So-net無料ブログ作成


2016年までの観た!読んだ!お勧めの映画や本でーす!





消えた一族 ブログトップ
前の10件 | -

消えた一族(267)あーーーーーーもうーーーーっ!!!! [消えた一族]

DQSsyHnUQAAqkZP.jpg



20171208042431-20171208042718-large.jpg








もう調べるのやめようと思うと

いつも


細胞の記憶が騒ぎ出す









depositphotos_35637657-stock-photo-dna-molecules-and-human.jpg





なんなんだこれは。。。。

背中の一部がものすごく痛い

この痛いのとか、調べ始めてある程度するととれたりするんだよね

これも思い込み箱に放り投げたい

なんだろ、、痛くなるのとか

臭いにおいが空気中からしてくるとか

ゾンビの匂いを嗅いだことはないけど

ゾンビみたいなにおい


今、もう1時間くらい痛いのと戦ってるところ

背中の右側の真ん中らへんの一部分と左の手首


しかめっ面で目を閉じて悶絶していると

ほら、、、

ワードが目の裏に洗われる






mysteryofdna4-thumb-315x315-59768.jpg


最終だよ。


あべの祖ともいえる、古代のあの豪族

そこだけほじくって調べはじめないと痛みが取れそうもないな

ちっ、、、、

あんまりそれは書きたくないけどね

書いている人もあまりいないしね











多分これも

実田 実 they know all truth

なんだろうけどさ

それを調べさせようとするのは

ご先祖様

わたしを作る細胞の記憶なんだろうね



dna-human-body.jpg






さっきものすごく痛かった痛みが


取れてきたよ



祟りかい?


のろいかい?

なんか知らないけど

”無念”

なのかな。。。。

邪気退散!!!のドラゴンアゲートのブレスレットを装着した


それで取れたのかな、、、


わかんないけど


まあ、、別カテゴリを作って

そこだけをほじくって書いて


そうしないと終わりにできないのかもね、、、、


もうーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!



DQSyKowUIAE6YPH.jpg


DQSyLyiVwAAIs8M.jpgmysteryofdna4-thumb-315x315-59768.jpg




カテゴリ ”消えた一族” はこれにて終了


sakaki.png



コメント(0) 
共通テーマ:blog

消えた一族(265)光あれ [消えた一族]

mysteryofdna4-thumb-315x315-59768.jpg





新元号の発表時期、来年秋頃で調整
http://www.msn.com/ja-jp/news/video/%E6%96%B0%E5%85%83%E5%8F%B7%E3%81%AE%E7%99%BA%E8%A1%A8%E6%99%82%E6%9C%9F%E3%80%81%E6%9D%A5%E5%B9%B4%E7%A7%8B%E9%A0%83%E3%81%A7%E8%AA%BF%E6%95%B4/ar-BBFZygB?li=BBfTvMA&ocid=ientp


光格天皇と同じことをする意味。


しかも、”安倍”の時代に。。。。





うっそ、、、
2013年に初めて見たブログ、久しぶりに見に行ったんだけど、

私がブログを見に行った次の日にその人、またその場所に行ってた。

なんかやっぱり、あちこちにおいでおいでビーム送ってるんだろうな



雨こそ降ってこないけど、気圧の変化が激しい。

晴れ雨ガラスボールも水位が上がったり下がったりしている



24068357_1125870370849431_9083857050416975994_n.jpg


24129716_1125871224182679_1264521927698169958_n.jpg


24131462_1125870374182764_197159492977356148_n.jpg




24176976_1125870377516097_6668060547936319588_n.jpg




あら~~
33,135ひっぱってったところにこれまたあるあるいろいろ、、、

でも、今見つけたものもまた”ミカ”だ

、、、ってことはそうね、、、

もともとはミカ=ミワなんだわね


jyotis 樹提  ジョーティス ジダイス 

漢字にすると樹提 これが彼の祖語だとさ、、、

jayce (joyce) 樹吏 ジェイス ジョイス ジュリ jase zeuse

あららららららららららららららららんらんる~



”Jyotis”とは

暗闇を照らす光


あらららら

光格天皇にも繋がってくるのはわかってたけど

光格天皇の名前は光に値する人というような意味でつかられたお名前






祖語(そご)とは、

共通の歴史言語学的祖先を持つ諸言語(語族またはそのサブセット)に対する、

その共通の祖先言語である。

互いに関連のある言語を歴史的に遡っていくとある時点でひとつの言語となるが、

その言語のことを祖語 Proto-language という。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%96%E8%AA%9E



271px-ABB_svg.png

言語分岐の模式図(上が過去)。
15がこの図全体の祖語であるが、たとえば7も「5と9の祖語」である。
なお、6と20は15の娘言語という。



祖語の一覧
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%96%E8%AA%9E%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7


世界祖語(せかいそご、Proto-world language)
または人類祖語(じんるいそご、Proto-human language)とは

世界の全語族の最も近い共通祖先として想定される言語。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%96%E7%95%8C%E7%A5%96%E8%AA%9E




ちょっと待ってよ。。。。。なんなんだこりは、、、

っていうか、これ関連調べ始めたおとといから体がおかしいのよ

夕べもあまりにも背中の一部分が痛くて起きていられなかった

調べが良い感じに進んでいくと痛みが取れたりもする

それは、墓のある土地のある箇所に行ったときに出る痛さとかと同じ種類なんだろうか



光あれ


創めに神が天と地を造った。- 創世記1:1 In principio creavit Deus caelum et terram.

神は云った。「光あれ」。すると光が出来た。 Dixitque Deus: "Fiat lux!" Et facta est lux.

また神は自らの形に形どって人を造った。- 創世記1:27 Et creavit Deus hominem ad imaginem suam.

神が作った総てのものを見ると、それは甚だよかった。- 創世記1:31 Viditque Deus cuncta, quae fecit, et ecce erant valde bona.

生めよ、増えよ、地に満てよ。- 創世記9:1 Crescite et multiplicamini et implete terram.

https://ja.wikiquote.org/wiki/%E8%81%96%E6%9B%B8



聖書によれば、神がこの天地を創造されるにあたって、最初に創造されたものは「光」でありました。

「神は言われた。『光あれ。』こうして光があった。
神は光を見て、良しとされた。神は光と闇を分けられた」(3節)。

神が最初に創造されたものは光であったということ。
このことには深い意味があると思います。

 この光というのは、どうも太陽や月のことではないようです。

太陽や月のことは、14節から19節までのところ、第4日目に造られることになっていますので、
この第一日目に創造された光というのは、そういう物理的なことではなく、

何かもっと根源的なことを指し示しているように思います。

神様がこの世界を始められるに当って、
最も大切なもの、世界を導くものとして、光を創造されたのです。

ですから、

これは私たちのこの世界、創られた世界の本質のようなものと言ってもいいのではないでしょうか。

それが光なのです。

 そして光を創造された後、それを見て「良し」とされました。

old.km-church.or.jp/preach/preach_050102.html



工事が入って中断してた、、、、


明け六つ

明け六つ明神

明けの明星

金星

ルシファー



「明六つ」は日の出より約35分前です。そして「暮六つ」は日没より約35分後です。

 従って、明るい星がいくつか見える頃、手の大筋が三つばかり見える頃が
「明六つ」「暮六つ」とされました。

 これを知ったのは、昨年のお題の参考図書「江戸の食文化」に
 江戸の朝は明け六つの鐘とともに始まる。
ふつう明け六つの鐘が鳴らされるのは、夜明けの約30分前。
つまり、江戸の朝はまだ暗いうちから始まることになる
 と書かれていたことです。


今回、参考にした「暦と時の事典」にも、同様に書かれていました。

時刻はより正しく35分前後と書かれていました。


ルシファー (Lucifer、ルキフェル、ルシフェルとも) は、

明けの明星を指すラテン語であり、光をもたらす者という意味をもつ悪魔・堕天使の名である。

キリスト教、特に西方教会(カトリック教会やプロテスタント)において、

堕天使の長であるサタンの別名であり、

魔王サタンの堕落前の天使としての呼称である



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


おやおや、、、

強烈に呼ぶその場所も

第六天魔王ってことね。。。。


あらよ~~~っと~~~~~~

どうりで呼ぶわけよおおおおおおおおおお




光格天皇

役行者


これほじくっていくと、

我が家の名前が出てきちゃうのよね、、、



コメント(0) 
共通テーマ:blog

消えた一族(264) フル [消えた一族]





2017-11-23 11:57:50
これほんとはちょっと前に書いたんだけど、途中でやめてたから、今少し更新した



ヤナギ 柳 新潟県、埼玉県、東京都。①事物。植物の柳から。鹿児島県の奄美群島の一字姓。鹿児島県大島郡徳之島町亀津に江戸時代にあった。鹿児島県南九州市知覧町厚地に江戸時代にあった門割制度の柳門から。埼玉県深谷市大谷では草分けと伝える。②三重県鈴鹿市柳町発祥。鎌倉時代から記録のある地名。③島根県鹿足郡津和野町柳村発祥。江戸時代から記録のある地名。④コリア系。コリア音は南でユ、北でリュ。⑤シナ系。シナ音はリウ。⑥鹿児島県南九州市川辺町本別府柳発祥。⑦合略。柳沢の略。群馬県太田市成塚町での伝承。推定では江戸時代。ヤナギサワ 柳沢参照。⑧宮城県では鎌倉時代に葛西氏に従って宮城県石巻市付近(旧:桃生郡)の柳の目に来住したと伝える。宮城県東松島市赤井の小字の柳ノ目が比定地。⑨事物。新潟県新潟市秋葉区大鹿にある浄土真宗の深行寺の僧侶による明治新姓。同寺の山号の法柳山から「柳」を使用。同寺は新潟県阿賀野市法柳(ホウヤギ)で創建したと伝える。法柳は鎌倉時代から記録のある地名。⑩アイヌ系。事物。北海道白糠郡白糠町では柳材で作った家に住んでいたことからと伝える。
ヤナギ 柳木 島根県、富山県、和歌山県。①柳姓あり。②コリア系。福岡県福岡市東区で1988年12月26日に帰化の記録あり。本姓は金。コン 金参照。



ヤナキを調べようと思ったけど


いきなり、、、





牛を拝む勿れ





訓読み1.なか-れ#12.な-し#2

音読み1.ブツ2.フツ3.モチ




フツ

フル


「フツ」は「フル(震)」と同義



物部は布留


大和国石上布留神社(現石上神宮)


物部=天理なのか、、、、、、

いや

それとも

天理が物部を封印しているのか、、、、



天理市もそうだけど


高知の物部村とか

あっち方面になかなか足が向かないのは

なんだかちょっと怖いのよね、、、



で、これまで調べていったとことか流れで呼ばれるよう行ったとこに

絶対天理教があるのよね

まさに行こうと思ってるところの入り口付近にね、、、、、、、


わたしには

”まるでイコールの顔しちゃってさ”って

いつもそう思うんだよね。。。


それから


石上って

いそのかみ

わたしにはこの文字ではない文字が浮かぶのよね


それについて検索していくと


結果的に

息長に通じていく感じ

オキナガ

オキ ナガ


オキ ナワ

でもいいわ


ナワもナガも結局は同じものを指してるんじゃない




夕べすごくやばい感じで寝て、案の定意味深な夢を見たけど

あまりにもいつも調べごとしてるのとおんなじごちゃごちゃな感じに陥ってる夢で

夢を見ている最中、おおっ!!って思ったけど

忘れちまったよ


ま、でも結果的に
何と何を繋いで調べていけばいいかはわかったわよ


でも今日は寝ないでペンキ塗りの日だから


もうすでに頭の中にある情報だけで考えて繋いでみるわ



なんかって言ったら

柳と石上が繋がっていくけど

結局最終、とりあえず阿部にいくんでしょ~~~~

なんとなくその感じも見えているわよ


もう~~~




コメント(0) 
共通テーマ:blog

消えた一族(263)武則天- The Empress-から~の [消えた一族]


depositphotos_35637657-stock-photo-dna-molecules-and-human.jpg

2017-11-22 16:33:12の記事
更新しました。






武則天- The Empress-

中国版大奥!美づくしのドロドロ時代劇ここに極まれり!!
https://www.cinematoday.jp/page/A0005234

 舞台となるのは栄華を極めた唐王朝ということで、
衣装に始まり、セットや装飾品など、隅から隅までゴージャスの極み。

中国時代劇史上歴代ナンバーワンと言われる総製作費は驚きの56億円! 

超大作映画だってここまで大金はかけない。

もはやテレビの域を超えるお金のかけっぷり。特にハデなのは、女性キャストの衣装。
宮廷を描いていることもあり、女性キャストが多いのだが、その誰もがきらびやかな衣装で登場する。
その数3,000組以上というケタ外れな数を誇る。
金銀財宝がギラギラし、色鮮やかで華やかな衣装ばかりなので、観る者を飽きさせることなく、
ファッションを見ているだけでも十分に楽しめる。
どんなに豪華で貴重な衣装でも、
基本的に同じ衣装は2度と登場しないので、一瞬たりとも見逃せない!

