So-net無料ブログ作成


2016年までの観た!読んだ!お勧めの映画や本でーす!





ニシキトベー丹生 ブログトップ
前の10件 | -

な、ん、な、の、こ、の、か、ん、じ [ニシキトベー丹生]



ここ数日

おかしなかんじなのだ。










そうよ




滅んでなんかいないのよ



ずっと


ずっと


ずっと







動画公開が、日本時間の8月31日

って事は海外なら大体前日として


” 8月30日 ”



ふう。。。

ふふふふふふ。

はははははははは。

私の誕生日なんですよ。

書こうと思ってやめといたことなの。


公開日が私の誕生日ということと


神武が滅ぼしたのは、

ナグサでもニシキでもなく


”母系”

”女系”

縄文以前からの母系社会・女系社会


滅ぼしたというのとはちょっと違うか


”女は奥にすっこんでろ”

縄文以前の社会や振興や人々の封印ですかね

滅びてはいない

もちろんたくさんの命は消えて行っただろうけれど。


で、アルバム名 『Ash』

Ashを使ったマイケルにそっくりな人~


2017/08/31 に公開
Taken from the forthcoming album
'Ash'
out September 29th via XL Recordings. http://x-l-r.co/ash


同じ日に。
マイケル・ジャクソン、ニューアルバム『Scream』を9/29にリリース








Lyrics

Welcome to my earth
It's a crying shame
We have built a foolish world
Busy fighting, full of lying and denying
My ghosts are not gone
They dance in the shade
And gives the black core of my heart
Making words making sounds making songs


Now you can feel my heart spinning
You turn my whole life around
I want to write a new beginning
Let go of the ghosts
Let dreams and hopes lay
And give our love another try
Should we just let it be


Make love to me
My ghosts are not gone
They give the black core of my heart
Making words making sounds making songs


Now you can feel my heart spinning
You turn my whole life around
I want to write a new beginning
Let go of the ghosts
Let dreams and hopes lay
And give our love another try
Should we just let it be


We ain't nothing without love
Without love we ain't nothing
Without love without love




音楽






呪文




それを

持ってる人には

すごくよく効く


呪文



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


続きも書こうとしてたんだけど
割り込みマイケルで、もうぐったりしてしまったので
ブログにもまとめられず、FB埋め込んであります。

この記事の続きは後で。
右手がやけに痛くてマウス使えません

続きは明日、、、



ただ今日は強烈だったかな、、、

古代の何かが

すっごい来てるかんじ



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

ぶつくさぶつくさ [ニシキトベー丹生]

21078656_1050669738369495_6261571037176353471_n.jpg



また最近ニシキトベさんが、
また
よく出てきてるみたいね






















あの名前、この名前

いろいろな名前

隠された姫


うーーーーん。


私もそれをずっと調べ続けてきて

思うけど


”隠されたたった一人の姫”




いないわ。



うん。

象徴としてのイメージ的存在はあると思う

それは地域、時代、信仰で

形も名前も変わってしまっている

もしくわ

この地方でそれを祭ることはできなかった

この時代にそれを祭ることはできなかった


理由はさまざま

隠れ、

隠し、

そのどれを調べても、確かにたった一人の姫にたどり着くとは思うけど


そういう一人の女性がいたわけではないと思うの。


ニシキトベは神武に殺されていないと思うしね

だって、

悪の立場の者が居なければ

正義のヒーロー

伝説のヒーロー

なんてものは存在できないものね。
 
昔も今もやってることは同じ

阿保みたいな語呂あわせとかそんなのがほんとでね

まさかそんなのがほんとのわけないじゃん、、みたいなとこがほんとでね

それが私たちがほんとの時代、歴史を知ることができないように施された洗脳と言う呪術

偉い歴史の先生が言ってるから

ちゃんとした歴史の本に書いてあるから

だからみんなほんと。それがほんと。



そういうことにしといた方が金儲けができるから


いろんな理由で

ますますほんとのことが隠されてるのよ

だけど

どれもこれも別にそうたいしたことじゃなく、今となんら変わりないと思うのよ


このなんにもないド田舎に暮らしてみて、最近思うのは

ココしか知らない人はココが一番で

なんにもない所って言ってはいても

本当にどのくらい何にもないのか、目に見えない部分まで知ることはできないの

その人の価値観の違いで

同じ物を見ていても、絶対に100パーセント同じ物を見ているわけじゃないの

同じ

”なんにもない” と言う言葉でも

その中身はものすごく違うの


なにがいいたいかというと

飛騨王朝だ

諏訪王朝だ

ヤマタイコクだ

ってものすごい、王朝みたいに言う人がいるけど

どこもきっとどんぐりの背比べで

今のいろんな県のあり方と変わらないわけ

そして

”ド田舎でなんにもない”って言う、
その田舎で生まれた人で、その土地しか知らない人は、
たとえなんにもなくてもそれでもその土地が一番なの

自然がたくさんあって
海の幸山の幸が豊富で
野菜でもお米でも果物でもなんでも採れてうまい
こんなにいいところは他にないろ?

そう思っているの

だから、どの土地も確かに王朝だったの


現に、古墳とかはにわとか土器とか出てても

エジプトみたいなものすごいもんが出てくることはないでしょ

巨石とか人工ピラミッドと思えるようなものはあるけれどね。。。

それも

カワチケンチクガイシャの作業員が作ってたものなのよっていうね

すいませんよ、ロマンぶち壊して

最近私はそう思ってる

そんなものにロマンを感じて、夢中になって旅をして

それをまた調べてって時期もあったけど


で?

って思ってしまったのよ


で?

それ調べて、なんだっていうの?

っていうね、、

なんにも調べようとしない人みたいな台詞を、私が私自身に投げかけているの



で?

それ調べてどうすんの?

金儲けするわけでもないのに、何のためにやってんの?


ちなみに、私のDNAは日本の日本人のDNAの10のグループに入らないものでした。

hapuro group
"OTHER"

Yeahhhhhhh!!! I'm from "REALLY OTHER SIDE" !!!!!! yeahhhhhhh!!!


日本では少数派
「その他のグループ」

個性的と言われた事はありませんか?
このグループの人は日本人によくある10タイプ以外のハプログループに属する人です。
日本によくあるとされる10タイプ以外にも、世界には様々なグループの人がいるとされています。
それらのグループに属するあなたは、周りの人とは異なるルーツを持っているのかもしれません。
もしも人より個性的といわれる機会が多いとしたら、そんな祖先のルーツが関係しているのかもしれませんね。


Image1.gif

https://sales.genelife.jp/product/haplo

これ以上調べるには、
ナショジオ、海外版のDNA検査をしないと、細かな経路がわからない血筋でした。



きっと日本に多くやってきてはいても定住をしなかったか

旅行もしくわ、カワチでやってきて、

その土地を気に入って

一人、二人、

ひと家族、ふた家族、、、

あっちこっちに

単独で住み着いて

定住せずにまた国へ戻ったり



まったく日本人の10個のグループに属さないってどういうことよ



ますます私が誰なのか


わからなくなっちまっただよ


ただし


父が伝えたこと


そこがリアルになってきたとは思う。。。。


m_main06_wp.jpg




9a49128158cad1ff006031aa559cba7b.png

http://blog.goo.ne.jp/japanorigen/e/6801001084137696869349fefb5fc864




もう眠いので寝よう。。。。


明日は一番日差しの強い時間帯にビーチタイムだ




いろいろ書きたいことはあるんだけど、

最近この時間までくらいしか起きていられないの。。。。


ぶつくさの続きはまた明日とか。。



仕事のお楽しみも待ってる所


ミシンも新しいのゲッツしなくちゃ


これからまた大きく変わってゆく。

数年後にきっとまたさらに大きく変わるそのはじめの一歩として。。。。









Image2.jpg


a0187861_21154738.jpg



1425515_683306625105810_269642938430732013_n.jpg




tumblr_mzkg6hJahk1qktlqko6_250.png


20540f0b_l.jpg


IMG_20161110_135743.jpg


20953981_1043554692414333_7430563387581065141_n.jpg




artworks-000232501532-cs0yn9-t500x500.jpg



ubzvfrspppxok5sxy5bn.jpg




13001195_699240470179092_7389263251485086916_n.jpg


13015366_699240480179091_5498698361269121206_n.jpg



13051524_699239963512476_6809063968765259322_n.jpg



12778976_678654895570983_6668685044844432618_o.jpg


12801396_677403995696073_8644013237046659264_n.jpg


8244_677404215696051_3222028999217986209_n.jpg


12794395_677424509027355_8790931758611323121_n.jpg


michi.jpg


Imag5e3.jpg







DCz2gYEWsAA6V2j.jpg


19396938_994571390645997_4976280891675384866_n.jpg


6lack.jpg




Astarte_with_horns.jpg


o0300050013800490276.jpg








あら、、、あらあら

イミシン


宇宙船のような窓と光

最後

カメレオン(?)の

”たんじょう”


