause I slay
彼をショッピングモールで下ろして 彼にジョーダンのシューズを買わせて 買い物を終わらせる 圧倒するから

I might get your song played on the radio station, cause I slay
あなたの歌をラジオで流す 圧倒するから

I might get your song played on the radio station, cause I slay
あなたの歌をラジオで流す 圧倒するから

You just might be a black Bill Gates in the making, cause I slay
たぶんあなたは成長中の黒いビルゲイツ 圧倒するから

I just might be a black Bill Gates in the making
たぶんわたしは成長中の黒いビルゲイツ



I see it, I want it
それがわかる それがほしい

I stunt, yeah, yellow bone it
成長を妨げる 白人と黒人のハーフの

I dream it, I work hard
夢を見る 懸命に働く

I grind ‘til I own it
精を出す 自分のものになるまで

I twirl on them haters
彼らを嫌う人の方へ曲がる

Albino alligators
アルビノのワニ

El Camino with the seat low
座席の低いエル・カミーノ

Sippin’ Cuervo with no chaser
クエルボ・テキーラをチェイサーなしで飲む

Sometimes I go off, I go off
時々 私はダメになる ダメになる

I go hard, I go hard
私は懸命にやる 懸命にやる

Get what’s mine, take what’s mine
私自身のものを手に入れる 私自身のものを手に入れる

I’m a star, I’m a star
私は星 私は星

Cause I slay, slay
だって私は圧倒する 圧倒する

I slay, hey, I slay, okay
圧倒する ヘイ 圧倒する オーケー

I slay, okay, all day, okay
圧倒する オーケー いつでも オーケー

I slay, okay, I slay okay
圧倒する オーケー 圧倒する オーケー

We gon’ slay, slay
私たちは圧倒する 圧倒する

Gon’ slay, okay
圧倒する オーケー

We slay, okay
私たちは圧倒する オーケー

I slay, okay
私は圧倒する オーケー

I slay, okay
私は圧倒する オーケー

Okay, okay, I slay, okay
オーケー オーケー 私は圧倒する オーケー

Okay, okay, okay, okay
オーケー オーケー オーケー オーケー



Okay, okay, ladies, now let’s get in formation, cause I slay
オーケー みなさん さあ位置について 圧倒するから

Okay ladies, now let’s get in formation, cause I slay
オーケー みなさん さあ位置について 圧倒するから

Prove to me you got some coordination, cause I slay
私たちは対等だと証明しなさい 圧倒するから

Slay trick, or you get eliminated
悪意を圧倒しないと あなたは排除される



Okay ladies, now let’s get in formation, I slay
オーケー みなさん さあ位置について 圧倒するわ

Okay ladies, now let’s get in formation
オーケー みなさん さあ位置について

You know you that bitch when you cause all this conversation
わかるでしょ あなたがこの会話を引き起こすならビッチよ

Always stay gracious, best revenge is your paper
いつでも慈悲深くいなさい 最高の仕返しはあなたのお金よ

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

なんでもかんでもひとくくりにするお馬さん鹿さん [第六天魔王]

ネットと本の情報だけで右往左往して

ああ言ってみたりこう言ってみたりという支離滅裂な感じのくせに

自分の説に都合の悪いものは

なんでもかんでもひとくくりにして、全否定する馬鹿みたいな人がいるので

ブログにあれこれ書きたくないんだよね~~

そういう人にはあまり見て欲しくない内容だわね


そういう人はそのまま馬鹿丸出しのツイートを

猿のオナニーみたいに繰り返していればいいと思うからさ

近日中にまたブログを引っ越して

そこで書くか

もう書くこともないかもしれないかな、、、、って思ってきた

でも、書くって作業をすると、脳内が整理されるからな。

整理されると、あれ???

確か脳みそのあそこの引き出しにあんなものを入れた気がするって

探しやすくなったりもするしな

まあ。。。

流れが今回の旅で完全に近い感じでわかった。

私が行くところはほとんどが人の知らない一集落

その近くに住む人でさえ知らないところだったりする

大体案内所やゲストハウスの人に聞いても

は?どこですか?それ???