::::::::::::::::::::::::::::::::::

武 則天(ぶ そくてん)は、

中国史上唯一の女帝。

唐の高宗の皇后となり、後に唐に代わり武周朝を建てた。
諱は照(曌)。
日本では則天武后(そくてんぶこう)と呼ばれることが多いが、
この名称は彼女が自らの遺言により皇后の礼をもって埋葬された事実を重視した呼称である。
古来より「則天」と姓名をはっきりさせず呼ばれてきたが、
現在の中国では姓を冠して「武則天」と呼ぶことが一般的になっている[1][2]。




まったく違う訳。

いろいろなこと。


明日香



飛鳥

とかさ



飛鳥歴史的地名飛鳥 - 古代に大和国にあった地域。遠つ飛鳥、大和飛鳥。現在の奈良県明日香村周辺。 飛鳥京 - 上記にあった天皇の宮および関連施設が密集する区域の通称。

河内飛鳥 - 古代に河内国にあった地域。近つ飛鳥。大阪府羽曳野市東部・太子町周辺。
近現代の地名飛鳥 (青森市) - 青森県青森市の大字。
大向飛鳥 - 青森県三戸郡南部町の大字。
浄法寺町飛鳥 - 岩手県二戸市の大字。
飛鳥 (酒田市) - 山形県酒田市の大字。
飛鳥 (明日香村) - 奈良県明日香村の大字。
飛鳥 (羽曳野市) - 大阪府羽曳野市の地域。
飛鳥 (名取市) - 宮城県名取市高舘熊野堂の大字。
飛鳥町 - 三重県熊野市の大字。
飛鳥村 (奈良県) - 奈良県高市郡にあった村・地方公共団体。
飛鳥村 (三重県) - 三重県南牟婁郡にあった村・地方公共団体。
明日香明日香村 - 奈良県高市郡の村・地方公共団体。
安宿「あすかべ」とも読む。安宿郡(安宿部郡) - 河内国(大阪府)の郡。
豊栄町安宿 - 広島県東広島市の大字。
阿須賀阿須賀町 - 和歌山県新宮市の大字。
ASKAアスカ村 - スウェーデンのエステルイェトランド県の村(Aska härad)。
アスカ (オリッサ州) - インドのオリッサ州の地域。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%82%E3%81%99%E3%81%8B

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E5%B1%8B%E7%8E%8B


安宿部郡(あすかべぐん)は、大阪府(河内国)にあった郡。
古代には「飛鳥戸郡」や「飛鳥部郡」、中世以降は「安宿郡」や「安福郡」とも表記された。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E5%AE%BF%E9%83%A8%E9%83%A1



17くらいまで見た
ものすっごい連続モノなので、ギブアップした

しかも2話からは中国語のみで

音を聞いて
漢字を見て理解するしかない


でもずっと見てて思ったけど

このドラマの出演者の顔

日本の芸能人と同じだね

それから、やっぱこっち、関西に多い顔なんだろうなーーって思った

骨格とかもね~





天智天武もいつだったか調べてたけど
このあたりもぐちゃぐちゃ



天智天皇( てんじてんのう、推古天皇34年(626年)- 天智天皇10年12月3日(672年1月7日))は

第38代天皇(在位:天智天皇7年1月3日(668年2月20日) - 10年12月3日(672年1月7日))。

和風諡号は天命開別尊(あめみことひらかすわけのみこと / あまつみことさきわけのみこと)。

一般には中大兄皇子(なかのおおえのおうじ / なかのおおえのみこ)として知られる。

「大兄」とは、同母兄弟の中の長男に与えられた皇位継承資格を示す称号で、

「中大兄」は「二番目の大兄」を意味する語。

諱(実名)は葛城(かづらき/かつらぎ)。

漢風諡号である「天智天皇」は、代々の天皇の漢風諡号と同様に、奈良時代に淡海三船が

「殷最後の王である紂王の愛した天智玉」から名付けたと言われる

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E6%99%BA%E5%A4%A9%E7%9A%87



天武天皇(てんむてんのう、生年不明 - 朱鳥元年9月9日(686年10月1日))は、

7世紀後半の日本の天皇である。

在位は天武天皇2年2月27日(673年3月20日)から朱鳥元年9月9日(686年10月1日))。

『皇統譜』が定める代数では第40代になる。


舒明天皇と皇極天皇(斉明天皇)の子として生まれ

中大兄皇子にとっては両親を同じくする弟にあたる、とされる。

皇后の鸕野讃良皇女は後に持統天皇となった。

天智天皇の死後、

672年に壬申の乱で大友皇子(弘文天皇)を倒し、その翌年に即位した。

その治世は14年間、即位からは13年間にわたる。

飛鳥浄御原宮を造営し、

その治世は続く持統天皇の時代とあわせて天武・持統朝などの言葉で一括されることが多い。

日本の統治機構、宗教、歴史、文化の原型が作られた重要な時代だが、

持統天皇の統治は基本的に天武天皇の路線を引き継ぎ、完成させたもので、

その発意は多く天武天皇に帰される[1]。

文化的には白鳳文化の時代である。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E6%AD%A6%E5%A4%A9%E7%9A%87




引っ張りに引っ張りましたが


なんで今これ見てるかわかるかしら。。。。




血筋に時代が絡まってるでしょ

ひとつの視点じゃ見られないのよね、、、

複雑



dna-human-body.jpg



mysteryofdna4-thumb-315x315-59768.jpg



私がいつも調べ後としてて、螺旋階段という表現を使うけど

DNAの記憶を遡っていたからなのかしらね~~~~

交差するところが階段の踊り場なの。

そこが一番いろんな情報がばらばら落ちているところで

フリーズするのはいつもココについたとき

今もそんな感じ。。。

今はね、

ま、ちょっと受け入れがたいけど

まあ、、、そうだね、、そうだろうね、、、

だから私は近寄りたいと思わないんだろうな、、、と


それから、最近まさに

”はたさん” というすごくきれいな女の子とも知り合ったところ
まさに中国美女系だけど
この血筋のナカには白人の種類の地が入っているね。やはり。


私には白人系の地は一滴も入っていないって言ってもいいくらいかも

モンゴロイド、縄文、ポリネシア、アフリカ

あーーーやっぱナショジオのDNA検査したいわ~~~~~

絶対白人系は入っていないと思うわ


でも日本に住んでる人のDNA検査の主な10種類には入っていない

11種類目のOTHER


だからきっと、父方は

アフリカから種も残さず浮き船で海(あま)降った

(*連れてこられた)奴隷の子孫なんだろうね


で、さらに遡るとこれと↑

ノアの箱舟的な大洪水を生き抜いた一族

その場合はあちこちに多根を残さずダイレクトにココに流れ着いたのかもしれない

それとか、↑ 上の二つの運命はずっとずっと付きまとい

何かしらの災害や戦争のときに 

↑ 上の二つの記憶とともに

やっぱりどこかに種を残さずダイレクトに移住した一族

または一家族



ね、、、

今の私がここにいるように


私はこの土地に種を残していないし、残さないし、残せない

ただ、私がいたということだけ

そして親戚じゃないというけど

同じ名前がイミシンなところに点在しているのも

同じ運命で流されてる血筋。。。。


depositphotos_35637657-stock-photo-dna-molecules-and-human.jpg




それがアセンション大好き、ムー大好き、スピ系大好きな人のいう


 ”多次元同時存在の法則”


私はそこからはかなーーりひいて考えてるわ。





それより最近

”柳” がすごくアピールしてくるので

次の記事は”柳”調べにする

というのも


私、3つくらいの頃に好きな男の子が

ヤナキタケヒコ

まるで神話の神様の名前だわ

ヤナキノタケヒコノミコト





コメント(0) 
共通テーマ:blog

消えた一族(262)私のインスピレーション [消えた一族]




私のインスピレーションは抜群だと思うのよ

いや、、、


私のインスピレーションと一言で言ってはいけないな

まあ、、ほれ


神は己の中にあるって言うけど

それは本当だねといいたい

インスピレーションを引き出すときに

私はいつも大体

胸の真ん中を空にして

目線は左斜め上を見ながら

右目の奥を見る


息をしていない時もあるかも

そんなことを長時間続けてるから

そのうち体中にズムズムが走り出して

たぶんきっと若干能が酸欠になってるのかも、、、

そのうちすごい睡魔に襲われながらも



たとえば





ハッ!!!!

そうなの?

コトシロヌシって

アベなの?


阿部のコトシロヌシなの?


と、こんなかんじに気がつく

体内細胞トリップっていうかな


気分的に

小さい私になって、

自分の体に入り込み


DNAの螺旋と細胞のひだひだを掻き分けて


何か知っている人の細胞を探す


私の中には、

誰の中にも


人類誕生の源からの細胞が、

そしてその細胞の記憶が眠ってる

記憶装置なんだよね。


だから本当は全部知っているはずなの

だけど、都合よく書き換えられてしまったいろいろのせいで

私たちは私たちの本当の歴史を消されてきてしまっている

だけど

そのすべては

ほとんどすべては

この体の中に記憶として眠ってる


あんまり変に瞑想とかしない方がいい

結局何かを求めて、そういったスピ系の行動をとると

おかしなことになってしまうわけ。

私も少しだけそんな時期があった

あれは、あの時、これ以上やったらやばいなって思ってやめたの。


私いろんな本を読まないし

ネットで誰かが書いていることいっていることをそのまま鵜呑みにすることもしないし

どうせ鵜呑みにしないんだからと、まともに見ることもこの数年はしなくなった

基本、本とか動画とかも

誰かの都合のいいものだと思っているから

そのすべてを鵜呑みにしない


そういった意味で真実は決してひとつじゃないからね

100万人いれば100万の真実がある

もちろん100万に共通の真実もあるだろう

けど、それが必ずしもたった一つの真実ということではないし

たった一つの正義でもたった一つの悪でもない

100万いれば100万の正義と100万の悪がある

そして100万の人はそのどちらも知ってるし、

どちらの感情も意識も持ってる


おらとこ一番も

おらの説が正しいも

正しいかもしれないけど正しくない

正しくないけど、おまんには正しい

そういうこと。



海の中にいると

悪なんてものは

人間でしかないとさえ

思えるよ







わかる人だけわかればいいサイン

気づいた人だけ気づけばいいサイン


溢れているよね。


それをみんなに広めようとなんかしなくていいのよ

、、、と、私は思う。



声を大にしていわなくても

ひっそりとしていても

見つける人は見つける

気づく人は気づくわけで

誰からかまわず、腕をつかんでまで知らせようとする必要はない


そうなんだ、こんなんだと説得洗脳してまで知らせる必要はない


ただ

ひとつところにまとまりたい人は声を大にしてるところへ集まっていけばいい

その結果がどうなるかはわからないけど。







事代主(コトシロヌシ) 古代の神を祖(オヤ)とする いとおほらかなる系図を伝ふ (『倭をぐな』)



無題3.png



無題2.png




祖(オヤ)








今そのインスピレーションがまたとんでもなく働いていて

たぶんもうすぐ気絶モード。。


インスピレーションではじかれだしたモノたちが

アメーバ状に広がって結びついて一つになっていってる途中






アメノマンナカ

ミナカヌシ




double_a2febc.jpg





モーセ オオクニヌシ オオヒコ ミチギミ


 
モアブ人女性ルツはダビデの祖先であるとされ、

イエス・キリストの家系図へも登場する



MOAB
https://www.google.co.jp/search?lr=lang_ja&hl=ja&rlz=1I7MORJ_jaJP511&tbs=lr%3Alang_1ja&ei=nbETWt_rM8L00gTit7bACQ&q=MOAB%EF%BC%88%E9%9D%9E%E6%A0%B8%E6%9C%80%E5%BC%B7%E7%88%86%E5%BC%BE%EF%BC%89&oq=MOAB%EF%BC%88%E9%9D%9E%E6%A0%B8%E6%9C%80%E5%BC%B7%E7%88%86%E5%BC%BE%EF%BC%89&gs_l=psy-ab.3...12758.14335.0.15129.3.3.0.0.0.0.79.227.3.3.0....0...1c.1.64.psy-ab..0.0.0....0.s1T-fZN4MEE












役行者(えんのぎょうじゃ)の小角(おづぬ)には名の通りに角があったと云う。

海を割(さ)き、イスラエルの民(たみ)を率(ひき)いたとされるモーセ(モーゼ)にも角があったという説がある。

役行者

葛城

コトシロヌシ

賀茂氏

秦氏一族

阿部のコトシロヌシ




秦の始皇帝

モーセ

イン一族

無in題.png


モアブ

裳阿部



バラク (モアブ王)





移動先: 案内、 検索







バラクがバラムに使者を送る画
バラク
(英語など:Balak、ヘブライ語: בָּלָק‎ (baw-lawk')、古代ギリシア語: Βαλαάκ 、
「略奪者、彼は荒れ廃れさせた」の意)は、旧約聖書の登場人物。モアブ人の王。

旧約聖書によれば、
ツィポルの子でモアブの王(民数記 22:1、4)。
イスラエル人がエモリ人を打ち破り、イスラエルはモアブにとって脅威となった。
バラクはミデヤン人と結託し、イスラエル人を呪ってもらうためにユーフラテス川流域のペトルに住んでいる預言者バラムに使者を送った(民数記 22:4-7、24:10。ヨシュア記 24:9、10)。
バラムが一度バラクの要求に断ると、バラクはもう一度、最初より大勢の君たちを連れ、
より多くの報酬を約束して頼み込んだ(民数記 22:15-17)。

