So-net無料ブログ作成
検索選択


2016年までの観た!読んだ!お勧めの映画や本でーす!





Oreg Farinelli [View from THE 6]




















































おまけ












コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

Ave [第六天魔王]




Libera - Ave Maria













































コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

あれあれあれあれ? [hoax~from the other side]





2009/10/05 にアップロード


Music video by Utada performing Come Back To Me.

(C) 2009 The Island Def Jam Music Group




Stargate2.jpg

T.E.Hermansen M.S.Eriksen


ヒットメーカーだね、、、

http://www.soundonsound.com/people/stargate-writing-production-team

Black Widowも。。。。




M.S.Eriksen
107067.jpg
https://secondhandsongs.com/artist/37502

T.E.Hermansen
http://www.imdb.com/name/nm1590999/








Rihanna and neyo Music video by Rihanna performing Hate That I Love You
with S. Smith, T. E. Hermansen, M. S. Eriksen
(C) 2007 The Island Def Jam Music Group









コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

今度は海じゃと申しておろうが [View from THE 6]





SWIM GOOD
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

I Feel It Coming [hoax~from the other side]




Yeah, uh

[Verse 1: The Weeknd]
Tell me what you really like
Baby, I can take my time
We don't ever have to fight
Just take it step-by-step
I can see it in your eyes
'Cause they never tell me lies
I can feel that body shake
And the heat between your legs

[Pre-Hook: The Weeknd]
You've been scared of love and what it did to you
You don't have to run, I know what you've been through
Just a simple touch and it can set you free
We don't have to rush when you're alone with me

[Hook: The Weeknd]
I feel it coming, I feel it coming, babe
I feel it coming, I feel it coming, babe
I feel it coming, I feel it coming, babe
I feel it coming, I feel it coming, babe

[Verse 2: The Weeknd]
You are not the single type
So baby, this the perfect time
I'm just tryna get you high
And faded off this touch
You don't need a lonely night
So baby, I can make it right
You just got to let me try
To give you what you want

[Pre-Hook: The Weeknd]
You've been scared of love and what it did to you
You don't have to run, I know what you've been through
Just a simple touch and it can set you free
We don't have to rush when you're alone with me

[Hook: The Weeknd + Daft Punk]
I feel it coming, I feel it coming, babe
I feel it coming, I feel it coming, babe
I feel it coming, I feel it coming, babe
I feel it coming, I feel it coming, babe
I feel it coming, I feel it coming, babe
I feel it coming, I feel it coming, babe
I feel it coming, I feel it coming, babe
I feel it coming, I feel it coming, babe

[Pre-Hook: The Weeknd]
Hey! You've been scared of love and what it did to you
You don't have to run, I know what you've been through
Just a simple touch and it can set you free
We don't have to rush when you're alone with me

[Hook: The Weeknd + Daft Punk]
I feel it coming, I feel it coming, babe
I feel it coming, I feel it coming, babe
I feel it coming, I feel it coming, babe
I feel it coming, I feel it coming, babe
I know what you feel right now
I feel it coming, I feel it coming, babe
I feel it coming, I feel it coming, babe
I feel it coming, I feel it coming, babe
I feel it coming, I feel it coming, babe
I know what you say right now, babe
I feel it coming, I feel it coming, babe
I feel it coming, I feel it coming, babe
I feel it coming, I feel it coming, babe
I feel it coming, I feel it coming, babe
I know what you say right now, babe
I feel it coming, I feel it coming, babe
I feel it coming, I feel it coming, babe
I feel it coming, I feel it coming, babe
I feel it coming, I feel it coming, babe

[Outro: Daft Punk]
I feel it coming, babe
I feel it coming, babe
I feel it coming, babe
I feel it coming, babe

[Intro: The Weeknd]
Yeah, uh

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

消えた一族(227) [消えた一族]







わからん




わかりたくない





コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

消えた一族(226) 勧請 [消えた一族]

2017-03-04 03:15:12のブログです
更新中











かん‐じょう〔クワンジヤウ〕【勧▽請】

[名](スル)
1 神仏の来臨や神託を祈り願うこと。また、高僧などを懇請して迎えること。
2 神仏の分身・分霊を他の地に移して祭ること。「熊野権現(くまのごんげん)を勧請する」