タクシーの運転手さんは知ってるケースが多い


そしてそこにある神社だけど

神社と言っても、どこも祭神や由来すらはっきりしていない事が多い。

もしくわ、、

えええええええええ!!!!そうなのおおおおおお!!ってことが
書いてあったりする

ネットには逆に詳細が出てなかったり。

またその両方もなく、現地に言って、現地の人に聞いて調べたケースとか

それよりもなによりも明らかなのは

絶対に集落一目立つイワクラをおまつりにしていること

または

山だったり巨石だったり、大木、

竹か杉のきれいに手の入った森林だったり

そこにいろいろかぶされて立派な社殿とかある場合もあるけど

かならず、

あ、これだな。。ってわかる状態で自然崇拝の対象物がある


こういうのって実際に足を運ばないとわからない

ネットでご祭神の名前だけ見てその土地を判断するのは

ネットニデテタカラー

ジンジャノユライデカイテアッタカラー

ホンニカイテアッタカラー

ダレカガー

テレビガー

ザッシガー

ニュスガー

と同じって事。

それに気がつかないで

これは渡来人の神社だ!と決め付けて差別する

こういう人が多いから

そうじゃないと、その土地の人が思っていても

本とかに書かれちゃったら、もう黙っているかなくなってしまう


静かに黙って暮らすことを選んでしまう

黙っていた方がいい。。

そんなよその人間にわかってもらおうとしなくても、もういい。

最近よくアテルイのことを書いてたけど

”地元の人にはわかってたけど、大きな声じゃいえなかった地元のヒーロー

そういう感覚に長い長い年月をかけてなってきてしまい

誰もそのことを口にしなくなれば

先祖代々伝えていく者もいなくなる

差別的な人間のせいでね


なんでもかんでも、こうといったらこうのヒトくくり

阿保には何にも知らせてやりたくもないわ

神武がサヌで飛騨の人間だと。

記紀は都合悪く書き換えられているだと。

神武は十分天皇家のご先祖さんで、あちこち平定したって書いてあるじゃない

でも、実際、あちこちの地元に残る話はそうじゃない

突然現れた侵略者だ


神武はじゅうぶん沢山の土着の人間を殺しているじゃないか。

”平定”が聞いて呆れる。

もう少し実際いろいろな場所に足を運んで調べてみればいいわ

田舎の山奥に引っ込んでないでね

私は東京からこの田舎にやってきてから、情報がまったく遮断されているよく感じられる

ネットを見ていてもそれは明らか。

ネットの情報は、もはや嘘やデマの方が多いかもしれない

完全に作られてしまっているなと、最近つくづく感じる

特に今は、息子が東京に戻っているからなおさらそう感じる


誰でも1冊は本を書いてみたらいいと、阿保面の人が言ってるけど

自説、仮説、妄想が沢山の ”真実!!” として、これまでだって本になってきたんだろう

これはとんでもないことだなと思う

私の言ってることこそ真実!!!って思い込んでる人が、まるでほんとに真実みたいに

あの本、この本を参考にして、勝手にお話をどんどんどんどん作り上げてしまうわけ

ますます真実は見えにくくなってしまうし

ますます誰かたちの都合のいいように、歴史が作られていくわけ


面白いとは思うけどやめて欲しいよね


ただでさえわからないと言うのにさ。

だれだかの書いた本を参考にしてるだけの人の本は読まない、買わない


実際に自分の足で歩いて、あちこち行って検証してみて、って人の本なら買う

買うけど、ほとんど読まない

読んだとしてもそれがすべてだとは思わないようにしてる

そして自分でも行けるところは必ず行くようにしている


本屋ネットを参考にしてだけで本を書くより、

自分のためにあちこち巡りなさいなといいたいね~~~



小京都とも呼ばれる高山市

この町の感じをネット見てるだけだと、カモ臭ぷんぷんですよね。

https://www.google.co.jp/search?q=%E9%A3%9B%E9%A8%A8%E9%AB%98%E5%B1%B1&hl=ja&rlz=1I7MORJ_jaJP511&biw=1280&bih=890&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjBjqDg64_LAhUCLqYKHfZEA28Q_AUIBygC#tbm=isch&tbs=rimg%3ACdgmWUg4x7rpIjik7ESutLdkVHOG_1Q-FFwZs2JGrEGKJ8SLChLKTDlfm0AWrl_1-rylWx9wc6kShXYa3M8QOSql1giyoSCaTsRK60t2RUETKE2fl5MIqHKhIJc4b9D4UXBmwRx3XzZUo2ffEqEgnYkasQYonxIhFUISsmunElUSoSCcKEspMOV-bQEck49Ha1suakKhIJBauX_16vKVbERfw8m6L95n0UqEgn3BzqRKFdhrRGul4lyhOKxQioSCczxA5KqXWCLEful8c3qxYN-&q=%E9%A3%9B%E9%A8%A8%E9%AB%98%E5%B1%B1&hl=ja&imgrc=ehv3uch-dDAw7M%3A