バラムが到着すると、バラクは直ちにアルノン川の岸辺まで迎えに行き、
すぐに来なかったことに対して文句を言った(民数記 22:36)。

バラクはイスラエルの宿営を一望できる三つの場所
(バモト・バアル、ピスガの頂、ペオルの頂)へバラムを連れて行くが、

三回ともバラムはイスラエル人を祝福したので、
バラクは憤った(民数記 22:39、23:14、23:28、24:10)。

新約聖書の『ヨハネの黙示録』によれば、バラクはバラムに教えられた謀略を用いてイスラエル人に偶像礼拝と淫行を犯させた(黙示録 2:14、民数記 25章、31:15、16)。





バモト・バアル
バモト・バアル. (Bamoth-baal)
[バアルの高き所].
モアブにあった町


バモト

(Bamoth)[高き所]

イスラエル国民がカナンの地に向かう途中で宿営した場所の一つ。(民 21:19,20)

バモトは,ナハリエルと

『ピスガの頭のところにあるモアブの野の谷』の間に名前を挙げられています。

恐らくバモト・バアルの短縮形と思われます

バモト

ハモト




父からの ロ イ


ロイだったんだ、、、


私が3つくらいの小さいときから


繰り返し見せたばらばらの映画

ばらばらだけどいつも順番は同じで

最後はクンタキンテのルーツだった



モーセの妻は黒人。

マタイの系図の特徴は女性たちへの言及です。

家制度・民族主義と性差別を前提にした男性中心の系図の中に例外的に4人の女性が記載されています。

カナン人タマル(マタ1:3)、

カナン人ラハブ・モアブ人ルツ(同1:5)、

ヘト人ウリヤの妻(同1:6)、

みな外国人女性である妻です。

イエスの母親マリアは、この4人の先輩たちの系譜を継ぐ者です(同1:16)。



って、、、ココへきて

もう何年も前に何回か見たことあるページのをおもいだした


そのことも過去記事には書いている

昔私マンドリルに似てるって言われたことが多々ある、、、、、、、

失礼よね、、、、


でも、まあ、化粧の色も同じ色あいっちゃー色合いだから、しょうがないけどもさ、、、

でも、私が猿顔系じゃなかったらいわれなかったと思うのよね

そのページに天理教のことが出てた、、、

https://www.google.co.jp/maps/place/%E3%80%92632-0014+%E5%A5%88%E8%89%AF%E7%9C%8C%E5%A4%A9%E7%90%86%E5%B8%82%E5%B8%83%E7%95%99%E7%94%BA/data=!4m2!3m1!1s0x600136993c3861eb:0xd1af1fad156dc6b?hl=ja&sa=X&ved=0ahUKEwiy5MK8gc_XAhVBS7wKHUcfAhUQ8gEIJTAA


奈良県天理市布留町384

フル

石上神宮
http://www.isonokami.jp/about/c2.html


いそのかみじんぐう

いその


ぷはあああああああああ。。。。。。


石上神宮 禁足地 出雲建雄神社 猿田彦神社

http://divinus-jp.com/archives/27567

P1010997.jpg




https://www.google.co.jp/maps/place/%E7%9F%B3%E4%B8%8A%E7%A5%9E%E5%AE%AE/@34.5653494,135.8984797,13z/data=!4m5!3m4!1s0x6001369c21dd83ab:0xb17ee3d081262f4c!8m2!3d34.598039!4d135.851938?hl=ja


布留川

フルカワ


どうりで、、古川君。。。。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

布留遺跡の存在は、

物部氏が縄文人の一族であったこと、

そして、天孫族と呼ばれる渡来人が日本に入ってくる以前に

この奈良の地に住み生活をしていた人々だったことを証明しています。

布留遺跡が、何等時間の断絶も無く延々と続いている複合遺跡であることが何よりの証拠です。

その後、渡来人が大和に入って来たことは間違いありません。

しかし、その時物部氏は争わず融合し暮らすようになったのだと考えます。

神武東征が物語る神話では、

物部氏の祖先は饒速日命(にぎはやひのみこと)となっており、

饒速日命が恭順を示すことで神武天皇として即位することになっています。

饒速日命は、神武天皇の前に天磐船(あめのいわふね)で大和入りをしたことになっています。

しかし、物部氏は天磐船でやってきた渡来人ではないと考えます。

神武東征が描いているのは、縄文人に対する弥生人の征圧です。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



だから、物部の先祖をニギハヤヒだって言うの取り払えばいいじゃない

トミノナガスネヒコが物部の先祖。

そこに創作した神武の先祖、同族のニギハヤヒをかぶせた。

そのナガスネヒコが阿部の祖


そのナガスネ阿部の流れにかぶさってきてる

安倍もいるわけよと私は見ているのよ

かぶさってきてる

アテルイとか奥州藤原氏とか義経のバックにいるのが阿部で

表にいるのは安倍とか安部とか

そういう感じ。

だから私は空海も嫌いだし安倍も嫌い




コメント(0) 
共通テーマ:blog

消えた一族(261)大彦つながりでククノチが出てきましたが、 [消えた一族]

大彦つながりでククノチが出てきましたが、

ククノチは前から出てはいたの

ククチ



キクチ

キクリ


そんでもってなぜか

ククチ

久久能智(ククノチ)



音でも

字でも


ヤマピーの顔が浮かぶんですよね

山下智久



山下

ヤマシタ

ヤマノフモト

ヤマモト

飛騨マンセーおじさんりゅうに言うと

山下は飛騨王朝の名前





“久久能智神”。。

(くくのちのかみ)

【別名】
句句廼馳神
(くくのちのかみ)

屋船久久廼遅命
(やふねのくくのちのみこと)

屋船神
(やふねのかみ)


……
伊邪那岐・伊邪那美二神より生れた
木の神。
風の神の次、山や野の神の前に生まれた神。

「久久」は“茎”のことで、
「智」は“男性”を表わす接尾語

“屋船久久廼遅命”は、
大殿祭祝詞に記された木の神。
家屋の守護神として、屋船豊受気姫命とともに信仰されている。

木の神である久久能智神と、
野の神である草野比売神を総称して
“屋船神”といい、御殿の神である。

木の神は、久久能智神の他に、
木俣神、大屋毘古神、五十猛神など。


●木の神のこと。
●対になっている神は無い。
●ククは「木々」のこととされる。
●サカキは常緑樹のこと。ククノチは木のすべて。


古事記でも日本書紀でも、イザナギとイザナミが生んだ神の1柱。

「木」の神格化で、ちなみに「草」は「カヤノヒメ」です。

カヤはススキのこと。

ククノチの「クク」は「木々」が転訛したものとも。

ところで吉備津彦神社(岡山市)の敷地内に


「坂樹神社」というのがあって、

その祭神が句々廼馳神(ククノチノカミ)なんですね。

坂樹というのは「境目の木」で、「榊」のことでもあります。

日本人は山に神がいると思っていました。

山は特別な領域であり、その境目に立っていたのが「サカキ」とされました。

これは冬になると里の植物がほとんど枯れてしまっているのに、

山を見ると常緑樹があって、青々としているところがあり、

それを見て、

「あぁ、あそこから神の領域だな」

と考えて、

それで「常緑樹」を「境目の木」で、「サカキ」となったわけです。

ククノチはおそらく、常緑樹だけでなく、すべての「木」を表しているのだと思います。

http://nihonsinwa.com/page/1863.html




久々智氏とは、

菊地氏のことで、

《和名抄に肥後国菊池郡を久久知と註す。菊地、木口もククチの転訛なり。




肥後及び摂津国河辺郡久々智は阿部族の久々智族居住地なり。

姓氏録・摂津条に「久々智、阿部朝臣同祖」と見ゆ。》

(『埼玉苗字辞典』)とあり、大彦命の後裔



草野比売神


はい。。。

ご一緒に、、、、





カーーーヤーーーーーノーーーーーー


一連のキーワードが全部出てきてるかんじ


山下

ヤマシタ

ヤマノフモト

ヤマモト

”八”マモト







そうらきた、、、
南房総白浜の山の方だ



安房国平群(へぐり)郡山下

(平群郡は古代の郡名。江戸時代は平郡=現在の館山市山下集落、南房総市山下)を発祥とする

山下氏の流れに、

滝沢馬琴の『南総里見八犬伝』に

山下定包(さだかね)という名前で登場する山下定兼がいた。

当時、群雄割拠の安房郡を領していたのが神余(かなまり)氏なのだが、

その神余景貞は家臣である山下定兼の謀叛にあい、神余氏は滅びる。

その後、神余氏の領地を奪った山下定兼は安房郡を山下郡と改めるほどの悪役ぶりだったので、

八犬伝の発端となる人物のキャラクターとしても最適だったのであろう。

千葉県館山市神余の神余小学校北東に神余氏や

山下氏の居城であった神余城跡(かなまりじょうせき)があり、

巴川の対岸、神余小学校のすぐ北西側には山下定兼の居館であった山下城の跡がある。

山下集会所の裏の尾根筋なので山下集会所を目印にアプローチを。

まさに山の下(ふもと)という感じだ。



神余(かなまり)

このあたりの神社にククノチがいるか調べるのだ



日吉神社にオオヤマクイ

四神

志那都比古神(シナツヒコ) - 風の神

久久能智神(ククノチ) - 木の神

大山津見神(オホヤマツミ・オオヤマツミ) - 山の神

鹿屋野比売神(カヤノヒメ・野椎神(ノヅチ)) - 野の神



比叡山の麓の日吉大社(滋賀県大津市)が大山咋神を祀る全国の日枝神社の総本社である。日吉大社には後に大物主神が勧請されており、大物主神を大比叡、大山咋神を小比叡と呼ぶ。山王は二神の総称である。大物主神は西本宮に、大山咋神は東本宮に祀られている。

そのほか、日枝神社(東京都千代田区)、松尾大社(京都市西京区)および全国の日枝神社、松尾神社で祀られている。伊勢神宮豊受大神宮(外宮)の摂社である山末神社は大山津姫命を祀るが、大山咋神が祭神だとする説もある[1]。
大山咋命 おおやまくいのみこと  http://www.kyototsuu.jp/Jinjya/MikotoOoyamakui.html
大山積神 おおやまつみのかみ 
大山津見神 おおやまつみのかみ http://www.kyototsuu.jp/Jinjya/MikotoOoyamatsumi.html
大山祇命 おおやまつみのみこと
和多志大神 わだしのおおかみ


http://www.kyototsuu.jp/Jinjya/Mikoto.html


飛騨
http://www.buccyake-kojiki.com/archives/1057562189.html




木の神として久久能智神「くくのちのかみ」が生まれます。
日本書紀では、木の神たちと複数形で、句句廼馳「くくのち」と記されています。



公智神社にあるとおり、久久能智神は、孝元天皇の皇子で四道将軍として北陸に派遣された大彦命に関係する方だと思われます。



「延喜式」の「祝詞」には屋船久久遅命「やふねくくのちのみこと」と記されているようですが、天日陰比咩神社のご祭神も「屋船久久能智命」とあり、大彦命が北陸に派遣された際に創建されたのかもしれません。



平安時代に作られた辞書「和名類聚抄」には、「肥後国菊池郡を久久知と註す。菊地、木口もククチの転訛なり。肥後及び摂津国河辺郡久々智は阿部族の久々智族居住地なり。」とあるようです。
大彦命の派遣に伴い、熊本県菊池市辺りの民族が北陸に派遣され、兵庫県尼崎市辺りにも移り住んだのではないかと思われます。
尼崎には久々智の他に熊本県菊池市の近くにある長洲「ながす」という地名と同名の地名もあります。
古事記の神武東征の段に、五瀬命を死なせた登美の那賀須泥毘古という人が登場しますが、その方と長洲が関係し、五瀬命と伊邪那美神が重なっていないでしょうか。



魏志倭人伝の狗奴国の官は「狗古智卑狗」となっていますが、この方が久久能智神その人かもしれません。
北陸遠征が無事終了して、木の神として、森林資源の豊富な木の国(紀国)をも司るようになった。
しかし、四道将軍や崇神天皇(伊邪那岐神)との間で勢力争いが発生し、その戦闘で伊邪那美神が亡くなり、倭国大乱に発展し、邪馬台国と狗奴国との抗争が続くことになったとは考えられないでしょうか。



久久能智神を祀った神社は、兵庫県、石川県を中心に広がっていますが、
北部九州や宮崎辺りには見当たりませんでした。
やはり、伊邪那岐神と伊邪那美神の神生みの過程で本州を旅する中で登場される神だと言えそうです。

blogs.yahoo.co.jp/yamatai_michi/63967430.html




うーーーーん、、、ちょっと迷子になってきた気分、、


中断します。

山P休憩






よっしゃーーー


古事記』孝元天皇

大倭根子日子国玖琉命(オホヤマトネコヒコクニクル=孝元天皇)は、

穂積の臣等の祖先、内色許男(ウツシコオ) 命の妹の内色許売(ウツシコメ) 命を娶り、最初に大毘古(オホビコ) 命。

次に少名日子建猪心(スクナヒコタケイゴコロ) 命。

次に若倭根子日子大毘々(ワカヤマトネコヒコオホビビ=開化天皇) 命を生んだ。

また、内色許男命の娘の伊迦賀色許売(イカガシコメ) 命を娶り、生んだ子は

比古布都押之信(ヒコフツオシノマコト) 命。

また、河内の青玉(アオタマ)の娘、名前は波邇夜須毘売(ハニヤスビメ) を娶り、生んだ子は

建波邇夜須毘古(タケハニヤスビコ) 命。

天皇の子は合わせて五柱。

若倭根子日子大毘々の命が天下を治めた。



大毘古命の子の建沼河別命(タケヌナカハワケ)は阿倍の臣等の祖。

次の比古伊那許士別命(ヒコイナコシワケ)は膳の臣の祖である。



また、木の国の造の祖先、宇豆比古(ウヅヒコ)の妹・山下影日売(ヤマシタカゲヒメ)を娶り、 生んだ子は 建内宿禰(タケウチノスクネ) 。 宿禰の子は合わせて九人(男七人、女二人)。


よっしゃーっと思ったけど、まためんどくさいとこに行きそうなので

もう今日はやめとこ



公智神社(くちじんじゃ、又はこうちじんじゃ)
兵庫県西宮市山口町下山口3-14-30

健速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)
久久能智神(くくのちのかみ)
奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)

略由緒

 当社は延喜式内社にして御祭神は木の祖神「久久能智神」です。

創立年月日は不詳ながら、

孝元天皇の皇子大彦命の後裔久々智民族が

山口荘内の最も適当な丘を選び氏神として奉祀したのが始まりとされています。



コメント(0) 
共通テーマ:blog

消えた一族(260)旧称は阿部神社、えええーーー和泊、知名 [消えた一族]

広島県[右斜め上]備後護国神社〓
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%82%99%E5%BE%8C%E8%AD%B7%E5%9B%BD%E7%A5%9E%E7%A4%BE

創建明治元年。

主祭神は備後国出身の護国の英霊及び
大彦命・武沼河別命・豊幹別命、
歴代備後福山藩主。

護国神社には珍しい階段を上がるタイプ?と思っていたら合祀の歴史的経緯あり。

旧称は阿部神社。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



って、いうかえええーーーーーーーーー

忙しかったからツイッターも見てなくて知らなかったよ




和泊町「西郷どん」プロモーション実行委員‏ @segodonwadomari · 11月17日

昨日、沖永良部島に、天皇皇后両陛下がご来島されました!