神道では離れた土地より分霊を迎え遷座鎮祭すること

すなわち,本祀の社の祭神の分霊を迎えて新たに設けた分祀の社殿にまつること。

もともとは仏教より出た語で

仏に久住して法輪を転じ衆生を擁護することを請う,という意で用いられたが

のちに仏菩薩を他に請じて久住を願うことに転じて用いられるようになった。

日本では神仏習合の発展によって

八幡大菩薩や熊野権現などの垂迹神の神託を請うことを勧請といい

さらに神仏の霊を招いて奉安することをいうようになり

そこに勧請された神を勧請神と呼ぶようになった。




分霊(ぶんれい、わけみたま)とは、

神道の用語で、本社の祭神を他所で祀る際、その神の神霊を分けたものを指す。

分霊を他の神社に移すことを勧請(かんじょう)という。

神道では、神霊は無限に分けることができ、

分霊しても元の神霊に影響はなく、

分霊も本社の神霊と同じ働きをするとされる。

他の神社より祭神を勧請した神社を

分祠(ぶんし)、分社(ぶんしゃ)、今宮(いまみや)などという。

勧請はその神の根源とされる神社(総本社・総本宮)から行われることが多い。

分霊された神社(系列社)の社名は、勧請された神に因むことが多い。

例えば稲荷神社の総本社は伏見稲荷大社であり、

ほとんどの稲荷神社は伏見稲荷大社から神霊の勧請を受けている。

勧請は、本来は仏教で仏に教えを請い、いつまでも衆生を救ってくれるよう請願することを指した。

日本では、神仏習合により、神仏の霊を迎えての祈願を指すようになり、後に現在の意味に変化した。

なお、分祀は、神社に複数の祭神が祀られる場合に、

一部の祭神のみを他所に移して祀る分遷の意味[要出典]でも使われる
(例:伊太祁曽神社)。


神札や御守に祭神の加護を加える降神も分霊の1つである。

その逆は昇神で、それらや御神体から祭神の神霊にお帰り頂く事をいい、

昇神によりそれらの物を左義長でお焚き上げが可能となる。

仏教では降神を開眼(かいげん)、昇神を撥遣(はっけん)などという。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


巫女舞

古代日本において、

祭祀を司る巫女自身の上に神が舞い降りるという神がかりの儀式のために行われた舞がもととなり、

それが様式化して祈祷や奉納の舞となった。


前者(「神がかり系」)においては

古来の神がかりや託宣の儀式の形式に則って回っては回り返すという動作を繰り返しながら舞うことなどでその身を清めてからその身に神を降すという、その古態を残すところもあるが、