まあ、、、


爬虫類

よね

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

水銀採掘集団 [ニシキトベー丹生]

水銀採掘集団といっても1部族ではないんですよ


三つ巴だな。

やっぱり。


そういえば

三つの三角の家紋とかもあったね....


ml_uroko.jpg

鱗 紋


 鱗は魚のウロコの意味もあるが、もともとは三角形の連続模様のことで、その幾何学模様が魚やヘビの鱗の連なりに似ていることに由来する。短銃な三角だけではない、神秘的な要素も隠されているようだ。能の蛇体の衣装にも取り入れられている。桓武平氏の流れを汲む鎌倉北条氏一門の「三つ鱗」紋が有名。これは、初代執権・北条時政が江ノ島弁財天に子孫繁栄を祈願したとき、美女変身した大蛇が神託を告げ、三枚の鱗を残して消えたことに因むという。後北条氏も血縁的関係はないが、三つ鱗紋を使っている。(三つ鱗)



【主な使用家】

 鱗紋は北条氏の代表紋として有名で、「太平記」や「蒙古襲来絵詞」にも出ている。のちに起こった小田原北条氏も、鎌倉北条氏を受け継いでこの紋を使用している。
 北条氏の代表紋だけに他氏ではほとんど使用しておらず、関係氏族に一つ鱗や五つ、六つ、九つの鱗もあるが大部分三つ鱗である。ただし、北条氏主流は底辺が少し長い二等辺三角形で、北条氏ゆかりの鎌倉の建長寺、円覚寺の幕紋をみても正三角形ではない。

 北条氏以外では、良文流の大木氏が亀甲に一つ鱗、三浦氏が角の内二つ鱗。

秀郷流の中村氏、越智氏流の河野氏らが三つ鱗を用いている。

また、宇都宮氏流小田氏の三つ鱗紋は正三角形だ。


:::::::::::::::::::::::::::::::


三つ丸

州浜


CgmIbVGWMAM8MWa.jpg

わお!






「3」は「音」の属性で「音の持つ力」が及ぶ物や出来事に関係あり

数霊3:身・実・水
一つの完成を示す。物事の理(ことわり)をなす。
バランスよく調和されたかたちが作られていく。
数霊マントラ:和して整い 三方 良し 三位一体 すべて 良し


vupT4Gmx.jpg

あーープリンスでも33が出てるので



33

メーソン33

双頭の鷲に33


33は完成の数であり、特にキリスト教圏で重視される。
イエスがこの世にいた期間が33年間だし、ダビデが国を修めてた期間も33年間だからである。

イスラム教では福者の理想年齢も33歳とされる。

ダンテは「新曲」を3部各33章で構成したが、これには数秘的な深い意味があった。
これは合計99となって
「絶対的な完成数である100、つまり神」のひとつ手前であることから、イエスの生命を意味していたのである。
33を"完成の数"として用いた例として、インド神話11×3=33の神々やその倍数の神々がいる。一方、ケルト人はこの数を魔術と関連があるとした。魔術師シモンに悪魔が33年間取り付いたから、というのである。





”3” 種の神器

7D24C29DCD7B4D1CA7EF9C03AD50057320140714.jpg






勾玉 


ね。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

土蜘蛛一族の姫君 [ニシキトベー丹生]




















第7回
「かぐや姫」
脚本:高橋美幸
演出:田島大輔
ヾ(・・;)ォィォィ、怪談百物語ってどの話も「え?この話ってこんなオチだったっけ?」と思う事が多かったけど、今回は完璧にベースは「かぐや姫」ではあるけど、全く違った話に作ってあったね。
だいたい「かぐや姫」が朝廷に滅ぼされた土蜘蛛一族の姫君だったってーのが、どう考えたって子供の頃に読んだ「かぐや姫」の話とは程遠い。
その土蜘蛛一族ってーのも、妙に忍びの者系な感じだし、それならばいっそのこと「柳生一族の陰謀」系なベタベタのチャンバラにして欲しかったよ。
帝(谷原章介)に一族を滅ぼされた復讐をしたかったんだけど、かぐや姫(りょう)は知らぬ間に帝を愛してしまっていたってこと?
一族の一人が帝を刺したけど、かぐや姫が不思議な力を使って傷口をふさいでたし・・・。
最後だけは美しく月へ戻って行ったんだけど、ちょっと腑に落ちない感じ。

とりあえず、りょうの額に赤く光る土蜘蛛マークは恐ろしかった。
ってゆーか、りょうの顔が怖かった。(^。^;)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

なぜ土蜘蛛の一族が。。。。 [ニシキトベー丹生]






なぜ土蜘蛛の一族が

天皇家に嫁を出しているかだ。


初期の頃の私は

それを、神武に寝返った土蜘蛛の一族と書いたことがある

逆に虐殺された土蜘蛛の一族は絶対に神武に屈しない一族だった

寝返った一族はなぜ寝返ったか

寝返る、服従するだけのなにかを知らされたんだろう

だから

神武は同族と知らずに丹敷一族や名草一族を虐殺したと言うのは嘘で

知っていたけどいうこと聞かないから虐殺した

同族だと知らせても服従しなかったのかもしれない


嫁を入れてる一族は
同族だということを知らされたから、他の一族は服従した

虐殺された一族は、結果的にその一族の土地も歴史も奪われた。


しかし。

そこにもきっとDEATH HOAXは存在した

丹敷と二色

でも


それすら、ここからはじまったんじゃない。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

橋のない川 [ニシキトベー丹生]

またやってる。。。
検索で来てるんじゃない11人の人が
どんどんページビューあげてるのは、このページ。

記事:鬼ちゃん。。。キタキタ  27.5% 11人 120ページビュー


これのおかげ(?)でまたまたランキングどーんとUP 
アクセスランキング: 1,273 位
ブログテーマ:日記・雑感( 593位 / 367497ブログ中 )





こんな映画があったの知らなかった。

これを見てどっちの気持ちがわかるかで、なんかわかるよね。。。

ちょっとまだ見たばかりで感想をすらっとは書けないな。



映画「橋のない川」


映画「橋のない川」上映阻止は正しかったか 今井正版・東陽一版を見て
東作品と今井作品の違いはどこから生まれてきたか

http://www.cc.kyoto-su.ac.jp/~nadamoto/work/199304.htm








『橋のない川』(はしのないかわ)は、住井すゑが著作した小説。

1部から7部まで掲載­・刊行され、第8部は表題のみを残し作者のすゑが死去している。
明治時代後期の奈良県­のある被差別部落(小森部落)が舞台となっている。

ほとんど全編を通じて部落差別の理不尽さ並びに陰湿さが書かれている。

最終的には京都­市・岡崎で行われた水平社宣言をもって締めとしている。

1部から7部までの累計発行部数は800万部を超える。

1969~70年と1992年­の二度にわたって映画化された。

「『橋のない川』によって、人間の平等と尊厳を考えようとした若者は、

とてつもない数­にのぼるはずだ」(灰谷健次郎)[1]と賞賛されることもあるが、

「侵略戦争を扇動し­た西光万吉を美化した作品なのに、
その問題点がまったく指摘されずにきた」(金静美)­との批判の声もある[2]。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A9%8B%E3%81%AE%E3%81%AA%E3%81%84%E5%B7%9D




https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%8F%E4%BA%95%E3%81%99%E3%82%91