沿道には7000人を超える島民の皆様が笑顔の花でお出迎えしておりました!

星の数ほどある市町村のなかから、


沖永良部島和泊町、知名町


を選んでいただき、心から感謝しております!!

https://anonymous-post.com/archives/16034



ええええええええええーーーーーーー、、、、


和泊町、知名町



「奄美群島日本復帰50周年記念式典」に出席された03年以来、14年ぶり。

両島は今回が初めて。

https://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E5%A4%A9%E7%9A%87%E3%80%81%E7%9A%87%E5%90%8E%E4%B8%A1%E9%99%9B%E4%B8%8B%E3%80%80%E5%88%9D%E3%81%AE%E5%BE%A1%E8%A8%AA%E5%95%8F%E3%81%AB%E6%84%9F%E6%BF%80%EF%BC%8F%E6%B2%96%E6%B0%B8%E8%89%AF%E9%83%A8%E5%B3%B6&lr=lang_ja&rlz=1I7MORJ_jaJP511&gws_rd=ssl



えええええええええーーーーーーー

ええええええええええええええええええええええええ

なになになになになになに、、、、


だからどっちにもいるって、、、、、、

このマガタマの島のその二つの地名のどちらにもいるって。。。。




なんなんだ、、、




天皇陛下が鹿児島県最南端の与論島や沖永良部島に訪問したのって沖縄が独立しちゃったら
そこが日本の最南端になっちゃうから未来の境界線を訪問しちゃってたのか、
それともこれも呪詛なのかとか思う


ツイッターのハッシュタグ、タイムラインに出てたツイート



秘境・沖永良部島!!世の主伝説!!自決して島を守った王様の物語。
http://ritou-navi.com/2015/07/29/yononushi-2/


マガタマの島は、

いわゆる日本の全ての神々が

みんなまとまっていた場所という説もあるところなんですよ

オキノエラブはですね。。。

それも過去記事にリンクとともに書いたり貼ったりしています。。。。。

そこにやってきたということがどういうことなのか

私にはまだわかりませんが、、、

っていうか



天皇陛下が鹿児島県最南端の与論島や沖永良部島に訪問したのって沖縄が独立しちゃったら
そこが日本の最南端になっちゃうから未来の境界線を訪問しちゃってたのか、
それともこれも呪詛なのかとか思う


ツイッターのハッシュタグ、タイムラインに出てたツイート


呪詛って言うのがいまいちわかんないけど

私は


この時に示したのかしらとは思う。。。。

だって、大体ほとんどの人が

もともと日本のすべての、

いわゆる ”神々” が

みんないたところだなんて思ってないでしょ


私のブログ見てたらわかると思うんだけど

神様を探してるんじゃなくて

その神様の名前で呼ばれた、実際の人を探してる

私はいわゆる神社に書いてある神様の名前って言うのは

誰かの個人の名前だったり

もしくわ、自然の力の現われだったりだと思っている

それを

”神様”としたっていうだけで

スピ系とか巫女系とか霊媒系の人が言うような

神様じゃないと思っているの

”神様”ってしといたほうが

大金儲けができるでしょ

そういう人たちに都合がいいから

”神様”としたの

イエスキリストだって山本太郎と変わんない使命と勘違いして

それに突き動かされた一人の普通の人間なの

そんな人物が現れれば、一般庶民はいっせいにその人を持ち上げていくでしょ

持ち上げるだけ持ち上げられたその人はますます使命を感じてしまうわけ

自分がやらなければ、、、

自分が助けなければ

私が救わなければ!!!ってね。。。

で、いざ、その人物の立場が悪くなれば

一般市民たちは目を反らす

知らないという

俺たちはべつに、、そんな、、、という。。。

一瞬で手のひらを返す

そうなったらもう手遅れ。


命を捧げたって何も変わらない

何も変わらないから

変わらなかったから

今のこの世の中がある

この沖永良部の世の主の話だって同じじゃないか?
http://ritou-navi.com/2015/07/29/yononushi-2/


誰かを祭り上げるんじゃなくて

誰かのせいにするんじゃなくて

本当は一人ひとりが自分のみは自分で守れるような判断をきちんと取る事ができる、

群れの中にいても独立した思考をもたなくてはいけないんじゃないかと思うの

群れの思考に流されるのはいい結果ばかり生むわけじゃない

イエスの話とか

モーセの話とか

そういうの教訓にしなくちゃいけないと思うのよね

一人ひとりが

自分の足で立って

自分の頭で考える


リーダーがそういったから

みんながそういったから

テレビがそういったから

雑誌や新聞がそういったから

お偉い学者先生がそういったから

なんでもなんでも自分以外のせいにしがちでしょ

群れ意識って怖いわよ

村八分とかもその類よ



オキノヱラブ

世之主(真松千代)は西暦1400年ころ、沖永良部島を統治していた島主である。

真松千代の母は美しい沖永良部の娘。琉球が北山、中山、南山と別れていた時代に
北山に働きに行ったとき、北山王に気に入られ、妾となり子供を身ごもってしまった。

母は沖永良部へ帰り、真松千代を生む。真松千代が17歳になったとき、
北山王に会いに行き、子供として認められ、沖永良部島の世之主となった。

世之主のまつりごとは、優秀な四天王と呼ばれる家来もあり、民衆に慕われる立派なものだった。
世之主は中山王の姫を奥方(真照間慕之前)をもらい、嫡子を1人もうけた。

しかし、琉球の北山、中山、南山の戦いが激しくなり、中山は南山を陥れ、北山も滅ぼした。
中山は世之主の奥方が中山王の姫であるため、沖永良部島へ和睦の船を差し出したが、
世之主はこれを軍船と勘違いし、大国には勝てないと判断し、自害してしまった。

世之主の墓には、中央に世之主と、殉死した奥方、嫡子の3名が、四隅には殉死した家来
四天王の4名(後蘭孫八、屋者真三郎、西目国内兵衛、国頭弥太郎)が眠る。

世之主の墓の近くには、世之主をまつる世之主神社があり、知名町住吉には四天王を祭る四並蔵神社がある。

岩壁を掘りこんだトゥール墓で歴史上貴重な文化財で県指定文化財となっています
http://longlivenama.blog8.fc2.com/blog-entry-1507.html



1400年ごろというと

応永(おうえい、旧字体:應永)は、日本の元号の1つ。明徳の後、正長の前。

1394年から1427年までの期間を指す。

この時代の天皇は後小松天皇、称光天皇。

室町幕府将軍は足利義満、足利義持、足利義量。日本の元号の中では、
昭和、明治に次いで3番目の長さ(35年)であり、
一世一元の制導入以前では最長である。

また、応永10年から22年までの約10年間は戦乱などが途絶え「応永の平和」と言われる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%9C%E6%B0%B8

いったんUP...



神々

別天津神
天之御中主神 -高御産巣日神 -神産巣日神 -宇摩志阿斯詞備比古遲神 -天之常立神

神世七代
国之常立神 -国狭槌尊 -豊雲野神 -宇比地邇神・須比智邇神 -角杙神・活杙神 -
意富斗能地神・大斗乃辨神 -於母蛇流神・阿夜詞志古泥神 -伊邪那岐神 -伊邪那美神

神産み
蛭子神 -淡島神 -大事忍男神 -家宅六神 -大綿津見神 -速秋津日子神・速秋津比売神 -
志那都比古神 -久久能智神 -大山津見神 -鹿屋野比売神 -鳥之石楠船神(天鳥船) -
大宜都比売神 -火之迦具土神 -金山彦神 -波邇夜須毘古神 -彌都波能売神 -
和久産巣日神 -泣沢女神 -石折神・根折神 -石筒之男神 -甕速日神 -
建御雷之男神 -闇淤加美神・高淤加美神 -闇御津羽神 -八十禍津日神・大禍津日神 -
神直毘神・大直毘神 -伊豆能売 -住吉三神

三貴子
天照大御神 -月読命 -須佐之男命

岩戸隠れ
思金神 -伊斯許理度売命 -玉祖命 -天児屋命 -布刀玉命 -天宇受賣命 -天手力男神

その後
大国主 -天之忍穂耳命 -邇邇芸命 -木花之佐久夜毘売 -火遠理命 -豊玉姫神 -鵜葺草葺不合命

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%AC%E3%83%A4%E3%83%95%E3%82%AD%E3%82%A2%E3%82%A8%E3%82%BA



日本の神の一覧
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E7%A5%9E%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7





ということはですね

沖永良部にいたのは


(別天津神)
(天之御中主神 -高御産巣日神 -神産巣日神 -宇摩志阿斯詞備比古遲神 -天之常立神)

神世七代 国之常立神 -国狭槌尊 -豊雲野神 -宇比地邇神・須比智邇神 -角杙神・活杙神 - 意富斗能地神・大斗乃辨神 -於母蛇流神・阿夜詞志古泥神

神世7代辺りの人たちだったのではないかと思うのですね、、、、


が、しかし


はははははは


わかるわけないっつーはなし。



個人個人に名前がついたのはもっと新しい時代でしょ

名前の由来でもある程度辿れるけど

神世の時代の個人か、一族かを

特定する音があったのか、、、、




コメント(0) 
共通テーマ:blog

消えた一族(259)阿部・大久保・朝比奈2 [消えた一族]






しきりなおして

今度は

オオクボマツエからみてみようか?



こういう感じで、あちこちにコラボがいる



”阿倍” 正之(あべ まさゆき、天正12年(1584年) - 慶安4年3月12日(1651年5月1日))は、

安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将、江戸幕府旗本。


”阿部”忠政の三男。通称は四郎五郎、四郎右衛門。

生涯

天正12年(1584年)、

”阿部”忠政の三男として三河国に生まれる。

母は”阿倍”定次の娘。

徳川秀忠・家光父子に仕え、書院番からのち使番、目付となり、大坂の役にも従軍した。

元和元年(1615年)2月

”朝比奈”正重とともに肥後国熊本藩(加藤忠広領)へ監使に赴き、

重臣の加藤美作が大坂方に内通する旨を察知しこれを未然に阻止した。

元和2年(1616年)松平忠輝改易の折りにも監使として越後国高田に赴いた。

元和4年(1618年)には江戸の道路を巡見、水道を管掌した。

元和5年(1619年)”大久保”忠成とともに肥後国椎葉山騒動を鎮圧した。

元和6年(1620年)から元和8年(1622年)まで江戸城の石垣普請を奉行を務めた。

また、神田川の治水事業に際し、柳原堤を築く工事を担当した。

元和9年(1623年)には越前国松平忠直改易後の国務の任を受く。

寛永2年(1625年)江戸において旗本以下諸士の屋敷割りを実施した。

同年9月常陸国信太郡、上総国埴生郡、夷隅郡内において2050余石を知行の旨の朱印を賜る。

寛永10年武蔵国埼玉郡で500石加増される。

慶安2年(1649年)から慶安3年(1650年)には、

地震で損壊した日光東照宮の石垣の修復に当たった。

慶安4年(1651年)に68歳で死去した。

妻は山田常閑の娘。

子に
”阿倍”政継
”大久保”正朝
”阿倍”正義
”大久保”忠隆
”阿倍”正重
娘(久貝正世妻)
娘(近藤用行妻)
娘(根来盛次妻)
がいる。



https://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E6%9C%9D%E6%AF%94%E5%A5%88%E6%AD%A3%E9%87%8D&lr=lang_ja&rlz=1I7MORJ_jaJP511&gws_rd=ssl



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ココへつながってくんだけどね

ばらばらではすでにほとんど過去に書いているのよ

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::