現在では優雅な神楽歌にあわせた舞の優美さを重んじた後者(「八乙女系」)がほとんどである。

千早・水干・緋袴・白足袋の装いに身を包んだ巫女が太鼓や笛、銅拍子などの囃子にあわせて

鈴・扇・笹・榊・幣など依り代となる採物を手にした巫女が舞い踊る。

また、関東地方の一部などでは巫女が仮面を嵌める場合もある。

処女が巫女(八乙女)として舞を務める例が多いが、

近年では神職の妻女や老女が舞う場合もある[1]。





巫女舞の原点は、

降神巫(こうしんふ)による神がかりの儀式にあったといわれている。



採物を手にした巫女がまず身を清めるための舞を舞い、

続いて右回り左回りと順逆双方に交互に回りながら舞う。

やがてその旋回運動は激しくなり、

しだいに巫女は一種のトランス状態に突入して神がかり(憑依)、

跳躍するに至って、神託を下すことになる。


舞という言葉はこの旋舞の動きが語源であり、

跳躍を主とする踊りもここから生まれたとされる。

中国の巫覡の舞の基本を示した『八卦舞譜』には「陰陽を以て綱紀と為す」とあり、

舞踏の動作は陰陽を意味する左旋と右盤を必須とすることが記されている。

それは太極図が表現する天地がいまだ別れる以前の陰陽混然の姿を示しているとされる。




『古事記』・『日本書紀』において


天岩屋戸の前で舞ったとされる天鈿女命の故事にその原型が見られ、

その子孫とされた「猨女君」の女性達は

代々神祇官の女官として神楽を奉納したとされている。


平安時代の宮廷で舞われたとされる「猨女」・「御巫」(『貞観儀式』)は

いずれも巫女舞であったと推定されている。


『拾遺集』によれば、920年(延喜20年)に奈良の春日大社で

「八乙女」と呼ばれる巫女達による神楽が舞われたと記録されている。

平安時代末期の藤原明衡の著である『新猿楽記』には、


巫女に必要な4要素として「占い・神遊・寄絃・口寄」が挙げられており、

彼が実際に目撃したという巫女の神遊(神楽)は


まさしく神と舞い遊ぶ仙人のようだったと、記している。


また、少し後の時代に属する『梁塵秘抄』にある

「鈴はさや振る藤太巫女」にも鈴を持ちながら舞い踊る巫女が登場する。




中世以後各地の有力な神社では巫女舞が恒例となった。


当時の巫女舞は旧来の神がかり的要素に加えて

依頼者の現世利益を追求するための祈願を併せて目的としていたとされている。



また、地方では修験者と巫女が結びついて

祈祷や鎮魂を目的とする民間習俗の色彩が濃い巫女舞も行われるようになった。


現在でも、祈祷・祈願自体を神楽、あるいは「神楽を上げる」と称する例があるのも、

このことが基であると考えられる。



中世の巫女舞に関する多くの史料が残されている備前国(岡山県)一宮の吉備津彦神社の例では、


1342年(康永元年/興国3年)作成の『一宮社法』によれば、

12名の巫女からなる「神子座」があり、一宮の行事以外でも村々の招きに応じて神楽を舞い、

逆に村々の巫女が一宮で舞う事があった。

だが、1471年(文明3年)に作成された「総社家社僧中神前御祈念之事等注文」によれば、

巫女にも宮神子から選抜される一神子と一般の宮神子、村方の神子に分類され、

一神子のみが本社で神楽を無言で舞うことが許され(託宣などの禁止)、

宮神子は祈祷のみを許され、

占い・託宣・湯立は脇殿で宮神子以外の者が行うことなどが定められて、

神事に携わるものと託宣などを行うものが分離されるようになった。


ところが、江戸時代後期に勃興した国学の中には、


神霊の憑依などの霊的現象を淫祠邪教として否定的に捉える学説が現れるようになり、

そのような民間習俗と結びつきやすい巫女そのものに対しても否定的な動きが出始めた[2]。

後、明治維新を迎え、

国学的な神道観を基に神社祭祀制度の抜本的な見直しが為されたが、

1873年(明治6年)には

神霊の憑依などによって託宣を得る行為は

教部省によって全面的に禁止された。

これは巫女禁断令と通称される[3]。


禁止措置によって神社に常駐せずに民間祈祷を行っていた巫女は全面的に廃業となったが、

中には神社に留まることによって活動を続ける者もいた。

後、春日大社の富田光美らが、

巫女の神道における重要性を唱えて

巫女舞の存続を訴えると同時に同社ゆかりの「八乙女」による舞を

より洗練させて芸術性を高める事によって巫女及び巫女舞の復興に尽くしたのである。

これが今日見られるような巫女舞になっていくのであるが、

依然として「神がかり」の系統を受け継いだ古い形の巫女舞を残している神社も

僅かながら存在している[4]。

その一方で、


島根県松江市の佐太神社のように
男性神職が女装して姫面を付けて巫女舞を踊る神社も存在している。











16938867_1416900378349390_2651520277228176876_n.jpg






17021907_899117320191405_8592064924873146531_n.jpg



17098600_899117570191380_7734390446258910063_n.jpg



ちょっといろいろ出てきちゃって寄り道してた

関係ないやと、またこっちに戻そうにも


今日は何検索しても八幡ばっかり出てくる。

しかも、

比売大神か女祝、、、、、


ああ。。。最終は 


”阿部の祝のミコ” 

かい、、、、、?