住井 すゑ(すみい すえ、1902年1月7日 - 1997年6月16日)は、

奈良県出身の小説家。
代表作は『橋のない川』[1]で、被差別部落出身ではないが部落差別について取り組んだ。
住井 すゑ子名義による著作もある。


奈良県磯城郡平野村(現在の田原本町)の生まれ。東京府豊多摩郡杉並町(現在の東京都杉並区)在住を経て、1935年に夫の郷里である茨城県稲敷郡牛久村城中(現在の牛久市城中町)の小川芋銭宅のすぐ近くに転居し、執筆と農作物自給生活の拠点とする[2]。以降60年以上、同所に居住。代表作『橋のない川』を初め、多くは農村で執筆された。


1902年1月7日、奈良県磯城郡平野村満田の富裕な家庭に生まれる。
実家は大和木綿の製造業と農業を営んでいた。
幼い頃、被差別部落の草履商からたびたび実家に訪問販売を受け、部落問題と出会った。



Flag_of_National_Levelers_Association.png



Flag_of_Buraku_Liberation_League.png




荊冠旗(けいかんき)とは全国水平社およびその後継団体の1つである部落解放同盟の団体旗。

荊冠とはナザレのイエスが十字架の上で被せられた荊の冠であり、受難と殉教の象徴とされる。

デザイン考案者は全国水平社創立者の一人西光万吉である。

水平社時代の荊冠旗は

黒地(差別が続く暗黒社会の象徴)の中に血の色(殉教の象徴)の荊冠が描かれていたが、

戦後は全面黒地を赤地に変え、

水平社時代のデザインが左上に縮められた形で左肩に“希望”を表す白い星が挿入された。

現在、機関紙『解放新聞』には「荊冠旗」と題するコラムが連載されている。

ちなみに、被差別部落に関する報道、同和批判に消極的なことを荊タブーと呼ぶことがある




おーーーーーい!!

赤 白 黒 

CaAzflrUkAAQwH3.jpg


gallery-1444311204-landscape-1444305808-gettyimages-491769032.jpg




黄(橙)

tmage2.jpg

Image4.jpg








6.png


images.png


44211166e9800b124530a73c2246d3d9.jpg




ええとね、、私は部落問題に光を当てたいわけではない


だけど、マイケルdeath hoaxから、ずっと基本変えていないのが


持つべき者と持たらざるべき者

持てる者と持たざる者


奪われた者と奪った者

そんなところがベースにあって

今は持つべき者(奪われた者)たちが立ち上がってきたと言う視点でずっと物事見ているので

その視点を日本に移すと、これ、必然的に

被差別部落、日本のカーストに目が行ってしまうよね。



そういうことで考えると、日本人ってやっぱりカイン(cain)の子孫なんだな~と思うよね

cain-slaying-abel-jacopo-palma-1590.jpg




今言ってる被差別部落はあくまでも

日本人の話であって、この中には私は今の時代のいう在日の話は含んでいない

そういうところの話をしたいわけじゃなく

もっともっと前からの

うーん、、でも差別の話も結局別個別個の違うものじゃないんだよね

古事記で言う土蜘蛛って言われてしまった時から、今言われる被差別部落の”土地”

人の話じゃなくて、土地の話で


運命だよね、、、


だって誰もその土地に生まれようと思って生まれてきたわけじゃない

人種で言えば

誰も黒い肌で生まれようと思って生まれてきたわけじゃない

誰もカースト制度の厳しいところに生まれようとして生まれたわけじゃない

誰もゴミの山で生きていくために生まれてきたわけじゃない

誰も食べ物がなくて死んでいくために生まれてきたわけじゃない

誰も同じ人種の他人を殺すために生まれてきたわけじゃない


本来はすべての人がそこそこ豊かに暮らしていけるはずなのだ。

”支配層”という者たちがいなければ。。。。。


”土地”なんですよ。。。



世界中の指定された土地

そこに生まれてしまったことが運命



そこに生まれてしまったことが運命とあきらめてきてしまった歴史がある

何度も奪い返そうと戦った歴史もある


Image3.jpg



今またその血の者たちが立ち上がって、取り返そうと戦っている



CXqP-JhUsAAm6l5.jpg


20140721132837816.png


0d40a5e4a645fc6b96e767d64ac0878e106-250x250.jpg


cached.jpg


無sn題.png


12278742_937482376301608_7165157826787789668_n.jpg




これは世界共通なんですよ

人種とか、肌の色とか、生まれたところとか関係なく


その運命を背負わされた者たちの戦い

無sw題.png


26000.jpg



ちょっといったんUP 







全ての苦しむ人を救おうと、

巧みな手だてを用いては、

死んで悟りの境地をあらわしたりしたが、

本当は、死んだりはしていない。

いつも この世に住んでいて、こうして教えを説いている。


私は常にここに住んでいるが、

いろいろな不思議な力でもって、

心が迷ってさかさまに

おかしくなっている人たちに対しては、

そば近くに居ても 姿を見せない。

人々が、

私の身体が滅んだのを見て、

広く私の遺骨を供養し、

あまねく皆が

私のことを恋い慕い

深く信仰する心をおこすためである


http://escapejama.blog.so-net.ne.jp/2014-11-27-1

http://escapejama.blog.so-net.ne.jp/2015-04-17-1

http://escapejama.blog.so-net.ne.jp/2015-08-22











夕べねアスカアキオの動画を見てたんだけど

あの人の話は丸ごと信じてはいないけど、動画の最後の方で

【イエスの茨の冠が籠神社にある、しかもそれは茨の冠ではない。】

そういっていたのが妙に頭に残ってね。。

あの人はモルモン教といわれてるらしいね

私は無宗教だけど、

”父親から教わってきた考え” は

どちらかと言うと、結果的にキリスト教っぽい

どちらかというと、という以上にそうだと思う

でも、特定のだれそれって言う神様がいるということは教わってはいない

神様という言葉も聞いたことはない

父は”宗教”と名のつくものが大嫌いだったから。

特に嫌っていたものもある。


Flag_of_National_Levelers_Association.png


Flag_of_Buraku_Liberation_League.png



23445669273_bfc7c4062b_b.jpg


Rihanna-for-Anti.png


angeles_2.jpg




ベースにキリスト教って見えるけど

神の子イエスはいないけど

人の子イエスはいるの。

人の子イエスは、いわば被差別部落民の代表だ。


その話を宗教として残したのにも意味がある

この辺複雑だから今まだなんとも書けない

どの時代にも、どの国にも
自分が暮らす村のために犠牲になって命を落とした英雄はたくさんいる。

昨日書いた

Ja-hokkaido-shakushain-zou.jpg

アテルイもそうだし

そういう者がいたと記しておくことは

あとでまたそういう者たちを作り上げやすい

そのために世界中にキリスト教布教させたんだろうしね

特定の村を弾圧して、内戦勃発とかさせて、それをより大きな戦いの引き金にさせて

土地を奪っていく。

その中で、立ち上がり先頭に立つ者

こういう存在は常に必要で、支配層は常にこういう者も利用する

しかも、弾圧によって自然発生してくれるわけだ。

うまくできた仕組みなのだ。。。

















1-7
















2012/04/01 に公開した私が作った動画。


I AM SOMEBODY!!!!!!




英語訳: The Hope
As long as in the heart, within,
A Jewish soul still yearns,
And onward, towards the ends of the east,
An eye still gazes toward Zion;

Our hope is not yet lost,
The hope of two thousand years,
To be a free people in our land,
The land of Zion and Jerusalem.


日本語訳:希望(ハティクヴァ)
心に秘めて今もなお,
ユダヤの魂が呼んで、
そして東方の岸へ、前へ、
目がシオンを目差している限りある――
我々の希望はまだ失わなかった、
2千歳の希望は、
自由なる民として、
シオンとエルサレムに暮らすこと









"World Peace"


Du du du du du du
Du du du du du du

In a perfect world
We would make love over war
With our hands in the air
Got no problems no care oh no
Oh no!

Oh America!
Moving down to Africa
We keep singing
Now the world
Spining round and round
And round and round and round and round

We will dance in the rain despite all the pain
What the world really needs is to feel love again
In a world that it needs to feel love again yeah oooh
Oh oooh oh oooh
Oh oooh oh oooh
Oh oooh oh oooh
And round and round
And round and round

In a perfect world
There would be no lonely ones
We would keep our hands in the air
Got no problems no care oh no
Oh no!