阿部・大久保・朝比奈
http://escapejama.blog.so-net.ne.jp/2017-11-18-4


国境なき歌を歌うアジアの歌姫
http://escapejama.blog.so-net.ne.jp/2017-11-17-6


一人葛城の山の中で
http://escapejama.blog.so-net.ne.jp/2017-11-17-4


みな、その姫を求めたの
http://escapejama.blog.so-net.ne.jp/2017-11-17-7

ZEN
http://escapejama.blog.so-net.ne.jp/2017-02-21-2

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



阿部から阿倍になって大久保になっていったのね、、、、、

消えていったのよね。

この場合。。。。


こうやって消えていった阿部はたくさんいるんだろう

もちろん阿部だけじゃないとは思うけど

ここでは阿部・大久保・朝比奈を。


ええ。。。

我が家だってそういったらそうよ

私の今の名字は父方のおじいちゃんの名だけど

そのおじいちゃんは父の本当の父親じゃないからね

私の父親の母方の名前を消した

消えてしまった

同じように父の母親の家もそのようにして名前を変えて行ったかもしれない

”本家は中村だ”


誰の本家だか知らないけどね


いやだ、、、

まるで背乗りみたいじゃない、、、、、


いや、、違うと思うけどさ、、、、、





「バス停の名前は『大久保池跡』となっていますが、

池の名前は大久保池ではなく『久保池』が本当です」と茅野さん。

実は、現地にあった池の名前は「久保池」が正式らしい。

現在の大久保は、もとは久保村と呼ばれていた。1927(昭和2)年に横浜市に編入する際、

当時の中区に久保町があったため、

そこと区別するために「大」の字を付けて大久保となったのだという。


「久保池は、江戸時代、この周辺にきれいな水が湧いていたので、それを利用して田んぼに水を引くために作られた溜め池でした。現在の上大岡駅の周辺は、開発されるまでは田んぼだったんです」
 

http://hamarepo.com/story.php?story_id=2012



そうなのよね~~~

私、ずっと住んでたところが上大岡と磯子駅の真ん中部分

この大久保あたりも休みの日はお買い物と日焼けサロンでうろうろしていたところ

だけど、地名なんて当時は気にしてもいなかったからつい最近知ったのよね、、、


まあ、、、、ココも呼ばれた土地だった可能性はだいなのよね、、、


地名 大久保町
https://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E5%A4%A7%E4%B9%85%E4%BF%9D%E3%80%80%E5%9C%B0%E5%90%8D&lr=lang_ja&rlz=1I7MORJ_jaJP511&gws_rd=ssl

大久保
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E4%B9%85%E4%BF%9D



 昭和50年の住居表示施行にともない大久保町、上大岡町、最戸町の各一部から新設された町です。昭和44年10月1日の行政区再編成に伴い、(旧)南区から編入されました。

古くは久良岐郡(くらきぐん)久保村といい、明治22年の市町村制施行の際、大岡川村大字久保となり、昭和2年、横浜市に編入して大久保町となりました。

町名は、すでに横浜市内に久保町があったため、「大」の字をかぶせて「大久保町」と名付けられました。


 柳田國男は『地名の研究』の「地名考説」に「クボは地形上より見ればホドとよく類似しているけれども、形容詞としてクボイ、動詞としてクボムとも働く詞(ことば)であって、現代語からもその意味を解説することができる。」と述べています。
 二丁目に青木神社があります。




ココで、またちょっとそれてしまうかな、、、


青木神社の久々知の神から
http://www.city.yokohama.lg.jp/konan/furusato/fdk/fdk-21.html

久久能智⇒久久遅(くくのち)命は木神。

出雲神イソタケルも木神。

久久遅=イソタケルか。

久久能智(久久遅)は能登二宮の天日陰比咩神社(石川県鹿島郡中能登町)祭神。

「鹿島」は出雲の地名。社家は船木氏。船木氏は三輪氏同族。

出雲の「鹿島」の神=佐太大神は、加賀の潜戸(くぐ・り・ど)で生まれた。

加賀一の宮白山比咩神社の祭神は菊理(くく・り)姫

出雲が大和朝廷の権力を握り、その支配地を広げていく過程で出雲神を祀る神社を建てた。

その時、色々な神名を創った

出雲の加賀の潜戸(くけど・くぐりど)で生まれた佐太大神(松江市鹿島町)を、

丹後では佐手依姫(さてより)

加賀では菊理姫(くくり)

能登では久久能智

壱岐では天手長比女(たなが)

伏見では田中大神

対馬では狭手依姫と名付けた

丹後の佐手依姫(火明命の妻)は、

佐依姫(市杵嶋姫=壱岐島姫)

または玉依姫となった。


佐太大神(鹿島)⇒天手長比女(壱岐)=タクハタ姫=多久の機姫=多伎都比古⇒建御雷(鹿島)

=出雲氏族三輪氏の祖=春日(か須賀)大社祭神



クグノチとは古事記にもその記載があるという 木の神


木 神





本家は中村だと書いたわよね

横浜の中村町もジミーにメジャーだと思うのよ

それも過去記事に載せてる

もう一つの横浜ドヤ街「中村町」 (2) 簡易宿泊所
http://tokyodeep.info/post_698/


近くには地名で ”山谷” サンヤがある。


私が始めて横浜に引っ越したときに3ヶ月この場所に居候させてもらって、部屋探しをして

その後上大岡に引っ越したのだけど

大きな道路はさんだ向こうが中村町ということもドヤ街だということもしらなかったよ

Ige1.jpg



私立探偵 濱マイク



https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%81%E7%AB%8B%E6%8E%A2%E5%81%B5_%E6%BF%B1%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%AF


中村稲荷

当稲荷山稲荷神社は

正一位伏見大明神と乙女大明神、秋元大明神、三大稲荷大明神を祀り、

其の歴史は古く横浜開港以前より稲荷山の山頂に祭祀され、

多くの市民の守護神として信仰厚く、

昭和弐拾年五月廿九日、横浜大空襲の災害に一端焼失したが、

故榎本幸太郎氏ほか中村四丁目有志多数の努力により現有地に安置す。

此之度茲に中村町四丁目稲荷講結成参拾年にあたり、之を記念し町内安全を祈願しつつ建立する。






寄り道。

いったんUP


濱マイク
リアルタイムで見てたけど、これははじめてみた

メリーさん『役』まで出てるし、、、

一番面白い回かもしれない


白い男とか、、、

川の掟とか、、、


やば



これは映画版だったみたいね


私もメリーさんは何度も見かけてる

メリーさんがまっ白なら、私はまっ黒だったから

にこっと微笑みかけてくれたよ。


横浜、、、、懐かしいな。。。






ついでにもう一本





寄り道しまくりだな


見た感想として



まったく関係ないともいえない2作


今も昔もやってることは同じ、、、、



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
久久能智神
くくのちのかみ

別名
句句廼馳神:くくのちのかみ
屋船久久廼遅命:やふねのくくのちのみこと
屋船神:やふねのかみ
……

伊邪那岐・伊邪那美二神より生れた木の神。風の神の次、山や野の神の前に生まれた神。


久久は茎のことで、智は男性を表わす接尾語


屋船久久廼遅命は、大殿祭祝詞に記された木の神。
家屋の守護神として、屋船豊受気姫命とともに信仰されている。


木の神である久久能智神と、野の神である草野比売神を総称して屋船神といい、御殿の神である。


木の神は、久久能智神の他に、木俣神、大屋毘古神、五十猛神など。



行ってるじゃない私。。。。


飛鳥坐神社 境内 飛鳥山口神社
奈良県高市郡明日香村大字飛鳥字神奈備708



木の神

木 神


久久は茎のことで、智は男性を表わす接尾語


ちんこ神でもあるのね、、、、、、

飛鳥坐神社 はちんこ石だらけ。



ここじゃないけど、

ある時揺れた場所が気になったから地図でズームしていくと


そこにあったのは


ちんこで、ひっくりかえったわ!!!

もうすごいウケたんですけど

写真がどこかにあるはずよ、、、

それ探してUPして寝よ、、

確かその神社かその地域が

あべのさだとうの関係があったはず、、、



もう一箇所

吉備津彦神社 境内 坂樹神社
岡山県岡山市北区一宮1043



木 神


写真を探したいんだけど、またソネットがおかしい、、

写真ファイルを開いていくと半フリーズみたいになってしまう

なので過去記事を探した。

消えた一族(210)たぶん一族からのお呼び
http://escapejama.blog.so-net.ne.jp/2017-02-19

写真
http://escapejama.blog.so-net.ne.jp/upload/detail/m_Imssage1-7d1de.jpg.html

Imssage1.jpg

CHIDUJ9UAAAarrY.jpg

CHIDWvFUkAEfHid.jpg

CHIDROWU0AAAHnb.jpg

o0800060013572589513.jpg








worldheritage220_2_20121004120602.jpg


pickup03.jpg


Wassu_Stone_Cirles_shaunamullally_01.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:blog

消えた一族(258)阿部・大久保・朝比奈 [消えた一族]

無題2.png


無題3.png


13245367_1722247718054133_5032237863601071695_n.jpg


1482885470.jpg


今回、はじめてではないけど

これまでぼかしながら書いたり、リンクしたりしてきた

阿部のことを

ちょっとだけまとめてUPしてみようと思う


まとめてっていうのは

わかりやすくまとめてっていうわけじゃない


ランダムに頭ぐるぐるするように

頭ぐるぐるしたまんま

ほぼ無意識に近い状態で

ザクザク出てくる

阿部を


そのまんま。



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::

阿部さんのルーツは奈良県桜井市

現在、アベ姓は、阿部さんが20万人、

安部さんが5万人、

安倍さんが8000人といわれている。


この阿部姓は東北に多く、

宮城で大姓5位、山形6位、岩手8位、秋田と福島で11位、
他に徳島も大姓11位となっている。

ではルーツは東北かといえば、

話はそんなに単純ではない。

阿部、阿倍、安部、安倍などの阿部一族は、

孝元天皇の皇子・大彦命(おおひこのみこと)の子孫と伝えられる豪族。

阿部姓の発祥は、安倍文殊院で知られる大和国十市(といち)郡阿倍が有力だが、

大和国葛下(かつらぎしも)郡阿倍や、

穴石神社のある伊賀国阿拝郡、攝津国東成(ひがしなり)郡阿倍野など様々な説がある。

また、「アベ」の語源は饗(あへ)で、神をもてなす「饗へ」からきているという。

では、阿部氏のルーツを訪ねる旅に出掛けよう。


最初に訪れるのは古代阿倍氏の一大本拠地であった、


大和国十市郡阿倍(桜井市阿部)であろうか。





安倍文殊院近くにある若桜神社(奈良県桜井市谷)と、

その摂社である高屋安倍神社の参拝からルーツの旅を始めよう。

若桜神社の祭神は、

大彦命の孫の伊波我加利命(いわかむつかりのみこと=磐鹿六雁命)であり、

一方、大彦命が祭神である高屋安倍神社は阿部一族の氏神となっている。

若桜神社境内にある高屋安倍神社は、

本来の鎮座地は南にある松本山だったが山崩れが起きたため、

若桜神社境内に遷座したと伝えられる。

大化改新当時から阿部一族の聖地となっている。



阿部一族であれば、
さらに、阿倍倉梯麻呂(くらはしまろ=内麻呂)が創始した安倍文殊院にも当然参拝したいし、

南西方向にある明日香村のキトラ古墳は、

倉梯麻呂の子の一人阿倍御主人(あべのみうし)の墓だともいわれている。

阿倍御主人とは、『竹取物語』に、かぐや姫の求婚者の一人として実名で登場している。

因みに、御主人がかぐや姫に要求されたのは「火鼠の皮衣」だったが。


ルーツを訪ねる旅も

キトラ古墳まで行き着くのはさすがに古代豪族ルーツの阿部さんだ。



さて、大和時代の阿部氏の歴史を振り返れば、

阿倍倉梯麻呂はその女(むすめ)を中大兄皇子(天智天皇)と軽皇子(孝徳天皇)に嫁がせ、

大化改新(大化元年=645年)で左大臣となる。

やがて、孝徳天皇と内麻呂の女との間に悲劇の主人公・

有間皇子(ありまのみこ)が生まれるのであった。


一方、一族の阿倍比羅夫は

斉明天皇4年(658年)、水軍180艘を率いて蝦夷を討ったことで名をあげた。

スキーで有名な北海道ニセコに比羅夫(倶知安町)という地名があるが、

ここは阿倍比羅夫ゆかりの地ともいえる。

養老元年(717年)には、阿倍仲麻呂が遣唐留学生として唐に渡り、玄宗に仕えてその地で没した。

平安時代中期には、有名な安倍晴明(あべのせいめい)が陰陽家として活躍、

以後、天文・陰陽両道で朝廷に仕え、土御門(つちみかど)を家号とした。

また、前九年の役・後三年の役には安倍貞任・宗任がいて、

南北朝時代には後醍醐天皇の皇子宗良(むねなが)親王を擁して戦った

諏訪神社の神家(じんけ)一党の中にも安倍氏がいた。



古代から中世には大活躍の阿部一族だ。



(*相変わらずどの人が書くの感じにまったくこだわりがない)




では、大名の阿部氏に話を移そう。

古代大和飛鳥地方で栄えた阿部氏の子孫が、三河に土着し、

阿部忠正のとき額田郡(ぬかたぐん=矢作川の東岸で徳川家康の出身地)の桑子・小針に城を築いた。

忠正の子正宣は松平清康、広忠の2代に仕え、

その子・阿部正勝は、徳川家康に仕え大名・阿部氏の初代となった。

老中となった3代・阿部重次は徳川家光の死に際して殉死し、

5代・阿部正邦のとき備後福山藩(現在の広島県福山市)に10万石で封ぜられる。

11代・阿部正弘は27歳で老中首座に就く。

また、分家の大名としては、白河藩(福島県)・阿部家や佐貫藩(千葉県)・阿部氏がいる。

この阿部家の家紋は有名な「阿部鷹の羽」と呼ばれるものだが、

本家と分家の違いなどから、羽の重なりの上下が違ったり、

渦や斑紋が付いたり付かなかったりしている。


阿部さんで、

家紋が「阿部鷹の羽」ならこの微妙な違いからルーツを探ることもできるはずだ。



大阪の阿部さんは阿倍王子神社へ!