だな。 


88の

阿部の祝の巫女


ちょっとお待ちを


夕べからまたずっと足が痛くてね


墓参りのその夜から次の日のお目覚め時も

そういう時って

こっちとあっちの中間にいるんだろうね

あっちからの干渉に気がつきやすい

気がつくと思ってやってるんだろうね


なので


わざと大きな声で、もう!とかいってみる

そうすると、しなくなる。


足が痛くて集中できませんよ

左足ね。。。



ちょっともう少し集中して調べてからまた。。。



なんでこんなことを調べてるかといったら

左足に激痛がおきるから


お墓参りに行く土地に行くとね

お墓ではなんともない


お墓を出て、ちょっとうろうろしようかなーなんて思うともう左足に激痛が走り出して

うろうろするどころじゃない


さぐめさんの神社では足は痛くない


でもなんとなく思うとこがあって調べてる





比売大神っていろいろいわれてる中のひとつに

八幡のシャーマン(巫女)を祭る時のご祭神名っていうのがあった


こんなことを書いていいのかわからないけど

ほら、、インドのクマリとかいるじゃない


あちこちに、たとえばククリヒメを持ってこようって時に

儀式として

神がかり、神を降ろす巫女がいて

その人に憑くわけでしょ

その巫女さんは、シャーマンはまあそこの専属のシャーマンみたいになるんだろうよね

歩き巫女なんて言葉も目にしたことがあるけど

もっとインドのクマリ的な感じで



まあ、、これを観てみましょうか、、






動物の頭部が並べられた暗い部屋に閉じ込められ、
泣き叫ばないかどうか試される試験もあるらしいよ・・


厳しい審査を通り抜け選ばれたクマリは、両親のもとから離され
神として生きなけれないけない。



クマリ様は


自分で歩いてはいけないよう。




20150613170138310s.jpg







移動するときは、こうやってかつがれながら移動します。





http://ninjah.blog.fc2.com/blog-entry-307.html





ローカル・クマリの一人
クマリ(Kumari、Kumari Devi)は、ネパールに住む生きた女神である。密教女神ヴァジラ・デーヴィー、ヒンドゥー教の女神ドゥルガーが宿り、ネパール王国の守護神である女神タレージュやアルナプルナの生まれ変わりとされており、国内から選ばれた満月生まれの仏教徒の少女が初潮を迎えるまでクマリとして役割を果たす。中には初潮が来ず、50歳を過ぎてもクマリを務めているケースもある。

カトマンドゥのクマリの館に住む国王もひれ伏すロイヤル・クマリが最も有名であり、国の運命を占う予言者でもある。 クマリという場合、概ねロイヤル・クマリを表す(ネパール国内の村や町にも多数存在するクマリはローカル・クマリと呼ばれている)。

2001年7月10日に当時4歳で選ばれたPreeti Shakyaに替わり、2008年10月7日に当時3歳で選ばれたMatina Shakyaが現在のロイヤル・クマリである。

9月に行われるインドラ・ジャートラー(英語版)の大祭ではクマリが主役となり、王がクマリの元を訪ね跪き祝福のティラカ(Tilaka)を受ける。 顔は額から鼻筋にかけて赤い化粧が施されている。



クマリは初潮前の幼い少女から選ばれ、その中から多くの条件が課される。これはチベット仏教の活仏であるダライ・ラマやカルマパらが選定されるプロセスに似ている。 家柄は重要であり、ネワール族の仏教徒の僧侶・金細工師カーストのサキャ(Shakya)の生まれでなければならない。

以下は32もある条件の一部である。
健康である
すべての歯が欠けていない
菩提樹のような身体
牛のような睫毛
獅子のような胸
鹿のような脚
アヒルのように柔らかく透き通った声
黒い髪と目

また、身体的には怪我の跡や不自由な箇所がないことも条件である。 動物の頭部が並べられた暗い部屋に閉じ込められて耐えることも必要とされる。 国や国王との占星術における相性が良く、これらすべての条件をクリアした少女がクマリとなる。


社会から断絶されたクマリの状況は幼児虐待や軟禁状態にあたると人権擁護団体から非難の声もあがっている。2006年にはネパールの最高裁でクマリの伝統が人権侵害にあたるか政府に対し調査を命じた。2008年8月18日、最高裁がクマリの人権について判決を出した。判決は「クマリが,子供の権利条約の保障する子供の権利を否定されるべき根拠は,歴史的文書にも宗教的文書にもない」とし、クマリには教育、行動、食事の自由などが認められるべきであるとした。[4]

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%83%AA




このあたりの、


あれも八幡様だったかな

決められたお稚児さんがやっぱ、お祭り終わるまで自分で歩いちゃ行けない風習が

お祭りで残ってる



ヤツハチの稚児は、毎年2~3才の男児が1名選ばれ、
3年間の本役と、4年目の雇われ役を神の子として務める。

1年目の稚児は月の冠を、
2年目の稚児は日の冠を、
3年目を務める稚児は獅子の冠をつけて舞いを舞う。
4年目の稚児は、1年目の稚児が幼令で奉仕できない時、代役を務めるが、
この4年間は厳しい精進潔斉の日を過すのである。

http://wakayama-jinjacho.or.jp/jdb/sys/user/GetWjtTbl.php?JinjyaNo=7025

http://ameblo.jp/shiraranankurunaisa/entry-12095689383.html



クマリ
http://www.afpbb.com/articles/-/3055209
http://yaplog.jp/ar125/archive/5411





巫女信仰
https://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E5%B7%AB%E5%A5%B3%E4%BF%A1%E4%BB%B0&lr=lang_ja&rlz=1I7MORJ_jaJP511&gws_rd=ssl#q=%E5%B7%AB%E5%A5%B3%E4%BF%A1%E4%BB%B0&lr=lang_ja&hl=ja&tbs=lr:lang_1ja&start=10&*