So London to Japan
Every Woman, Boy
Turn it man!
Come on come dance with me yeah

We will dance in the rain despite all the pain
What the world really needs is to feel love again
In a world that it needs to feel love again yeah oooh
Oh oooh oh oooh
Oh oooh oh oooh
Oh oooh oh oooh
And round and round
And round and round
And round and round

We will dance in the rain despite all the pain
What the world really needs is to feel love again
In a world that it needs to feel love again yeah oooh
Oh oooh oh oooh
Oh oooh oh oooh
Oh oooh oh oooh
And round and round
And round and round
And round and round



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

旭川 えたんべつ 光の柱 [ニシキトベー丹生]

CZ73C7PVAAI94nE.jpg


http://mainichi.jp/articles/20160130/k00/00e/040/220000c



アマテラスを祭る


江丹別神社

同じくアマテラスを祭る

坂上神社


「此の神社は明治三十八年頃故島田半平氏が淡路島一の宮イザナキ゜・イザナミニ神社に修行し、御神体を奉迎し創建されました。。。。とあるのは

中園神社





北海道 およそ1,200人

全国で3番目に一族の名前の多い土地





何か隠そうとしてるの?


さて、私にはどうしても不思議に思えてならない事があります。
それはここまで延々と述べてきた通り、
私のようなにわか郷土史愛好家ですら気が付く過去のアイヌ語由来説の矛盾をいつまで放置するのか?という点です。
さらに、どうしても地名由来をアイヌ語に求めなければならない何か理由でもあるのか?という点です。


下記は旭川市のHPに掲載されている旭川の名の由来部分の抜粋です。
http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/top/outline/ayumi.htm

(引用開始)
 「旭川」という地名は開村の告示で村名として登場したのが最初である。
 地名の由来については、忠別川のアイヌ語で「チュプ・ペッ」を語源にしている説がよく知られている。
「チュプ」は「日」の、「ペッ」は川の意味で、「日」を「旭」に置き換えて「旭川」と意訳して名付けたと言われているが、
諸説があって定かではない。


アイヌ語「チュプ・ペッ」本来の意


一般にチュプについては日とか太陽などの意訳しか触れられませんが、
実は月(光)の意味も含んでいます。

トカプ・チュプと言えば昼の日すなわち太陽を表し、
クンネ・チュプと言えば夜の日である月を表します。

このことからチュプというのは昼夜関係なく自然光そのものの意が強いわけであり、
これを「日の出」など特定の具象に意訳するのはかなり強引な拡大解釈ではないでしょうか。
それに日の出の方角を意味する「チュプカ」という語がちゃんと別にあるのです。
東川町の町名の由来がこのチュプカだとされています。

ではチュプ・ペッとなるとどう訳すか?
「日の川」というのはそのものずばりのストレートな和訳で
そのままではやや意味不明なのですがかなり的を得ていると思います。
日の光をいっぱい浴びるとか、
日の光を川面に照り返すとか、
の意味に受取っておけば良いのではないでしょうか。

この事はこの川の流れる南東の方角と大きな関係があると思います。
つまり南東というのは日の出後の太陽が天空の最も高い位置に向かって昇る中間点であり、
1日の内で最も明るく光り輝いて見える方角だと思うのです。
その最も光り輝く太陽の陽を正面から浴びる、
あるいは川面に照り返すこの川を見たアイヌ人が
「チュプ・ペッ」と呼んでもけっして不思議ではないでしょう。



(引用終り)

もっとくわしくは

http://homepage2.nifty.com/momonga_farm/nazo/nazo_main.html



旭川神社が明治26年に鎮座していらいの由緒についてご紹介いたします。

明治

 
25年(1892) 旭川屯田400戸が入植。屯田中隊事業として村社建設を決議
26年(1893) 天照大神と共に、木花開耶姫命を祭神として本殿を造営し、村名をとり旭川神社と称した。お祭り日は、丁度屯田移住完了した8月15日を記念日として爾来例祭日としている。
30年(1897) 拝殿、社務所を建設。境内を屯田練兵場地続きの風防林に定めた。
31年(1898) 北海道庁より創立を許可され、屯田兵の招きにより愛媛県より初代専任神職として、芦原伊佐男が着任した。
32年(1899)


御祭神の天照大神を正式に天照皇大神宮(伊勢神宮)より奉斉することになり、
屯田第3中隊長菊池直人大尉が伊勢神宮に参拝。
屯田開拓の事情を述べて御分霊奉斉を懇願した。
このときは御分霊の奉斎は一切許されぬというときであったが、
我が国北辺の防衛と北海道開拓の重責を担って酷寒の地で辛苦を重ねている屯田兵や
その家族達の実情を懇々と説明したところ
特別に許可され、御神璽を奉じて帰道。

御分霊は4月27日に到着し、28日午後三時旭川神社本殿に奉遷。
4月30日に遷座祭を斎行した。

伊勢神宮での御分霊の祭儀のとき神官から、これは特別なお取りはからいであるが、
御分霊があなたの故郷へ御入りになるときは必ず何かの異変が起こるから、
お心に留めておかれるように、といわれたのである。

4月28日供奉する氏子一同と共に兵村境界にいたるや、
突然の激しい雨にあい避けるに人家なく午後3時神社へ奉遷すると同時に雨は止み
その日の深夜村中にドーンという原因不明の大音響が響き渡り、村民等しく御神威に打たれた。


なぜ 東旭川に旭川神社が?
旭川発祥は旭川屯田
http://www.asahikawajinja.or.jp/sanpai/asahikawatonden.html

こちらは東旭川にある旭川神社
北海道旭川市東旭川南一条6丁目8-14
http://www.asahikawajinja.or.jp/keidai/saijin.shtml



旭川兵村記念館
http://a-heison.sakura.ne.jp/

旭川兵村記念館は、明治期に屯田兵による兵村が置かれた東旭川地区の人々が中心となって、その先人の血と汗と苦労、そして開拓に対する熱い魂を後世に伝えようと、1982年(昭和57年)東旭川の中心部に建てられたものです。

 屯田兵とは、明治時代に北海道の警備と開拓にあたった兵士とその部隊です。

1891年(明治24年)、屯田第三大隊本部と第一、第二中隊400戸、
翌25年第三、第四中隊400戸が入地して初めてこの厳寒の地旭川(今の東旭川)の開拓が始まりました。

 館内には、屯田兵にまつわる展示室と屯田兵屋(展示室正面)が常設されています。展示物としては,実際に使われていた数々の生活用品、農機具、さらには旭川市指定文化財に指定され、屯田兵の血と汗の記録が綴られている、「旭川兵村中隊記録」「屯田物語原画綴」など数々の記録と、遺品が展示されており、開拓当時の苦労をしのぶことができます。

 そのほか、「ゲロリ」といわれた下駄スケート、1905年(明治38年)屯田兵の父・末武安次郎によって考案され、飛躍的な能率化をなし、急速に普及した「たこあし」と呼ばれる直播器等、先人たちの知恵の逸品の数々が展示されています。そして苦労のなかにも、したたかに開拓に挑んだその熱い魂が実際に使われていた遺品からよみがえってきます。

 なお,展示室正面の屯田兵屋は,その当時の住居を復元したものです。中に入ると半分が土間になっており、当時の住人はそこにむしろを敷き、雨の日も、また夜でも農作業をしていました。また居間の囲炉裏には毎日24時間薪をたやさず煙で蛾などの虫が入ってこないように工夫していました。そして、囲炉裏を囲んで父を中心に丸く座り手足をあたためながら、苦労のなかにある幸せをみいだしていたようです。このように先人のたくさんの知恵がその住居から伝わってきます。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%AF%E7%94%B0%E5%85%B5


開拓団。。。。。



屯田制を北海道に実施するという考えは、明治初年から様々な方面に生まれていた。
そのおそらく最初のものは、徳川家の遺臣を移して北方警備と開墾に従事させようとする
榎本武揚の考えで、彼はこの計画を掲げて新政府と箱館戦争を戦った。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%AF%E7%94%B0%E5%85%B5