阿部氏に関連した神社は、

前出の高屋安倍神社の他に、大阪市阿倍野区の阿倍王子神社がルーツとしては重要だろう。

阿倍王子神社は、仁徳天皇の創建と伝わる阿部一族のルーツらしい古社。

大阪の阿倍野は古代の豪族・阿部氏が住んだ土地で、

奈良時代には氏寺の阿部寺もあったという。




福島県大沼郡会津高田町の伊佐須美神社は、会津の地名のルーツにもなっている古社。

四道将軍の父子がそれぞれの道をたどり、

東北を平定した後、この地で出会ったことから「会津」という地名が起こったのだという。


平安期の陸奥の豪族・安倍氏は、四道将軍の父子の末裔という。


三重県伊賀市の敢国神社は、伊賀国一之宮でもある古社。

敢国と書いて「あえくに」と読む。

阿拝郡に居住した、阿閉氏が祀ったと推測されている。


京都市上京区堀川通一条上ル晴明町の晴明神社は、
安倍晴明ゆかりの古社だし広島県福山市丸之内の阿部神社(現在は護国神社となっている)も

阿部さんのルーツの一つだ。

阿部一族ゆかりの城郭としては、

愛知県岡崎市小針町の小針城跡がその筆頭。

阿部忠正の居城だが遺構はなく、願照寺(岡崎市舳越町本郷32) に墓所がある。

このほか、広島県福山市丸之内の備後福山城、福島県白河市の白河小峰城、

映画『のぼうの城』で注目された埼玉県行田市の忍城(おしじょう)など。

水攻めで有名な忍城は、

1639(寛永16)年に老中・阿部忠秋が入城し、近世城郭を整備している。

代表家紋は、違い鷹の羽。

他に、梶の葉、阿部銭〈六連銭〉、三両引など。

大名家の替紋は福山阿部家と佐貫阿部家が黒餅(こくもち)で、

白河阿部家が輪紋を用いている。

日の丸は阿部家の替紋の黒餅から出たのかもしれない。

https://tabi-mag.jp/abe/


http://www.genbu.net/data/yamato/wakasakura2_title.htm


式内社 大和國城上郡 若櫻神社
旧村社

御祭神
伊波我加利命

境内 式内社
大和國城上郡 高屋安倍神社三座 並名神大 月次新嘗
境内摂社高屋安倍神社
屋主彦太思心命 大彦命 産屋主思命
あるいは、安倍氏祖神 『神祇志料』
あるいは、建沼別命 高橋丸 兄姫 大和国陳迹名鑑図』
あるいは、孝元天皇皇子大彦命後裔 倉橋麻呂 一名内麻呂 号高屋明神 『土御門家譜』



桜井駅の南。
谷の丘の上にある。
拝殿の瓦には菊水の紋があるが、本殿には櫻紋。

瑞垣内に2つの祠。
西(手前)は摂社高屋安倍神社だと思う。

白山権現とも称された神社で、
式内社・若櫻神社に比定されている古社。

履中天皇が皇妃と磐余市磯池で遊ばれていた時、
時ならぬ櫻の花が杯に散り、物部長眞膽連に花を探させた。
物部長眞膽連は、ひとり掖上の室山で、櫻を見つけ、献上した。
これにより、宮号を磐余稚櫻宮とあらため、
稚櫻部造と稚櫻部臣が置かれた。

祭神・伊波我加利命は、伊波我牟都加利命の後裔で、
若櫻部朝臣、阿部朝臣等の祖であるされている。

本殿内には、大正まで当社東の小祠に祀られていた
神武天皇を祀る多神社が合祀されている。

本殿の隣にある摂社・高屋安倍神社は
式内社・高屋安倍神社に比定されている。

もとは、南方400mの松本山東方の字狐山にあったが、
流出し、当社境内に祀られるようになったという。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
















大神社
おおみわのかむやしろ

新潟県糸魚川市大字平字森本1345


式内社 越後國頸城郡 大神社
旧村社

御祭神
高皇靈尊 少彦名尊 大己貴尊 大彦命 美保古命(宮司佐藤家祖先)
合殿 天満宮
菅原道真 吉祥女
合殿 春日神社
武甕槌男神 天津兒屋根命 經津主神 廣波多賣命


能生駅から88号線を南下、平にある。
道路脇に幟が出ていたので迷わなかったが、
これが無ければ見逃したかも。

鎮座地の小字を森本といい、通称、森本天神。
ということで、菅原道真を合殿に祀る。
社名については、「式内社調査報告」ではだいじんじゃとある。
境内には、おおみわのかむやしろとあった。

鳥居は参道の階段上にある。
境内はあまり広くはないが、拝殿横に舞台のような建物が付属。
本殿は拝殿と繋がっていて見えず。

社伝によると、大同三年(808)三月の創祀。

式内社・大神社の論社である。
高田城主松平光長・榊原式部大輔が崇敬した神社。

天暦九年(955)十一月、天満宮が、
文明九年(1477)十一月、春日神社が相殿に祀られた。

あらためて見ると、鳥居の貫が左右に出ていない。
境内入口や、境内に幾つかの鳥居が立っており、
形式も神明系・明神系を色々だが、すべて貫が出ていない。
古い鳥居だと、風化して貫が落ちてしまったものもあるが・・・
http://www.genbu.net/data/etigo/oomiwa5_title.htm





大彦命
おおひこのみこと

別名
大毘古命:おおひこのみこと
大日古命:おおひこのみこと
……

第八代・孝元天皇の第一皇子で、第九代・開化天皇の兄。建沼河別命の父。


『古事記』では、大毘古命には建沼河別命、比古伊那許志別命の二柱の御子がある。


兄御子は建沼河別命と呼び、

阿倍臣の祖で、 崇神天皇の御代に東方十二ヶ国、

すたわち伊勢(伊賀、志摩を含む)、尾張、三河、遠江、駿河、甲斐、

伊豆、相模、武蔵、総(上総・下総)、常陸、陸奥地方を守る四道将軍の一人となった。


四道将軍とは、

北陸に派遣された大彦命、

東海に派遣された建沼河別命(武渟川別)、

西海に派遣された吉備津彦、

丹波へ派遣された丹波道主のこと。


弟御子は比古伊那許志別命で、

膳(かしはで)臣の祖すなわち膳夫(かしはで)の伴部で、料理方を司る職を率いた氏の祖。


大彦命の御子は上記の二柱の他に、彦背立大稲腰命、波多武日子命など。



大彦命 を祀る神社
(玄松子が参拝した神社のみ)


古四王神社 秋田県秋田市寺内字児桜81
布勢神社 富山県氷見市布施1826
道神社 富山県高岡市五十里字沼田3721
道神社 富山県射水市作道1846
鵜坂神社 富山県富山市婦中町鵜坂212
船江太神宮 新潟県新潟市中央区古町通一番町500
三宅神社 新潟県長岡市妙見町215
小布勢神社 新潟県三条市大字上保内丙1288
大神社 新潟県糸魚川市大字平字森本1345
舟津神社 福井県鯖江市舟津町1-3-5
大津神社 岐阜県飛騨市神岡町船津1823-2
敢國神社 三重県伊賀市一之宮877
神邊神社 島根県大田市鳥井町鳥越142-2
刺鹿神社 島根県大田市久手町刺鹿1475
伊佐須美神社 福島県大沼郡会津美里町宮林
引田部神社 新潟県佐渡市金丸488-丙
布勢神社 香川県さぬき市寒川町石田西乙字道味3642
布制神社 長野県長野市篠ノ井布施五明235
布制神社 長野県長野市篠ノ井字山布施1
布制神社 長野県長野市篠ノ井石川布制山2173
佐々伎神社 兵庫県豊岡市但東町佐々木482
手谷神社 兵庫県豊岡市但東町河本885
貴船神社 境内 鈴鹿社 京都府京都市左京区鞍馬貴船町180
若櫻神社 奈良県桜井市大字谷字西浦344
相鹿上神社 三重県多気郡多気町相可字磯部寺464



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

なんと、、、

貴船に、アベノオオヒコがいたのね

行ってますよ、、、

こっち引っ越してきてはじめてのむすこっちとの旅だった

鞍馬に行ったときに
貴船神社とかあんまり行こうとか思ってなかったの
鞍馬山の第六天魔王に会いに
相変わらず徒歩と山登りだし

でもものすごくすべてのタイミングがよくて、
電車もバスもすべて
で、思ったより早くついて、鞍馬山も思ったより早く下山して来れて
じゃあ、、、行くかーーーってなったの

岩船の巨石とか見たけど、なんか、、、、いまいちだったしね
それにその頃は
阿部だの大彦だの
アベノオオヒコだのなんてこと知りもしなかったからね

貴船神社=縁結びみたいなイメージで
しかも意味不明のタカオカミ
女将さんですか?みたいな段階



貴船神社 境内 鈴鹿社 京都府京都市左京区鞍馬貴船町180
本宮内末社
白髭社 - 猿田彦命
牛一社 - 木花開耶姫命
川尾社 - 罔象女命
鈴鹿社 - 大比古命
祖霊社 - 氏子の祖霊

奥宮内末社
吸葛社 - 味耜高彦根命
日吉社 - 大山咋神
鈴市社 - 五十鈴姫命

境外摂末社
楫取社 - 宇賀魂命
梅宮社 - 木花開耶姫命
白石社 - 下照姫命
私市社 - 大國主命
林田社 - 少名彦命

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B2%B4%E8%88%B9%E7%A5%9E%E7%A4%BE


しかし

鈴鹿社 - 大比古命

なんていったら、サルタヒコみたいじゃんね、、、

とかいいながら

鈴鹿といえば

三重県鈴鹿市桜島町
玉垣
あたりにうちの名字が何軒かあったわ、、、、、



由来と変遷

神社神道が確立され、社や拝殿や本殿が、建立され敷地(自然との境界)が明確になるにつれ、曖昧であった常世と現世の境界でもある神域がはっきりと区別されるようになり、神籬と磐座・磐境が結びつき、石造の垣根などに代わり、現在の神社にみられる玉垣に変わっていった。



形態の変遷

樹木をめぐらせる柴垣が最も古い形式であると考えられる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8E%89%E5%9E%A3


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

小田原城(おだわらじょう)*
〔築城年〕1558~1590年(永禄1~天正18)
〔築城者〕北条氏政(うじまさ)・氏直

〔城主〕北条、大久保、稲葉、阿部、大久保各氏ほか

〔城の形式〕平山城、梯郭式
〔所在地〕神奈川県小田原市城内
〔遺構〕石垣、堀、土塁(国指定史跡)
〔特徴〕大森氏のあと、北条氏が拡張して日本初の本格的外郭構築の大城郭となる。1590年(天正18)秀吉との戦いに敗れ、家康の支配下となる。家康は外郭を破却、小規模化する。1960年(昭和35)天守をコンクリートで復興。




:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


和爾氏系の朝比奈一族の枝に

阿部と大久保がいるようだ

うちには阿部も大久保も親戚はいないわよと書いたけど

親戚はいないけど

これも昔に書いたけど


雪村 いづみ(ゆきむら いづみ、1937年〈昭和12年〉3月20日 - )は、
日本の歌手、女優、画家。
一般社団法人日本歌手協会相談役。

本名は朝比奈 知子(あさひな ともこ)。
愛称は本名から「トン子」「トンちゃん」。

東京府東京市目黒区大岡山
(現・東京都目黒区大岡山)

1920年代後半、

貴族や三井財閥の御曹司、実業家(雪村いづみの父の朝比奈愛三など)たちが組んだ
アマチュア・バンド、カルア・カマアイナス。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%AA%E6%9D%91%E3%81%84%E3%81%A5%E3%81%BF


うちの父は目黒の不動産屋になったのだけど

雪村いずみさんを、自転車の後ろに載せて、物件見せに何度もあちこちいってたと聞いた

雪村いずみ言ってなかった

朝比奈さんって言ってた


そのご縁はいかに、、、、??