アメノサグメ


鳥の声を判断できる巫女



サグメ一族


このクマリじゃないけれど

クマリよりももうちょっとハードそうな

というか、ハードな状況にいた人がいたのかもしれない



私がその土地にまったく関係のない人間だったら

そこにいっただけで左足びっこ引くほど激痛になるってことはないかもしれない

ずーーーーーーっと座ってるのだって大変よ


10分だって正座もできないわ、、、


それだけではなく

うーーーん、、記録など探してみたけど見当たらずだからなんともいえないけど


あんだけ足を痛くさせちゃうんだから

これは


人柱系かなーとか思ったの。



そういう話もその周辺には実際残ってる










○慶長伏見地震、伏見城倒壊-歌舞伎狂言・地震加藤のテーマに(420年前)[改訂]
 1596年9月5日(文禄5年閏7月13日)
 京洛の巷も伏見の港も城も寝静まった子の刻(午前0時ごろ)、京都南部を中心とした畿内と近隣をマグニチュード7.5の大地震が襲った。
 被害は京都の三条から伏見にかけて多く、京都では東寺、天竜寺、大覚寺、二尊院といった大寺院が倒壊、民家の多くが倒潰し死傷者も多く出たという。特に東寺では寺の中枢をなす食堂、講堂、灌頂院、南大門が倒壊するなど大きな被害となった。
 伏見では太閤秀吉の居城、伏見城の天守閣が大破、石垣が崩れた。秀吉は庭に逃れ無事だったが、上﨟(高級女官)73人、仲居下女(下働きの女性)500余人が犠牲になったという。この時、秀吉の怒りに触れ謹慎中だった加藤清正が、手勢を引き連れて真っ先に登城し、城門を固めると同時に救助活動を行ったので、閉門を解かれたというエピソードがあり、後に歌舞伎狂言の「増補桃山譚(地震加藤)」のテーマになった。
 この大破した伏見城の普請は4年前の92年(天正20年)8月から始まったが、この時、その6年前の天正地震で越中から美濃、伊勢にかけて、多くの城が倒壊したのを知っている秀吉は、京都所司代にあてた書簡で“ふしみのふしん(普請)、なまつ(ナマズ)大事にて候まま”と、地震対策を指示していたが、不幸にも予感は当たり多くの犠牲者を出してしまった。
 そのほか畿内では、奈良の唐招提寺で戒壇、僧堂が倒壊、金堂、講堂、東塔などが損壊。法華寺の金堂、海竜王寺、興福寺などが損壊した。また、和泉、河内(現・大阪府)、摂津(現・大阪府、兵庫県)で民家の倒潰が多く、特に堺で600余人が死亡、大坂も倒潰した家多く、兵庫(現・神戸市)では1軒残らず倒潰し火災となったという。全体で1500人余が犠牲になったとされ、中央構造線に連なる有馬-高槻断層による震害と推定されている。
 (出典:宇佐美龍夫著「日本被害地震総覧>4 被害地震各論>082 畿内及び近隣 57頁~58頁」、小倉一德編、力武常次+竹田厚監修「日本の自然災害>第Ⅱ章 記録に見る自然災害の歴史>2.近世の災害 79頁:伏見地震」、伊藤和明著・防災情報新聞連載「災害史は語る No140 慶長年間に相次いだ大地震」、伊藤和明著「地震と噴火の日本史>第5章 大都市直下の大地震>1 京都を襲った大地震 182頁~185頁:秀吉の城が潰れた大地震」。参照:2016年1月の周年災害「天正地震」)









サグメの神社は父の母の家系がとても関係深く

美濃からの移住者って言うのがおばあちゃんの家系なのかは不明だけど

この神社を建て直したりとかいしている。

頭屋(とうや)とは、
神社や講において行われる祭礼や神事などの行事の執行に関して
中心的な役割を果たす人もしくは家。
当屋・祷屋・当家などの表記が行われる場合もある。


古代から「頭」・「頭人」などと呼ばれる祭祀の主宰者があり、
宮座の仕組が確立された14世紀頃より頭人もしくは頭人自身が所属する家のことを頭屋と称して、
家単位で行事に関する職務・責任(頭役)を負うことが行われるようになった。