https://www.google.co.jp/search?q=%E9%AB%98%E5%B1%B1%E5%B8%82&lr=lang_ja&hl=ja&rlz=1I7MORJ_jaJP511&tbs=lr:lang_1ja&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjUje216I_LAhVj3KYKHYnwD6sQ_AUICSgD&biw=1280&bih=890#tbm=isch&tbs=rimg%3ACV-WrJoRDyncIjhmU-Vv5XKSb37tLVQLocPZ8DqYSEJqbQ9t9tv88uoEcD65Jb833veFGqHI5FblwYC9FHVMMoXOOCoSCWZT5W_1lcpJvEZ0gI_1fydP5TKhIJfu0tVAuhw9kRXW7Jc8CVYdMqEgnwOphIQmptDxHExt6GZP9TbioSCW322_1zy6gRwEeJgeLuwEqv_1KhIJPrklvzfe94URwfvOf5n3s-IqEgkaocjkVuXBgBGuR22TVE7DByoSCb0UdUwyhc44EYYpqqpP97FK&q=%E9%AB%98%E5%B1%B1%E5%B8%82&hl=ja


真光タウンだし、

SDIM0525.jpg



位山のアレもやばいし、、、

DSC01250.jpg


8457811668e1baabf9521a88a19b6b22.jpg





カミオカンデはあるし。。。。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

7世紀に斐陀国造領域を中心にして成立した。

飛驒は当時辺境地帯を除けば最も過疎地域であったため

税制上の特例が認められた。

すなわち、庸・調を免除されるかわり大工(飛騨工)が徴発された。

これは後世、大工業が発達する一因ともなる。


この時点で被差別部落でしょ

カワタとかわらないじゃないのさ。


別に飛鳥の飛騨町が部落といわれてたって、そこだけで始まった話でもない気がするけどね
(by飛騨マンセーの貞子の念写の舞台のカルトちっくな山本おじさん)



今回あちこちにいた三木氏

三木氏(みきし/みつきし)

飛騨の佐々木氏一族。飛騨守護京極氏の飛騨守護代。姉小路氏を参照。

播磨の一族。英賀城主、三木通秋などがいる。播磨三木氏を参照。

阿波忌部氏の後裔氏族。阿波三木氏を参照。

東讃岐の土豪。神櫛王を祖とする讃岐国造の後裔氏族。


暖かくなったら次に行こうと思っているのは飛騨高山なんだけど

正直足を踏み入れたくないところもあるよね。


マンセーおじさん的に言うと、
かなりのっとられてるんじゃないですか、もはや。。


” 縄文の血が濃い ”

今現代もいまだに

” 縄文の血が濃い ”っていうのは

ある意味、マンセーおじさん的に言うところの

”近親婚が繰り返されている”ってことじゃないですかね。

なんでもひとくくりにするマンセーおじさん的に言ったら

縄文人はどこに住んでても縄文人ってだけで単一民族で、同じ一族なわけだからね

近親婚だわな

まったく違う血を入れていないって事でしょ

そうじゃなければどんどん薄まっていくわけですからね。

だから言ってる事が支離滅裂だって思うんだよね

自分で自分の言ってる事ちゃんと理解しているのか?

読み返しているのか?

無理がありすぎて


あれも工作員なのかなって逆に思ってしまうよね。

(((( ぷっ ))))



引っ越すのもめんどくさいからそこに関しては非公開で書けばいいか。

どうでもいいことだけ表示すればいいや。



別にあたしゃ誰かの覚醒のためや

陰謀を暴くためや

真実を知らせるために書いてるんじゃないからね

uad.jpg



ただ、、、、、、



だれかの無念を感じると


書かずにはいられなくなる



sadu.jpg



rbw.jpg



monkey.jpg





uad.jpg








旅から帰った後は猛勉強!猛サーチ!!で

気絶するまで寝ない日が続く。




今回の旅は、、と言うか、

回を重ねるごとに神旅!




次の映像が夕べ見えましたがな~~~。




今までは声だったんだけど、

最近は映像を送ってくるかんじ、、?




でもそれって送られてるもんじゃなくて、

私を作ってるだれかの細胞が見た記憶なのかな?




私がいろいろ調べていろいろ行って、

いろいろわかってくると、

細胞のいっこいっこの記憶がめざめてくるのかな?




こりゃ全部目覚めたら大変だな。




今度の映像は

黒い大きな高ーーい岩肌の洞窟の入り口みたいなところ。

海っぺりなのかな~~

入り口はあまり奥深くなさそうに見えるけど

きっとそうじゃないんだろう雰囲気




うーん、、、

今までそんなところ私はいったことがないです~




見上げると岩肌のがけの上に太陽

まぶしい。

崖の上には少し木や緑がある

緑がきらきらまぶしい




次は飛騨高山に行こうとか思ってたけど

ちがくなりそうだな、、



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog


2016年までの観た!読んだ!お勧めの映画や本でーす!