私が生まれた頃の話じゃないかな

昭和43年前後

親しくしていたみたいなかんじで

私が小3のときに劇団に入りたいと大騒ぎして、
泣いて騒いでやっと説得していれてもらえたんだけど
中学生くらいになったかならないかの頃に
本気でやりたい、ちゃんと続けるっていうなら
朝比奈さんに頼んでみてもいい
芸能界は怖いところだからね、、、、って言ってたのよね


腹違いのねーさんは雪村さんよりも年下なんだけど

同じ名前

” いづみ ”だったかな
” いずみ ”じゃなかった気がするけど

呼び名も同じ ”とんちゃん”なのよね、、

なんでとんちゃんなんだろうって思ってたけど、雪村さん絡みかしら、、、



朝比奈一族を通じて、阿部と大久保の縁が、、、

っていうかさ、、、、


私の小学校、中学校のときの同級生はいったいなんなの

って、いうかあの土地よね


阿部、大久保、

長谷川、桜井、大神、三輪

大友、白幡、久保、藤原、榊枝

桂、多田、蛭田、大屋

他にも変わったのとか怪しげなのとかいるよ


モリヤの地

ミダニの地

碑文の谷


阿部



88



88号線を南下におおみわのかむやしろ


いったんUP

あたまがぐるぐる



高天彦神社(たかまひこじんじゃ)は、奈良県御所市北窪にある神社

ココもいったよ。

蜘蛛窟があるところ

地名が北窪 きたくぼ ってのははじめて知った





阿部氏は孝元天皇の第一皇子 ”阿部大彦命”

大彦の名字が阿部だって言うのは、いつぐらいに気がついたかな

阿部のコトシロヌシって気がつく前かな


いや、、、頭グルグルだけどノリにのってる感じだから続けて書きたいのに

昨日1時間しか寝てないから

睡魔に襲われ始めてる

っていうか、、ココから先をまとめてしまうことに対する拒絶かな、、これ、、、


大体いつもこれでいったん気絶しちゃうのよねーー


ココへつながってくんだけどね

ばらばらでは書いているのよ


国境なき歌を歌うアジアの歌姫
http://escapejama.blog.so-net.ne.jp/2017-11-17-6


一人葛城の山の中で
http://escapejama.blog.so-net.ne.jp/2017-11-17-4


みな、その姫を求めたの
http://escapejama.blog.so-net.ne.jp/2017-11-17-7

ZEN
http://escapejama.blog.so-net.ne.jp/2017-02-21-2



私のブログを読みに来ている人で私レベルの人までは

一緒にぐるぐるしないといけないのよ




ああーーーーいやだ、、




地元の家のすぐ近くに阿部ビル

23722295_1113432248759910_419839776306750042_n.jpg



このビルの近くに幼稚園の同級生がいるんだけど

字が思い出せないけど

”はぶか” っていうのよ

たぶん

羽深

土生か
埴生か
羽生か

丹生系なのかしら。。。

あら。。。

現新潟県である越後起源とも言われる。
近年、新潟県に多く、特に東頸城郡牧村に多数みられる。


そういえば私が小さい頃かかっていたお医者さんが阿部先生

そして今むすこっちの職場にも阿部先輩

私の中学の同級生にも阿部ちゃん

全部この字の阿部

私はこの字以外の阿部は

シンゾーかセイメイとマリアしか思い浮かばないわ



そう、、

阿部マリアよ。


雪村いずみ(朝比奈知子)の娘さんは

朝比奈マリアよ。



っていうか、あまりにも毎日阿部過ぎて

阿部過ぎてる事にすら気が着いてなかったよ

若干接触が悪い私の脳みそ、、、



おいいいいいいいぃぃぃぃぃい

目黒の阿部は何を描いているーーー?


23722629_1113440745425727_751407369144656398_n.jpg






コトシロヌシはワニに変身するのよ

和爾氏にもなっちゃうのよってことかしらね



もともと和爾氏って事なのかしらね

そうね

阿部は和爾氏の中にもいるからね



気絶で中断しましたが、まだまだ続きます。


ただいまの時刻 11月19日 11:29

今までダイレクトには書かなかったけど

どの名前かは書かないでおくけど、過去記事のどこかには出てること。

アベアベアベアベ
オオクボオクボオオクボ

これは私が2009年から調べ始めたときから、まとわり着いてきた

なので、時々自分のルーツから外れて

アベアベアベアベモード
オオクボオクボオオクボモード

に陥るんだけど

関係なくなかったのね

直接親類の中にこの名前はないんだけど

しかもそんな古代までさかのぼってルーツ探しをしたら

人類みな兄弟!に近い事になるとは思うんだけど

ま、、、それはそうだろうと思うけど

私のルーツの中にも

大彦と大国主が入ってる

なので、何か自分のルーツを掘り下げたときに

いちいち壁のように阿部と大久保が出てくるのね

大久保はいまだにちょっとわからないんだけど

でも、

神武とされた人の、

本当の個人の一族の名前だったんじゃないかと思ってるの

ニシキトベと神武は同族だったっていうのを見つけてから

そうなんじゃないかな、、、と思い始めていて

このことは今はじめてはっきり書いてみた



偽者の聖地

橿原神宮に行ったときにも

葛城の山の中で感じたものと同じような言葉が溢れてきた



”仕方がなかったんだ”



そうね。。。。

近いうちにもう一度行ってこようかね。。。

洞村と大久保へ。


私、ニシキトベさんは神武に殺されていないと思ってる

ナグサトベさんは殺されたのかもしれないけど、

私あまりナグサトベさんのことは調べていない

基本的に和歌山県の北部のことはあまり調べてない

私の中で和歌山県北部は高野山の関連地というイメージが強い

で、割と人の感じもこっちの南の方に比べると、ずっと大阪っぽい感じがする

わたしがいう”河内”とはまた違うとも思う。

まだそこらへんのことは調べてるけど、感覚的に違うのよ

私の

阿部は阿倍じゃない!

っていうのと同じ感覚

阿部は阿部なのよ

わたしの言う阿部は阿部なの。

安倍でも阿倍でもないの

わたしの言うって書いたけど、私が言ってるんじゃない

私の中の細胞の誰かの細胞が

阿部は阿倍じゃない!

阿部は安倍じゃない!


阿部は阿部なの!!!

って、うるさいのよね~~~



大久保は大蜘蛛だと言ってるし

ぼ も

BO MO

これって、音だけで言ってたら

変わっていくしね

隠せるしね

大窪 大雲

くぼ くも

口を動かさないで両方言ってみたら同じだしね

そういうことなんだと思うわ。



私の中に

中央構造線の姫と同じ血が流れてる

赤土にまみれてた一族の血

それはニシキトベの一族でもあるし

ニュウツヒメの一族でもあるし

ヌナカワヒメの一族でもあるし

シラヤマヒメの一族でもある

これ時代時代、地域地域名だけの話で

これはみな一族

同じ一族

おなじ部族


その部族の血が流れているので



無題3.png

無題2.png


彼が出てきたときに

ビコーーーーーーーーーン!!!!と

細胞が焼けそうになったのよ

割とすぐに


” アベノコトシロヌシ ”

” 阿部の事代主 ”

だと思ったの。

コトシロヌシだって何人もいるのよ

オオクニヌシだった何人かいるのよ

その中の一人は大彦だと思うの

阿部の大彦よ

大彦が出始めてきたときにも割りとすぐに

大彦の名字って阿部だろってすぐわかった

それで調べ続けてみると

やはり阿部だった


もちろん

モノの本やサイトでは

阿部が

安倍だったり

阿倍だったり

ぐちゃぐちゃになって書かれているのよ

あれ、みんな自分で書いてて、あれ?っておもわないのかしらといつも不思議に思うの


あ、でもね、、

そんな私も


◇本だったり、◆本だったり、両方書くわね

戸籍は旧字だけど、普段は簡単な方

いまさら伏せても意味ないけど

気持ち伏せさせてよ



とにかく字はどうであれ

私にとってのアベは

阿部なのよ


アベベ

アジスアベベ

アジスアババ

アジスアベバ





アディスアベバ
(アムハラ語: አዲስ አበባ IPA: [ädˈdis ˈäbəbä] 英語: Addis Ababa)は、エチオピアの首都である。


1941年5月5日、ハイレ・セラシエ1世がアディスアベバに戻り、首都再建を始めた。

ハイレ・セラシエ1世(ቀዳማዊ፡ኃይለ፡ሥላሴ, Haile Selassie I, 1892年7月23日 - 1975年8月27日)は、
エチオピア帝国最後の皇帝(在位:1930年11月2日(戴冠式が行われた月日) - 1974年9月12日)。
アフリカ統一機構初代議長。


Tafari_Makonnen_dressed_in_warrior_garments.jpg


Haile_Selassie_in_full_dress.jpg




メネリク2世

Menelik_II.gif

Menelik_II_ethiopia.gif




エチオピア帝国

エチオピア帝国(エチオピアていこく、アムハラ語: ንጉሠ ነገሥት መንግሥት, ラテン文字転写: nəgusä nägäst mänəgəsətə)は、

紀元前5世紀から10世紀にかけて、この地域ではソロモン王とシバの女王の後継を称するアクスム王国が繁栄していた。アクスム王国は10世紀頃にザグウェ朝に取って代わられたが、そのザグウェ朝も王位継承争いによって衰え、アクスム王の血筋を受け継ぐと称するイクノ・アムラクによって1270年に滅ぼされた。イクノ・アムラクはエチオピア帝国初代皇帝に即位し、彼の建てた王朝はソロモン朝(英語版)と呼ばれた。

1270年から1974年まで存続したアフリカ東部の国家。

現在のエチオピアおよびエリトリアにほぼ一致する領域を支配し、

最大版図は現在のソマリア、ジブチ、ケニア、スーダン、南スーダン、

エジプト、アラビア半島の一部まで及んだ。

欧米のアフリカ分割の最中にあって独立を保ったアフリカ最古の独立国である。

実際は複数の王朝が交代し、また皇帝の存在しなかった時代もあるため、

エチオピアの歴代王朝の総称ないし国家の系譜と考えることもできる。

また、前身のザグウェ朝もエチオピア帝国の歴史の一部として捉える説もあり、

その場合に推定される国家成立年は1137年である。

軍事クーデターにより、最後の皇帝ハイレ・セラシエ1世が1974年に倒れ、

帝国は終焉した。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%81%E3%82%AA%E3%83%94%E3%82%A2%E5%B8%9D%E5%9B%BD


エチオピア人種(エチオピアじんしゅ)は、

東部アフリカのアビシニア高原からソマリ半島にかけて分布する人種。

エチオピア人、ソマリ族などが含まれる。

ネグロイドとコーカソイドの中間的特徴を持っており、

四肢や骨盤の形態や比率はネグロイド的であるが、

突顎・髪の縮れといった一般的にネグロイド的とされる特徴が弱く、

逆に鼻が狭く突出・唇が薄いというコーカソイド的とされる特徴がみられる。

このためネグロイドとコーカソイドの混血人種と見られている。

エチオピア人種には

ハプログループL3 (mtDNA)、ハプログループM1 (mtDNA)、

ハプログループE1b1b (Y染色体)が高頻度である。



遺伝子系図の手法により、ソマリ族の由来がいくらか判明している。

(ただし、その報告はまだ数報に留まっている。)

それによると、アフリカの角と呼ばれるアフリカ北東部に住む

ソマリ族、エチオピア人、エリトリア人は人種的な関連が深く、

その他の周辺地域とはやや孤立している[12]。




ソマリ族の分布
世界の人種の中で、アフリカ人と非アフリカ人の遺伝的隔たりは大きい。

北東アフリカ人はその中間に位置する。

北東アフリカ人は南アフリカ人と遺伝子がかなり異なっているため、


人類の歴史の比較的初期の段階で分かれたものと考えられる[13]。



ミトコンドリアDNAは母親から遺伝する。

これによると、ソマリ族の多くはミトコンドリアDNAにM1ハログループを持つ。

リビア、ソマリア、ザンビアの250人のDNA分析によると、

M1はサハラ以南ではほとんど見られない。

東アフリカ人は20%以上がM1を持ち、北アフリカにも多い。

一方、サハラ以南ではL1、L2のみであった。

これは、サハラを越えての婚姻がほとんど行われなかったことを示している[14]。



M1を持つ人種は大きくはアフロ・アジア語族に属している[14]。


M1はエチオピア人、エジプト民族、リビア人、ベルベル人が持つ遺伝子である。



この他、東アフリカの母系遺伝子は、

コーカソイド(いわゆる白人)との関係も強く、

ソマリ族の46%がコーカソイド由来の遺伝子を持っているという研究もある[15]。


一方、Y染色体の一部であるE1b1bから、

ソマリ族がオロモ人と別れたのは4~5千年前と推定されている。


Y染色体の一部であるE1b1bから、

エチオピア人、エリトリア人、ベルベル人、地中海沿岸のアラブ人が近い関係にあることが分かっている



77%のソマリ人男性のE1b1bにM78の部分が見つかっている[17]。


これに次いで多いのが、ユーラシア由来のハプログループT (Y染色体) (M70)であり[18]、

10%強のソマリ人男性から見つかっている。

ハプログループT はアフリカの角、北アフリカ、西南アジアでよく見られる特徴である。[17]。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%9E%E3%83%AA%E6%97%8F



この前やってもらった簡単なDNA検査で

私は日本人に多い10のグループに属さない数少ないグループのOTHERで

昔々あなたの祖先は日本にいました。

10万年から20万年前
あなたの祖先はアフリカにいました。

としかでないの

どこにも定住しないで、種も残さないで

ひたすらこの島を目指したの?