ただし、神事に対する宗教的・経済的な負担の大きさから後には1年交替などの交替制が取られ、
また専門の神職を設置して祭祀に関する行為を行わせて、
頭屋は世話人的な立場に立って
行事に必要な施設や神酒・神饌・神供などの物資の調達・確保の部分を担うようになった。

頭役は家順・くじ・名簿順などによって決められた。

頭役の交替の際には頭渡し・頭受けと呼ばれる厳格な儀式が行われ、
その任務の遂行のために厳しい潔斎を行って清浄性を保ち
門前に依代であるおはけを飾るなど様々な決まりごとがあった。



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



部族の枠を超えて継がれる伝統



世界中を回って新しい生薬を探し回る生薬ハンターや民俗学者の話によると、

シャーマンも高齢化が進み、

若い世代のシャーマンは減っているようです。

その山麓シッキムにレプチャ族が暮らしています。

レプチャ族は顔も言語も風習も日本人との共通点が非常に多く、
自然界の八百万の神を信じる精神性の高い民族です。


そのレプチャ族最後の精神的指導者でありシャーマンであったサムダップ・タソが
最近亡くなり、

古来から受け継がれてきた部族伝統儀式と相伝がついに途絶えてしまいました。


タソの後を引き継ぐシャーマンがいなかったのです。

シャーマンは、
普通の職業のように誰もが引き継げるわけではなく、

高い精神性と天性の資質が必要です。



タソの死は、
レプチャ族だけでなく、
人類の遺産の喪失でもありました。



複数のシャーマンたちは、
部族の人口減少に危機感を抱き、
シャーマンの役割を継承していくには、
部族を超えて、
地球部族の中から新しいシャーマンたちを育てる必要がある
ことを実感していると語っています。