1.屯田(とんでん)は、兵士による開拓・駐屯の制度。
2.屯田(みた)は、古代日本の皇室領。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%AF%E7%94%B0

屯田(とんでん)は、一般に、兵士に新しく耕地を開墾させ、
平時は農業を行って自らを養い、戦時には軍隊に従事させる制度、
またその場所や地域を言う。

古代日本の皇室領

屯田(みた)は、大王の直接支配する田地。

その管理のために置かれたのが屯倉である。

大宝令では屯田、養老令で官田といわれているもの。

大和・摂津に30町、河内・山城に20町と規定された。

全国に点在する「富田」(とんでん・とんだ・とみた)と呼ばれる地名は、

その多くが屯田が転じたものであると考えられている。



https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%AF%E7%94%B0





でも私は明治の開拓よりそれ以前の開拓団が気になる


http://suido-ishizue.jp/kindai/hokkaido/01.html


シャクシャインは、シベチャリ(現在の新ひだか町)以南の日高地方及びそれ以東の集団であるメナシクルの首長であった。メナシクルは、現在の新冠町から白老町方面にかけての集団であるシュムクルとシベチャリ川(静内川)流域の領分を巡って遅くとも1648年から対立していた。
メナシクルの先代の首長であるカモクタインはシュムクルの首長・オニビシとの1653年の抗争により殺害され、副首長であったシャクシャインが首長となった。

シャクシャインはシベチャリ川下流東岸、シベチャリのチャシ(砦)を拠点としていた(現・新ひだか町静内地区)。オニビシはシベチャリ川上流西岸のハエのチャシを拠点としていた(現日高町門別地区)。両者は松前藩の仲介によって講和するが寛文年間(1661~1673年)に対立が再燃し1668年4月、シャクシャインがオニビシを殺害。報復のため、ハエは松前藩に武器の援助を申し出るが拒否される。

さらに使者が帰路に急病死すると、使者は松前に毒殺されたという風説が広り、皮肉にも対立していたシベチャリとハエを一つにまとめるものであった。

シャクシャインは蝦夷地全域のアイヌ民族へ松前藩への戦いを呼びかけた。

1669年6月、シャクシャインの指導するアイヌ軍は松前藩へ蜂起を起こした。これがシャクシャインの戦いである。
蜂起は各地で発生し砂金掘りや交易に訪れた船舶や鷹待を攻撃、和人を殺傷した。シャクシャインは松前を目指し進軍、7月末には現在の山越郡長万部町のクンヌイまで攻め進んだ。

松前藩から急報を受けた徳川幕府は東北諸藩へ松前藩に対する援軍や鉄砲・兵糧の供与を命じ実行された。

クンヌイでの戦闘は8月上旬頃まで続くが、シャクシャイン勢が和人側の妨害により渡島半島のアイヌと連携できなかったのに対し、松前軍は幕府や東北諸藩の支援を受け、鉄砲を多数装備していた。

これにより戦いはシャクシャイン側の劣勢となり、シャクシャイン軍はクンヌイからの敗退を余儀なくされた。シャクシャインは10月23日(11月16日)に現在の新冠町にあたるピポクの松前藩陣営で謀殺され、指導者を失った蜂起者たちは松前軍に降伏した。

Ja-hokkaido-shakushain-zou.jpg



北海道の歴史をここに住んだ人々の生活史とすれば、それは日本列島と同じ程度の古さにさかのぼることができるでしょう。しかし、東北6県と新潟県を合わせた面積に匹敵するこの広大な島の歴史が内地と著しく異なる点は、他の地域が古くから農耕文化に染まっていったのに対して、北海道はつい近年まで縄文時代とさほど変わらぬ漁猟生活が営まれていたことでしょう。


明治以前までの蝦夷の地はおそらく有史以来一度も斧を入れたこともない大原始林に覆われ、そこに住む人々は鳥獣を狩り、野草を摘み、川や海の魚を捕って生活していました。彼らは蝦夷の先住民(原日本人とも言われている)でしたが、文字を持ってなかったのでその歴史はよく分かっていません。



Ja-hokkaido-shakushain-zou.jpg
シャクシャイン像

本州とは古くから交流もありましたが、和人がこの地に渡り、独自の生活をするようになったのは室町時代、14世紀の末頃からでした。

移り住んだのは青森県下北半島の豪族であった蠣崎氏。

蠣崎氏は蝦夷人を排除して福山を本拠地とし、独自の政権を打ち立てました。

5代慶広のとき豊臣秀吉に蝦夷島主と認められ、姓を松前と改めます。

1604年、徳川家康により江戸幕藩体制の一藩に組み込まれますが、それでも勢力範囲は道南の函館から熊石までの数十里の地(松前地と呼ぶ)であり、農業生産のない松前藩に与えられた権限も石高で表される領地の支配権ではなく、単に蝦夷地交易の独占権にすぎませんでした。


1669年、「松前藩を追い払え」というシャクシャインの檄げきで、ほぼ全島のアイヌ人が決起、19隻の交易船が襲撃され273人の和人が殺されたとあります(シャクシャインの乱)。

幕府は東北諸藩にも出兵を命じ、アイヌ軍は敗北しました。

そして、松前藩に絶対服従の誓詞を提出します。この戦争はアイヌ民族の命運をかけた戦いでしたが、
その結果、アイヌは和人に隷属する道を選ばざるを得なくなりました。


【写真】松前城

正式に1万石の大名として認められたのは1719年。藩財政も当初はアイヌ交易をはじめ鷹、砂金などの特産物収益に依存していましたが、この頃から松前蝦夷地は、ニシン、サケ、コンブをはじめ、いりこ、干しアワビなどのの産地として、幕藩制下の経済に大きな役割を果たすようになりました。 江戸中期から後期になると、ロシアはカムチャッカ半島から千島方面へと進出、他の外国船も北海道近海へ出没するようになります。老中・田沼意次は大規模な蝦夷地調査を行い、ロシアとの交易を進めますが、田沼の失脚(1786年)によって交易は中絶します。


さらに1797年にはイギリス船が室蘭に来航、ロシア人がエトロフ島に上陸。翌年、幕臣であり探険家でもあった近藤重蔵がエトロフ島に「大日本恵土呂府えとろふ」の標柱を立てます。
1万石格の松前藩に任せておけなくなった幕府は1798年、松前藩を内地に移封して、蝦夷を直轄地とします。
伊能忠敬の東蝦夷地の海岸測量、間宮林蔵の樺太探検・間宮海峡の発見はこうした背景での出来事でした。




1804年、ロシア使節が長崎に来航して貿易を要求しますが、幕府はこれを拒否。
怒ったロシアは樺太・利尻などに侵入して幕府船を焼くなどの圧力を加えてきました。
津軽海峡にも外国船が出没するようになり、幕府は松前藩に新たに城を築かせ、東北諸藩に警護を命じます。ロシアの艦長ゴローニン中佐は国後くなしり島に上陸、警備の日本側に抑留されますが、
その報復として捕らえられた貿易商・高田屋嘉兵衛の尽力によってロシア側に侵略の意図はないことが判明し、日露間の緊張は緩和されました。
1854年、日本が開国を認めると、箱館は伊豆の下田とともに開港場になり、幕府は箱館奉行をおきます。
この開港によって箱館は大きく変化します。
西洋人の渡来、洋学校、五稜郭の築城、洋式造船、キリスト教会など、それまでの縄文式(?)文明の地から、一挙に近代文明の玄関口へと変貌することになるのです。
http://suido-ishizue.jp/kindai/hokkaido/01.html






リンクする。。。。。。。


いまだカーストが色濃いインド
https://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E3%81%84%E3%81%BE%E3%81%A0%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%81%8C%E8%89%B2%E6%BF%83%E3%81%84%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89&lr=lang_ja&rlz=1I7MORJ_jaJP511&gws_rd=ssl


日本はそれがわからなくされてるだけで

”部落問題”に意識を向けさせられてることで

自分たちが奴隷だってわからなくされちゃってるんだろう。。。。

もしも境界線を越えてこようものなら。。。。。。。






インド人がITに強い理由…それは「カースト制度」が関係しているってホント?

http://spotlight-media.jp/article/115619135433983563?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_content=pc&utm_campaign=tw_share

@misterspotlightさんから



カースト制度とは!?