この話で、思い出すのが、
メキシコのシャーマンであるマリア・サビーナ。


彼女は、
部族の枠を超えて
自らの困難と引き換えに
次世代に大切な儀式を伝える活動に専念し、
静かに消えていったシャーマンの一人です。



今日は、マリア・サビーナ(1894年-1985年11月23日)のお話しです。




1950年代に
アメリカの幻覚性キノコ研究者R・ゴードン・ワッソンとフランスのキノコ分類学者ロジェ・エイムは、
メキシコのキノコの実地調査をおこないました。

その時に
先住民の村で体験したシャーマン儀式の記録が
1957年のアメリカのLIFE誌に発表されました。

lifecoverLIFE誌

儀式には
「ロス・ニーニョ・サントス(小さな聖者たち)」
と呼ばれる聖なるキノコで作られた薬草処方箋が用いられました。

この儀式に使われたキノコは、
「テオナナカトル」とも言われ、

モモエギタケ科のモモエギタケ属、シビレタケ属、オキナタケ科のキコガサタケ属、ヒトヨタケ科のワライタケ属などのキノコを混ぜたものであることがわかりました。

これらキノコの混合薬からは
幻覚作用の強いシロシビンとシロシンが含有されています。

シロシビン2シロシビン



次の写真は、約1700年ほど前の遺跡から出土されたものです。
キノコの像に神が彫られています。

この地域一帯の各部族にとって、
キノコは神と対話する聖なる植物なのです。

白人がこの地に侵入してから、
数百年間はキノコの儀式は禁止されていましたが、
途絶えることなく、
伝統は密かに守り続けられていました。


シロシビンは、

摂取後は速やかに加水分解されてシロシンとなり、
腎臓・肝臓・脳・血液に分布します。
agaricuscamのシロシンシロシン

摂取量にもよりますが、
摂取後にまず悪寒や吐気、眩暈、酩酊感、しびれなどが始まり、
その後
視覚異常が現れ始め、

さらに進むと、
幻覚、幻聴、精神錯乱、混迷状態などが顕著に現れて
時間や空間の認識さえ困難となります。



ベニテングタケやテングタケに代表されるイボテン酸は、
最終的に意識が消失していく傾向にあるのに対し、

シロシビンでは
LSD様の過覚醒が発現します。

41619_abstract_trippy_psychedelic

アメリカでは、
強迫性障害や心的外傷後ストレス障害(PTSD)といった神経性の病に対するシロシビン処方の治療臨床試験が行われています。

群発性頭痛に一定の効果を得たという報告もされています。

話は戻って

コロンブスのはるか以前からずっと続いてきた「聖なるキノコ」の儀式を
1955年、はじめて"白人"の部外者ゴードン・ワッソンに授けたシャーマンは、

メキシコのマサテカ族の女性シャーマンである

マリア・サビーナです。

本名ドニャ・マリア。

地元では尊敬の念をこめてサビナ(賢女)を入れて
マリア・サビナと呼ばれていました。


マリアは、
幼少期に父親を亡くし、
幼い頃から畑仕事をして暮らしていましたが、
とても貧しく、
食べるものが無いこともよくありました。

6歳になって、
初めて聖なるキノコの集会「ベラダ」に参加しましたが、
それも食べるものがなく、
飢えをしのぐためにキノコを食べに参加したのが最初の体験でした。

その後
思春期から40歳代で二番目の夫が亡くなるまでは、
キノコの儀式にはほとんど参加出来ませんでした。

キノコの儀式に参加する前の一定準備期間は、
性行為が禁止されているからです。



マリアが再び儀式に参加した時に、
キノコの力によって
病に伏している姉の横にいる死神と会話をして、
死神から姉の病気の治療法を教えてもらい、
(死神が来るのは、死ぬ時ではなく、死から蘇る役割を持っている時です)

さらに
高次元の霊的存在から
キノコの知恵と言葉を理解する力を授けてもらった
と言います。



その力によってマリアの名声は拡がっていき、
遠くの村からもマリアの儀式に参加しにやってくるようになりました。
こうして、
マリアは日常を霊的活動に費やしました。


ある時
マリアは聖なるキノコによるビジョンで、
キノコの儀式のことを調べに誰かが彼女の元を訪ねてくることを知りました。

そして、
そのビジョンの中で彼女は、
キノコの儀式を授けるように指示されました。

それからまもなくして
ゴードンたちがマリアの元へやってきたのです。

マリアは、役場に出向き、
部会者に部族の儀式を公開する許可を求めました。

役場で、許可を得たマリアは、
ゴードンたちを儀式に招き入れたのです。


マリアから聖なるキノコを与えられたゴードンは、

色とりどりの幾何学模様や宮殿、
飾り立てた馬車を神話に出てくるような動物が引く光景
などを次々と見て、

さらに幽体離脱して外の山を見下ろして、

はるか彼方の山道をすすむラクダのキャラバンまで見ることが出来た
と記述しています。


その時の体験は、
彼の魂を根幹から揺さぶるほどの
深遠で壮麗、聖なるものであったと記録しています。

sabinaevaLIFE誌

この「聖なるキノコ」の儀式を執り行うマリアの歌声をゴードンが録音したものは
CD化されて、

彼女の死後、
シロシビンを発見した化学者アルバート・ホフマンの100歳の誕生日を記念して
2006年に再び発売されています。


心や身体に病のある人の前でマリアが歌うと、
霊が現れて、
病気の治療法などを伝えてくれたり、
キリストの霊が現れることもあったといいます。



sabina0747313042579




マリアは、

シロシビンを含むキノコの儀式について次のように述べています。


「私たちの世界には、
それを越えた次元の世界があり、
それは遠くもあり身近でもある、目に見えない世界です。

そこは神のいる世界で、
亡くなった人たちや聖人、精霊たちが住んでいます。


その世界には、時間は無く、現在も過去も未来もあり、
あらゆることが既に在り、
あらゆる知恵と知識があります。

すべてのものが一つのものとして存在します。


その世界には、独自の言葉を持っており、
私はその世界の言葉を伝える役割があります。


私は、聖なるキノコの力によって、その世界へと導かれます。


私が尋ねたことを、彼らは答えてくれます。

この旅から戻ると、私は見聞きしたことを伝えます。」



sabinameditaLIFE誌


また、
聖なるキノコ「ロス・ニーニョ・サントス」については、こうも述べています。


「ロス・ニーニョ・サントス(小さな聖者たち)は、治療する力を持っています。

熱を下げて、風邪を治し、痛みから解放します。
体から邪悪な霊気を取り出し、病気を取り除きます。」







マリアのその後


ライフ誌では、エバ・メンデスという仮名での記事にしたにも関わらず、
写真が多数掲載されたため、
すぐに本名がしられてしまいました。


マリアの存在、
そして
テオナナカトルの幻覚作用が世界に知られたことで、
多くの欧米人たちがこの地に殺到しました。


ジョン・レノン、ミック・ジャガー、ボブ・ディランなど有名人も次々とマリアのもとを訪れています。
マリアのドキュメンタリーも作られました。



マリアは、
彼女のもとを訪れた外国人を受け入れ、

シャーマンの聖なるキノコの儀式を公開しました。

しかしながら、


この聖なる儀式に敬意を払わない興味本位の人々までも訪れるようになり、
部族の人々を怒らせてしまいました。


そして

マリアの家と店は焼かれ、
マリアは村のはずれに追放されてしまいます。


マリアは
息子が殺される前に、その死と殺す相手、凶器であるナイフもすべて見通しました。


彼女は、
「ビジョンの中で、すでに事は成就されてしまった、息子に忠告しても無駄であろう」
と語っていました。

そして
息子オレリオは殺されました。




長い歴史の中で部族内だけで執り行われてきた聖なる儀式を
外部に漏らした行為が原因と言われています。

マリアは、
外の世界に知らせる時期だとのビジョンに忠実に従いました。

その結果は、マリアにとってはつらいものとなりました。




マリアはその後も、
86歳の頃に三度目の結婚をして
1985年に91歳でこの世を去るまで、
聖なるキノコの儀式を次世代に伝える活動を行い、
キノコを用いた聖なる儀式を通した精霊との交流を実践し続けました。





すべての植物には、聖なる力が宿っており、
私たちは、植物の力を決して誤用してはなりません。

植物に敬意を払い、
正しい理性の元で崇高な目的を持って利用すれば、
力を与えてくれます。

マリアは、
部族を垣根を超えて、
それを
私たちに教えてくれた貴重なシャーマンの一人です。

shindenforest.blog.jp/archives/69294565.html



うーーーん。
なんともいえないね

私はこういう経験はあまりしたくないかな↑
しらふでもある程度は見れるでしょ

その世界と繋がったり垣間見る必要があるのかって話





















Sexy Sadie, what have you done?
You made a fool of everyone
You made a fool of everyone
Sexy Sadie, oh, what have you done?

Sexy Sadie, you broke the rules
You laid it down for all to see
You laid it down for all to see
Sexy Sadie, oh, you broke the rules

One sunny day the world was waiting for the lover
She came along to turn on everyone
Sexy Sadie, the greatest of them all

Sexy Sadie, how did you know?
The world was waiting just for you
The world was waiting just for you
Sexy Sadie, oh, how did you know?

Sexy Sadie, you'll get yours yet
However big you think you are
However big you think you are
Sexy Sadie, oh, you'll get yours yet

We gave her everything we owned just to sit at her table
Just a smile would lighten everything
Sexy Sadie, she's the latest and the greatest of them all

She made a fool of everyone
Sexy Sadie

However big you think you are
Sexy Sadie







何が言いたいんだかさっぱりわかんないようなごちゃごちゃ感

でもわかる人はわかってくれるだろうなーと思う。



宗教の世界

精神世界なんてものは

実際に自分で入っていってみないとわかんないもので

でも、そんなものの本当の姿は

ちょっと瞑想してますぐらいの人にもわからず

山伏修行とか行きだしたって、すべてを教えてくれるはずもなく

どんどん先先に、奥に奥に

進んでいかないときっと何もわからない世界で

わかったときにはもう普通の人には戻れないような世界で

わかったことをぺらぺらと何にもしらない人に話してはならない世界で


知りたかったら進んでいきゃーいいけど



私はここら辺でもう十分

私の想像は書かないでおくことにする

でもそれじゃ足の痛いのが取れない気がするけど


次の墓参りの時には

いつも足痛くなり始める場所にお線香お供えするよ。

ココってとこがいまいちつかめてないけど


この話とかを住職さんにしてみてもいいかもしれないけど、

聞いてみてもいいかもしれないけど


それはやめておきましょ。



あのねーーーー



今日は久しぶりに


腐った魚の焼けたにおいがする

焼けた魚の腐ったのっていうのかどっちなのか


前にも何度かこのにおいが突然してきたことがあった


自分の部屋の中の空間から

こっちに来てははじめて。


いやーーーーー

はじめて検索してみた

やっぱそうなんだ。。。

https://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E8%85%90%E3%81%A3%E3%81%9F%E9%AD%9A%E3%81%AE%E7%84%BC%E3%81%91%E3%81%9F%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%84+%E9%9C%8A&lr=lang_ja&rlz=1I7MORJ_jaJP511&gws_rd=ssl




それとか、

部屋中が湯気だらけで煙ってるようになったときもあった


検索したことはなかったよ、、、、













コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog


2016年までの観た!読んだ!お勧めの映画や本でーす!



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。