紀元前にインドを征服したアーリア人が先住民を肌の色で差別したのが始まり。

上からバラモン(司祭)、クシャトリヤ(王侯・戦士)、バイシャ(商人)、シュードラ(隷属民)に分けられ、

その下に不可触民がいる。

インド憲法がカースト差別を禁じる一方、

インド政府は不可触民を「指定カースト」、

シュードラなどを「その他後進諸階級」と認定し、

優遇策を講じているが、日常的な差別は解消されていない。

しかし…IT業界がカースト制度の闇に光を与えた!

uploaded.jpg


光を与えた


光を与えた


光を与えた



CZ73C7PVAAI94nE.jpg





akon.jpg


50095.jpg








古代日本の皇室領

屯田(みた)は、大王の直接支配する田地。

その管理のために置かれたのが屯倉である。

大宝令では屯田、養老令で官田といわれているもの。

大和・摂津に30町、河内・山城に20町と規定された。

全国に点在する「富田」(とんでん・とんだ・とみた)と呼ばれる地名は、

その多くが屯田が転じたものであると考えられている。



やっと、自分が調べてることとつながってきた。。。

12654615_664532980316508_9162444015192335080_n.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

結界は、千五百年が限度_ハリー山科 [ニシキトベー丹生]

結界は、千五百年が限度_ハリー山科






神道のルーツ_ハリー山科


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ニシキは滅んでいない [ニシキトベー丹生]

2015-03-31 16:17:26のブログです。
更新中
:::::::::::::::::::::::::::::::::::





ニシキは滅んでいない

紀伊南部、現、和歌山県 東牟婁郡那智勝浦町、
または三重県 南牟婁郡御浜町、 または三重県 度会郡紀勢町錦









別物


別系統


ナグサやアラカワとは別なのよ


トベとつく一族はたくさん居る


だけど、私にはわかる


ニシキは同族であっても別モノ



私が高野山に感じる違和感



あの気味の悪い緑色の弘法大師・空海
(実際は弘法大師ではないかもしれない・”坂本”家が建てた像)
http://escapejama.blog.so-net.ne.jp/2015-01-28

おまけににしきさんのすぐ目の前にはトルコのメドゥーサの魔よけ!!!
よりにもよってなぜあそこに?

一つ目の目玉よ
http://www.kumano-yorimichi.com/area8/torukokinenkan.html



引っかかる事だらけだ、、、、

一つ目に関しては近々聞いてみよう、、、


わたし、弘法大師にも違和感を感じるのだ


”信用ならない奴”、、、、みたいな感覚

空海は、江戸時代を通して、お大師さんとして人々に親しまれていた。
しかし、純正の日本に仏教という外来の不純な思想を持ち込んだとして、本居宣長などによって批判された。明治時代に入ると廃仏毀釈運動によって一時的にその評価が落ちることになった。


四国八十八箇所のトリックとかさ、、、


なんだかわかんないけど

音を聞くと、

”いやいやいや、、、”と首を横に振ってしまう感じ


行きたいと思ったこともない



だけども、ココを通らずに調べは進まないのもわかってる


でも


こないだの紀ノ川の桜州の事件

あれはもうすべて


さらに私が拒絶したくなる音、色のみだった


でも、私は過去ブログに載せている


”佐伯 斎木 榊”だと、、、、、、、、、








触れてはいけない部分だってあろうがな。。。。。







真言宗の開祖、没後(921)に弘法大使の謚号を醍醐天皇より賜る。

804年橘逸勢、最澄と共に遣唐使第一船に便乗した。

書技の天性に恵まれ、若年時から 王羲之を学び、入唐時には顔真卿などの唐の書法を取り入れ、

模倣を超えた独特の優れた書風を形成した。

嵯峨天皇、橘逸勢と共に平安の三筆とされる。


俗名は佐伯眞魚(さえきのまお〈まな〉)。

日本天台宗の開祖最澄とともに、

旧来のいわゆる奈良仏教から新しい平安仏教へと日本仏教が転換していく流れの劈頭に位置し、

中国から真言密教をもたらした。

宝亀5年 774)

讃岐国多度郡屏風浦(香川県善通寺市)で生まれた。

父は郡司・佐伯直田公(さえきのあたいたぎみ)、

母は阿刀氏、幼名は真魚。

真言宗の伝承では空海の誕生 日を6月15日とするが、

これは中国密教の大成者である不空三蔵の入滅の日であり、

空海が不空の生まれ変わりとする伝承によるもので誕生日は不明 。








紀州征伐(きしゅうせいばつ)または紀州攻めとは、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%80%E5%B7%9E%E5%BE%81%E4%BC%90

戦国時代(安土桃山時代)における織田信長と羽柴秀吉による紀伊への侵攻のことである。
一般的には天正5年(1577年)の信長による雑賀攻め、
同13年(1585年)の秀吉による紀伊攻略を指すが、
ここでは天正9年(1581年)から同10年(1582年)にわたる信長の高野攻めも取り上げる。

信長・秀吉にとって、紀伊での戦いは単に一地域を制圧することにとどまらなかった。
紀伊は寺社勢力や惣国一揆といった、
天下人を頂点とする中央集権思想に真っ向から対立する勢力の蟠踞する地だったからである。
根来・雑賀の鉄砲もさることながら、
一揆や寺社の体現する思想そのものが天下人への脅威だったのである。


ルイス・フロイスの言を借りると

16世紀後半の紀伊は仏教への信仰が強く、

4つか5つの宗教がそれぞれ「大いなる共和国的存在」であり、

いかなる戦争によっても滅ぼされることはなかった。

それらのいわば宗教共和国について、フロイスは

高野山、粉河寺、根来寺、雑賀衆[1]の名を挙げている。

フロイスは言及していないが、五つめの共和国は熊野三山と思われる[2]。

共和国と表現されたように、これら寺社勢力や惣国一揆[3]は高い経済力[4]と軍事力を擁して

地域自治を行い、室町時代中期の時点でも

守護畠山氏の紀伊支配は寺社勢力の協力なしには成り立たない状況だった[5]。


紀伊における武家勢力としては、

守護畠山氏をはじめ、湯河・山本・愛洲氏などの国人衆が挙げられる。

室町時代、これらの国人衆は畠山氏の被官化したもの(隅田・安宅・小山氏など)[6]、
幕府直属の奉公衆として畠山氏から独立していたもの(湯河・玉置・山本氏)に分かれていた。

室町時代を通じ、畠山氏は前述の通り寺院勢力との妥協を余儀なくされながらも、
紀伊の領国化(守護領国制)を進めていた。

奉公衆の湯河氏らも応仁の乱前後から畠山氏の内乱に参戦することが増え、
畠山氏の軍事動員に応じ、守護権力を支える立場へと変化していった(教興寺の戦いなど)。

一方で15世紀後半以降、畠山氏の分裂と抗争が長期間続いたことが大きく響き、
また複数の強力な寺院勢力の存在もあって、
武家勢力の中から紀伊一国を支配する戦国大名が成長することはなかった。

国人衆は畠山氏の守護としての動員権を認めながらも、所領経営においては自立した存在だった。




ニシキトベさんが呼んでいる
http://escapejama.blog.so-net.ne.jp/2015-03-22

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


國神名帳曰正一位勲八等丹生津比大神とある是なり 丹生津比は伊弉諾伊弉册二尊の御兒 天照大御神の御妹にして稚日女尊と申し神世より本國和歌浦玉津島に鎭まり坐せり 神功皇后新羅を征伐し給ひし時此神赤土を以て功勲を顯はし給ひし故 皇后凱旋の後伊都郡丹生の川上菅川藤代峰に鎭め奉れり
菅川今筒香と書す藤代峯上人水呑峠又右堂カ峯或は子粒カ嶽ともいふ古老傳へて藤代ノ峯ともいひしといふ其地は上筒香東富貴和州坂本三村の界なり

此邊より流れ出る川を丹生川といふ西北に流るゝ事五六里にして紀州に入る 此峯より東の方和州に流るゝ川を又丹生川といふ

神武紀に丹生川上といふ是なり此邊總て赤土を生するを以て丹生の名あり又上筒香村により川上東へ登る事三十町許に 天照大神顯れ給ひし舊地といふありそは丹生明神の訛傳なるへし 又筒香村の西川の下に明神岩といふあり土人傳へて筒香明神の影向石といふ是又御鎭座の時始めて下り給へる石なるへし 今上筒香村に丹生四社明神を祀りて荘中の氏神とす故に是を筒香明神といふ


丹生都比売神社 (にぶつひめ)
伊都郡かつらぎ町上天野30

祭神
丹生都比売大神(丹生明神)

丹生大明神神告門によると天照大神の妹の稚日女命とされる。
大和の王権とつながった際、生じた伝承である可能性もある。

丹生高野御子大神(高野明神)
大食都比売大神(気比明神)
市杵島比売大神(厳島明神)

 丹生とは水銀を含む赤土を言う。その発掘に関わった氏神とも言われる。
また水分(みくまり)の神とも言われている。水を与え、水の配分を司った。

空海に高野山を譲った神としての伝承で有名。 空海の資金源は水銀であった。

由緒
 丹生都比売大神は天照大神の御妹神で別名稚日女尊(わかひるめのみこと)と申します。

織物の祖神と言われ、御子の高野御子と共に大和地方を巡歴され、農耕殖産を教え導かれこの地に鎮座されました。 神功皇后に協力された功績で応神天皇より紀ノ川以南の広大な地を神領として与えられました。その後も皇室の御崇敬は厚く延喜の制で名神大社に列せられ、大正13年官弊大社になりました
それ故社宝には、国宝や重文も多く保存されています。

 古くは弘法大師が当社の側に曼陀羅院を建立し、その後神白、神黒、2匹の犬の導きで高野山に真言密教の道場を開き、以来当社は高野山の守護神として崇拝されています。第3、4殿には鎌倉時代の初め行勝上人により、敦賀の気比神宮、安芸の厳島神社を勧請され、4柱の神を各殿にお祀りして以来4社明神とも呼ばれてお導きの神として参詣者が絶えません。


神武に討たれた丹敷戸畔とは丹生戸畔のことであり、 祭神の丹生都比売神をこの丹敷戸畔を祀ったものとする説がある。

またこの伊都郡には丹生神社が53社あると言われている。

水銀の採掘にかかわった丹生氏の勢力、丹敷戸畔の存在が大きいものであった事を示している。  

元々この神社は丹生川の水源地の筒香にあったが、
吉野の丹生川上水分峯、大和の十市・巨勢・宇智、
紀伊の伊都郡・那賀郡の各地を経て現社地の天野原に鎮まったと言われている。

丹生祝氏本系帳

 始祖天魂命、次高御魂命大伴氏祖、次血速魂命中臣氏祖、次安魂命門部連等祖、次神魂命紀伊氏祖、次最兄坐之宇遅比古命、別豊耳命、国主神の女児阿牟田刀自に娶いまして生める児、小牟久君が児ら、紀伊国伊都郡に侍へる丹生真人の大丹生直の丹生祝、丹生相見、丹生神奴ら三姓の始め、丹生都比売の大御神、高野大御神よりはじめて百余りの大御神達に神奴と仕へ奉らしめ了へぬ。

 小牟久君が児丹生麻呂首、次児麻布良首、丹生祝姓賜ふ、即の子孫安麻呂、豊耳より安麻呂に至る十四世、安麻呂の児丹生祝伊賀津の子孫、石床、石垣、石清水、当川、教守、速総、蓑麿、身麿、乙国、諸国、友国、古公。

 小牟久君が児丹生麻呂首、佐夜造の乙女古刀自に娶ひまして生める児小佐非直が子孫、麻呂、即の子廣椅、丹生相見姓賜ふ。豊耳より廣椅に至る、十六世、廣椅児丹生相見廣教の子孫、宇胡閇、大津、古佐布、秋麿、志賀、上長谷、屋主。

 美麻貴天皇(諡 崇神)御世、天道根命裔紀伊国造宇遅比古命、国主御神児大阿牟太首、二人仕へ奉れり、しかして大阿牟太首、神御前に御琴引き仕へ奉りき、是の如く大御神祝仕へ奉る、美麻貴天皇御時神御祝仕へ奉る、伊久米天皇(諡 垂仁)御時神御祝仕へ奉る。並びに二つの朝廷の大御時に大阿牟太祝仕へ奉りき。

 大阿牟太祝の児、兄地、次に弟地、次に阿牟田刀自、大帯之比古意志呂和気天皇(諡 景行)御代仕へ奉る祝兄地、若帯中比古天皇(諡 成務)御代仕へ奉る祝弟地、帯中比古乃天皇(諡 仲哀)御代仕へ奉る祝阿牟田刀自。

 品田天皇(諡 応神)二柱に進つれる物、紀伊国の黒犬一伴、阿波遅国三原郡の白犬一伴。

 品田天皇(諡 応神)寄せ奉る山地四至、東は丹生川上を限り、南は阿帝川の南横峯を限り、西は応神山及び星川神勾を限り、北は吉野川を限る。

 御犬の口代に飯地を奉る、美乃の国の美津の加志波、波麻由布、飯盛る器と寄せ給ひき、又此の伴の犬甘蔵吉人、三野国に在る別牟毛津と云う人の児犬黒比と云う人、この人を寄せ奉る、此の人を寄せ奉る、此の人等は今丹生人と云う姓賜ひ別け奉る。
犬黒比と云う者、彼の御犬二伴を率ゐ、弓矢手に取り持ち、大御神坐す阿帝川の下長谷川原に、犬甘の神と云う名を得て、石神と成りて今に在す。
彼の児裔、十三世の祖の時より今に大贄人と仕へ奉りて、丹生人と召す姓を賜りて侍る。

 和銅三年十二世の祖、彼の季の籍勘へ仕へ奉る丹生真人安麿。
天平十二年籍、十三世勘へ仕え奉る、丹生真人仕え奉る。此の人等の子孫、今に侍り仕え奉る。

 延暦十九年九月十六日

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

何度か↑このこともばらばらで載せてるけど、まとめってことで。。。

ナグサトベやアラカワトベとは少し系統が違う


で、このあたりには触れちゃならないことがいくつもある

と、私は思ってる



場所は名草の地だけど、そこにもニシキが隠されている


とことん隠されている


アメノワカヒコとアメノサグメの話も

これをも隠している


この話はいろんなものを隠してる


そして

”丹生都比売大神”もいろいろ隠してる



丹生都比売大神は天照大神の御妹神で別名稚日女尊(わかひるめのみこと)


丹生都比売大神=天照大神の(御妹神で別名稚日女尊=天照大神の荒御霊)=天照大神
=神武に討たれた丹敷戸畔=丹生戸畔(=祭神の丹生都比売神をこの丹敷戸畔を祀ったとある)



丹敷戸畔=天照大神

にしきの集落には”坂本”も多い



もうすぐ和歌山国体

しかも

躍動と歓喜、そして絆
紀の国わかやま国体

http://www.wakayama2015.jp/


国体ソングを作ったのは平坂

歌うは坂本




作詞:ウインズ平阪 作曲:ウインズ平阪 歌唱者:宮本恵梨菜


1.
昨日今日そして明日へと 夢のバトン繋いで未来へ
綺麗な言葉だけれど そんなに容易(たやす)くなくて
でも辛(つら)い時こそ近くに 幸せの入口隠れてる
飛びこめるか 見逃すかは 君の気持ち次第さ
青い海青い空 心に吹き込む潮風が
明日へと 走り出す 君を待ってます おいでよ悠久(はるか)な国へ


2.
もし描いた想い届かず たとえ夢に破れたとしても
流した汗と涙は 未来への貯金なのさ
苦しさ乗り越えた分だけ きっと喜びが待ってるから
どんな時も忘れないで 描いた志を

空と海赤く染め 波間に輝く太陽も
明日へと駆け抜ける 君を照らします ようこそ悠久(はるか)な国へ

青い海 青い空 心に吹き込む潮風が
明日へと 駆け抜ける 力をくれるよ さあ今悠久(はるか)な国へ




これも前に載せたけど。。。







平氏・平家(へいし/へいけ)とは、日本の氏族。約5系統ほど分かれている。

1.平氏 (皇別) : 桓武天皇を始祖とする皇族系の系統でいわゆる桓武平氏である。葛原親王(桓武天皇の第5皇子)の子である高棟王・善棟王の公家平氏と高視王(平高望)の武家平氏に分かれた

2.平氏 (丹姓) : 紀伊国高野山付近にある丹生都比売神社の神官である大丹生直の後裔と称した武蔵国入間郡・秩父郡・および児玉郡西部(旧賀美郡)にわたって繁栄した土豪である丹姓(丹治/丹治比)の系統で、「平姓」を冠とした平直良を祖とする。常陸国南部~上総国・下総国を拠点とした篠田氏・村岡氏や千葉氏・上総氏を惣領家とした坂東八氏(坂東平氏/房総平氏)および尾張国の長田氏の祖という

3.平氏 (中臣姓) : 伊豆国田方郡直身郷または北条郷・長崎郷(現在の静岡県伊豆の国市)を本貫とする「平姓」を冠とした一族で、古代の中臣姓・伊豆国造(伊豆直/伊豆宿禰、藤原氏と同族)の系統とされ、阿多美(阿田見/熱海)氏・北条氏・長崎氏の祖という

4.平氏 (紀姓) : 肥後国の紀姓[1]菊池氏(鞠智氏/久々知氏)一門の肥後氏の系統の系統である季基[2][3]・兼輔父子である。鎮西平氏とも呼ばれる。主に薩摩国を本拠地とした薩摩平氏が著名である。同族は城氏・西郷氏などである。

5.平氏 (陸奥国) : 陸奥国を本拠地とした「平姓」を冠とした一族で、日本化した蝦夷(アイヌ)こと、俘囚の豪族という。遠祖は石城国造とされ、平永衡や成衡(清原氏)などが出る。その後裔は岩城氏(磐城氏)をはじめ、楢葉氏・標葉氏・岩崎氏・行方氏・山名氏などが著名である。






○庵太村は三谷慈尊院九度山邊の地名なり

天降坐し地は今三谷村榊山酒殿社其所なり石口は麓の意なり



神の木を追う
http://escapejama.blog.so-net.ne.jp/2015-03-31-3


ここら辺再度チェックというか自分の脳内にきれいに並べなおしたくて
過去のブログを見たりしていて、ふと気づいてしまったことがあるんだけど
まだ掘り下げていないし、ちょっと動揺が大きいので
すこし落ち着いて考えられるようになったらチラッと書くとは思う


”事情が変わってくるから”


確かに変わったよ。。。



もう4時半、、、

寝なくちゃ



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


事情が変わってくる、その方は、

ちょっと調べただけでも、ニシキトベにも榊にも絡んできてしまった
その方の“オト”からも関連が浮かび上がる


今だから地図を見ればどの流れかわかるようになったけど

そこの地へは何度か、何度も、足を踏み入れているけれど

確かに同じような空気が漂っているところが多いかもしれない

私の中の誰かは、そういう空気がとても重苦しく感じるようだ

”私”はそうでもないのに、何度もその重苦しさを感じるたびに

あまり好きではない、、、と思うようになってきたかもしれない


そういう空気というか、

エネルギー


土地に染み付いたエネルギー

今、見ている地図にも


ニシキトベとアラワカトベを見ることができる


彼女たちはお隣組みだ。


そんな土地で生まれたその方だ。


愛宕から橘、そして榊から丹生

その他もすべて揃っている

ダークサイドのそばに居た方だ

気づくのだって早いだろう



ここからも

ナグサとニシキは同じ土蜘蛛でもちょっと系統が違うって言うのが伝わってくる

名草は紀氏

紀氏と言えば神武が土蜘蛛成敗をした手柄にその地に残した者だ。。。といわれているけれど

それはちょっと違うのかもしれないね、、、、、

名草と紀氏はもともとまったく同じ一族だったのかもしれない


まあ、これはまだ掘り下げてないからわからないけど

そんな風に感じるだけ


紀国名草の地のこととか見たらね、、、


アラカワトベは少し年代があとだけど、ココもほじらない方がいいのか、、、

○曹魏 正始七(247)年、「・・・卑彌呼、以て死す。卑彌呼の宗女・壹與(とよ)、年十三を立てて王と爲し、國中遂ひに定まる。壹與、倭の大夫・率善中郎將掖邪狗等二十人を遣し政等還るを送らしめ、 因りて臺に詣り、男女生口三十人を獻上し、白珠五千、(中略)・・・を貢ぐ」(魏志)とある。

 余談になるが、壹與は、崇神天皇と荒河戸畔の娘・遠津年魚眼眼妙媛の皇女・豊鍬入姫58)のことである。豊鍬入姫は豊鉏入姫とも書かれ、齋宮(日巫女)として天照大神を祀っていたと、書紀の崇神紀にあります。

 ただし、書紀は「伊勢の神・天照大神云々」としていますが、実際は古代天皇家の皇祖天照魂大神、つまり大和国の開祖・大歳尊(改名して饒速日尊)を祀る大神神社(おおみわじんじゃ=祭神は大物主神に改変されている)を祀っていたのです。

 その証拠に、豊鍬入姫命は大神神社の摂社檜原神社境内の豊鍬入姫宮に祀られています。やはり倭迹迹日百襲姫の没後、大神神社の巫女として祭祀を司った大和国王家の王女だった確かな証しです。

 ところで、遠津年魚目目微比賣命の墓碑が、和歌山市の紀の川北岸、大谷古墳近傍で発見され、「甲戌年六月十八日 御歳三十七歳」とあることから、生存年代は158~194 年59)とみられている。

ついで乍ら、荒河戸畔は、古代の荒河荘の元祖とみられ、中世には荒川氏から平野氏に改姓し、その一族は荒川荘の下司や下司代等を司っています。また、天文12(1543)年、ポルトガルから種子島に伝来した鉄砲を導入した根来寺杉之坊の院主・自由斎や兄弟の津田監物筭長(算長)も、その末裔だったことが分かりました。



最近お客さんに津田さんが現れたり、大谷ですか…。


ね、、、


明らかにニシキトベとはちょっと系統が違うでしょ



私から言わせれば

前にも書いたけど

寝返った者


ま、しょうがない。生き抜くためだ

しかも同族だと知らされたならなおさら仕方がない



”211にマナベの地でクズにカモが突っ込んだ”






images70VHIZQ2.jpg


images.jpg


imagesSJE6436V.jpg


わかやま国体

坂本冬美

橋杭岩(串本-潮岬)
http://www.mikumano.net/meguri/hasikui.html




あーーーーあ!

ここでも、、、


昔弘法大師が天の邪鬼と串本から沖合いの島まで橋をかけることが出来るか否かの賭けを行った。

弘法大師が橋の杭をほとんど作り終えたところで天の邪鬼はこのままでは賭けに負けてしまうと思い、

ニワトリの鳴きまねをして弘法大師にもう朝が来たと勘違いさせた。

弘法大師は諦めて作りかけでその場を去った。

そのため橋の杭のみが残ったという。



東経135


東牟婁郡串本町鬮野川

この地名のくじのかわは姫川村へ通じているし、最寄の駅は紀伊姫。姫村。

こないだニシキトベさんのとこに行く前の日に書いたブログにも登場している



もちろん


ニシキトベさんの集落からすぐ近くだ。





私に呼びかけるのは


消された者たち


隠された者たち


落とされた者たち


正当に


平等に


扱われなかった者たち




坂本さんだって。。。。。







”中村”あゆみが書いたものだそうで



1 2 3 で 大逆転!

宝島まで船を出せ


中村 坂本

坂本 平坂

なんじゃ、これ。。。。

呼びかけすぎですから。。。。。




あれ?”イワナガヒメ” コールが来てるな、、、、、
http://escapejama.blog.so-net.ne.jp/2015-03-22-1


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
前の10件 | - ニシキトベー丹生 ブログトップ


2016年までの観た!読んだ!お勧めの映画や本でーす!