ナショジオの検査じゃないとたどれないこのDNA

ちょいちょい残されたDNA
たぶん世界のあちこちにちょいちょい残ってるのよね





haplogroupA
「北の狩人」
ルート:アフリカ → 中東 → ユーラシア北部 → 日本(アラスカ→南米)


haplogroupB
「海の覇者」
ルート:アフリカ → 中東 → 東南アジア → 日本(アラスカ→南米、太平洋)


haplogroupC
「遊牧民族」
ルート:アフリカ → インド西部 → 中国北部 → 日本(アラスカ→南米)


haplogroupD
「稲作の民」
ルート:アフリカ → インド西部 → 中国南部 → 日本(アラスカ→南米)


haplogroupF
「熱帯の開拓者」
ルート:アフリカ → 中東 → 東南アジア → 日本


haplogroupG
「最北の住人」
ルート:アフリカ → インド西部 → 中国北部 → 日本


haplogroupM7
「日本最古の定住者」
ルート:アフリカ → インド西部 → スンダランド → 日本


haplogroupM8a
「大陸民族」
ルート:アフリカ → インド西部 → 中国北部 → 日本


haplogroupN9
「流氷の民」
ルート:アフリカ → 中東 → ユーラシア北部 → 日本


haplogroupZ
「北国の民」
ルート:アフリカ → インド西部 → 中国北部 → 日本

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


haplogroup Other
『日本では少数派』
あなたの祖先は日本にいました。
10〜20万年前あなたの祖先はアフリカにいました。


23622503_1114178642018604_7439308034794598049_n.jpg


日本では少数派
「その他のグループ」

個性的と言われた事はありませんか?
このグループの人は日本人によくある10タイプ以外のハプログループに属する人です。
日本によくあるとされる10タイプ以外にも、世界には様々なグループの人がいるとされています。
それらのグループに属するあなたは、周りの人とは異なるルーツを持っているのかもしれません。
もしも人より個性的といわれる機会が多いとしたら、
そんな祖先のルーツが関係しているのかもしれませんね。

同じ祖先(ハプログループ)の人は日本に何人?
979万人/ 1億2712万人





日本の古代文化① - 縄文文化

縄文時代とは、約3千年ほど前まで、約1万年間に渡って続いた時代を指します。この時代を特徴付けるものとして、土器や高度な石器の登場が挙げられます。特にこの時代の土器は、「縄文」の名前の由来にもなった縄のような複雑な模様や、燃え上がる炎を表すかのような隆起した形状など、実用性を超越した独特の芸術性・世界観を誇っています。日本の有名な芸術家である岡本太郎氏は『激しく追いかぶさり重なり合って、隆起し、下降し、旋回する隆線紋。これでもかこれでもかと執拗に迫る緊張感。しかも純粋に透った神経の鋭さ。堂々芸術の本質として超自然的激超を主張する私でさえ、思わず叫びたくなる凄みである』と述べ、縄文土器の芸術性を絶賛していた事で有名です。


日本の古代文化② - 弥生文化

弥生時代は、今から3000年近く前、それまで1万年以上続いてた縄文時代の終焉とともに始まった時代です。弥生時代の始まりは、大陸からの稲作の伝来がきっかけと考えられる事が多くあります。稲作と農耕文化の伝来が、人々の生活に多くの変化をもたらしたのは間違いないでしょう。 農耕は農作物という「富の貯蓄」を可能とし、狩猟採集でその場しのぎの生活をしていた時には存在しなかった「貧富の差」や国家を生むこととなったと考えられています。 弥生時代の集落は縄文時代のそれと比べ大規模になり、集落の周りに濠をめぐらせたあとがあるなど、集落間の争いがあったことが推定されます。当時の遺跡に埋葬されていた人々からは戦闘により負った傷と思われる痕跡も見つかっており、縄文時代にはなかった集落間の争いがあった可能性は極めて高いと考えられています


https://mycode.jp/plans/discovery.html




小さい時から少数派っていうのなんか感じてた

群れるなと育ってきたから余計にいつも少数派だった

群れたり、人と同じ事をしようとするのを父がとても怒った

だからある程度大きくなっても群れなかったし

人と同じ物事をするのをすごく嫌いな性格になった

人と同じものを持つことくらいでもいや

何か好きな物、事もいつも少数で

これ好きなんだ、、というと、ええ~~~~っていわれることのほうが多かった

好きな物事の世界にはいると、みな同じ物事が好きだったりする

そうするとだんだん嫌になってきて離れていく


変な性分があって、それは自分でも嫌だな、、って思うこともある

でもこればかりはどうにもならない

嫌なんだもん。。。






他のグループは途中もあちこちよってるのに

23622297_1114178638685271_3157580115219466070_n.jpg



::::::::::::::::::::::::::::::::::::


世界最大のヒトDNAデータベース構築計画に批判の声|WIRED.jp @wired_jp

ナショナルジオグラフィック協会と米IBM社が『ジェノグラフィック・プロジェクト』を開始した。
世界各地の先住民族や一般の人々の血液から10万人規模のヒトDNAデータベースを構築し、
人類の祖先が世界を移動した経路を追跡するという計画だが、
先住民の権利保護を訴える団体は、データが商業利用される可能性などを指摘し、
先住民たちにプロジェクトに協力しないよう呼びかけている。


世界各地の人々から採取した血液を使って、古代人類の移動の軌跡を追跡するという壮大な遺伝学的プロジェクト『ジェノグラフィック・プロジェクト』が今月13日(米国時間)にスタートした。しかし、このプロジェクトは開始早々から論議を呼んでおり、反対や非協力の動きに直面することになりそうだ。

 ジェノグラフィック・プロジェクトでは、世界各地の先住民族や一般の人々など10万人の血液サンプルを集め、そのDNAを解析する。これにより、たとえばオーストラリアのアボリジニがどこから移動してきたのか、アフガニスタンに2000年以上前から住む金髪・碧眼の民族の祖先がアレクサンドロス大王なのか、といった問いに答えられるのではないかと期待している。

 しかし、血液の収集はそれほど簡単に進まないかもしれない。小規模ながら強い影響力を持つ『バイオ植民地主義に関する先住民族協議会』(IPCB)は、過去に営利目的の業者が先住民から採取したDNAで特許を取得した事例に強く反発し、同プロジェクトと資金提供者に協力しないよう、先住民たちに呼びかけている。

 IPCBの責任者を務めるデブラ・ハリー氏は、「われわれは血液販売ビジネスに関わるつもりはない。推測に基づくこうした情報は必要ない――われわれすでに、自分たちがどこから来たか知っている」と語る。

 ナショナルジオグラフィック協会が構想したジェノグラフィック・プロジェクトでは、主要パートナーの米IBM社が世界で最も大規模かつ詳細なヒトDNAのデータベースを構築する。5年がかりで行なわれるこの計画には少なくとも4000万ドルかかるが、資金面ではサンディエゴの『ウェイト・ファミリー財団』(米ゲートウェイ社創立者のテッド・ウェイト会長が設立した財団)などが支援する。

 現在の人類の祖先は、5万〜6万年前に生まれ故郷のアフリカ北東部を離れて、世界中に散らばっていったと考えられている(画像)。先住民のDNAサンプルを使えば、こうした原始時代の人類が世界各地に渡った際の多様な経路が追跡できると、研究者らは考えている。


 こうした遺伝子考古学の鍵になるのは、ヒトDNAの一部が何世代を経てもほとんど変化しない点だ。

 子のDNAでは、両親のDNAが半分ずつ混ざり、新しい遺伝子の組み合わせが形成されている。これによって各人に固有の特徴が生まれる――毛髪、目、肌の色、運動能力の良し悪しなどがそうだ。しかし、すべての遺伝子が混ざり合うわけではない。男性のDNAの一部であるY染色体は、父親から息子へ何世代にもわたって変化することなく――ランダムな突然変異が起きない限り――伝えられる。同様に、ミトコンドリアDNAは母親から直接、男女の別なく子に受け継がれるが、これも世代間で変化しない。

 これらのDNAで自然的に発生するランダムな突然変異は固有のマーカーとなる。遺伝学者は、これら複数のマーカーを用いてDNAの過去をたどり、最初の突然変異が起きた時期を特定する。こうして遡ることで変異の起きた地域を特定できたなら、このマーカーを持つ遺伝子の系統を使って、先史時代の民族移動のパターンを追跡できる。

 しかし今、時間の猶予は減りつづけている。先住民が先祖代々の集落を離れ、遺伝子の混合が大規模に行なわれている場所――つまり、都市――に流入するケースが増加しているからだ。

 IBM社の研究部門であるIBMリサーチのシャロン・ロセット氏は、「これは大規模で技術的にやりがいがあるプロジェクトだが、IBM社にとっては初めてのことではない」と話す。IBM社では、安全で拡張性があるデータベースを構築してデータを集中的に蓄積し、オンラインで共同作業ができる高性能のツールを提供する予定だ。


 ロセット氏によると、先住民も一般の人々もプロジェクトに参加でき、結果とデータはナショナルジオグラフィック協会とジェノグラフィック・プロジェクトのウェブサイトで公開されるので、各自で成果を追跡することも可能だという。「データは公になるが、プライバシーは守られる」とロセット氏。

 プロジェクトでは、先住民からインフォームド・コンセントを得るために広範な取り組みを行なうとともに、先住民のコミュニティーがプロジェクトから恩恵が得られるよう、収益金による継続的な教育・文化保護事業を立ち上げると、ロセット氏は説明する。

 IPCBのハリー氏は、ジェノグラフィック・プロジェクトが先住民にいかに役立つかが繰り返し言及されていることに不快感を示す。「われわれの助けになる、もっといい方法も考えられる」とハリー氏は語る。外界に対してきわめて無防備な先住民のコミュニティーでは、プロジェクトから派生する結果や含意が理解できない可能性が高く、そもそもインフォームド・コンセントが不可能な人々もいるだろうと、ハリー氏は考えている。

 プロジェクト全体が倫理的問題をはらんでいると、ハリー氏は指摘する。同じような問題により、10年前には同様の実験的計画『ヒトゲノム多様性プロジェクト』が中止されている。

 「一部の企業が、サンプル提供者に報酬を払わないまま、ジェノグラフィック・プロジェクトのデータベースから情報を引き出して商業目的に使うのを阻止する方法はあるだろうか?」とハリー氏は問いかける。

 一方、ロセット氏は、これは歴史学的かつ地理学的な研究プロジェクトだと主張する。「われわれは、医療業界の利益につながる遺伝子マーカーを探しているのではない。ここでは医学研究は行なわれない」

 「世界中の大勢の人が、家族の系譜、民族の来歴、さらには、人類全体の歴史を知りたがっていると、私は考えている」とロセット氏は語った。








https://wired.jp/2005/04/21/%e4%b8%96%e7%95%8c%e6%9c%80%e5%a4%a7%e3%81%ae%e3%83%92%e3%83%88dna%e3%83%87%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%99%e3%83%bc%e3%82%b9%e6%a7%8b%e7%af%89%e8%a8%88%e7%94%bb%e3%81%ab%e6%89%b9%e5%88%a4%e3%81%ae/

コメント(0) 
共通テーマ:blog

消えた一族(257)一人葛城の山の中で [消えた一族]

2017-11-17 16:38:44の記事
更新しました。


関連過去記事

http://escapejama.blog.so-net.ne.jp/2015-10-08

http://escapejama.blog.so-net.ne.jp/2015-10-19

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


12.jpg


11.jpg


13.jpg


10.jpg



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


行者杉。。。。

ココで草むらに入って杉の撮るのに夢中になっていたときに

不思議なことがあった

常に、どこかかから

カカカカカカカカカカッ

カカカカカカカカカカッ

カカカカカカカカカカッ

って、聞こえてて

?と思ってはいたけど気にせず、さらに草むらに入って写真を撮っていたときに

カカカカカカカカカカッ!!!!がマックスにでかい音になって

えっ?と思ったと同時に風が吹いて、
もうその全部が同時くらいの感じ、

”カカカカカカカカカカッ、え?ぴゅ~う、こつん!うお!と草むらから出る”


これが全部同じ時間の中で起こる
確かに頭の上になにかか落ちてきたか軽くこつんとゲンコツされた感じで
うおっと思って草むらから出たんだけど

どんぐりでも落ちてきたのかな?と地面いったいを見てみたけど
どんぐりのような木の実類はひとつも落ちていないのよね

家に帰ってから調べると、蛇?マムシ?の威嚇音だったみたいで
危うく蛇に襲われそうになっているところを何者かのこつんで助かったというわけ。。。

そこは私の好きな行者さんの行者杉

葛城の行者さんといえば役行者さんよね~

その日はいつも苦手な下山、ヒザを富士登山でおかしくしてから、
ちいさな山の下山でもヒザに激痛が出るようになってしまってたのに
この日ははじめての一人旅で一人山登り
いつもはむすこっちがいて、下山のときも肩を貸してくれたけど、
今回一人、、と不安だった

なのにさすがの役行者さんの地

下山なんて上から下までひとっ走りで降りてきてしまった
ほんとに飛ぶように走って降りてこられたし
足なんかひとつも痛くならなかった

この日の旅は2泊でね
ものすごい移動距離だったの。


0866.jpg


0865.jpg


0864.jpg


0862.jpg



0885.jpg


0886.jpg


0893.jpg


一人葛城の山の中を

https://www.facebook.com/media/set/?set=a.636862163083590.1073741859.100002794355533&type=1&l=db4663df53




葛城の山の中を

一人

ひたひたひたひた歩きながら



0894.jpg


0897.jpg


0898.jpg




きちんと手のはいった山の中をひたひたひた


0902.jpg


0914.jpg






そこらはもともとだれかの屋敷が建っていた場所だという

急に開けた山の中

ちょっとぞくっとした

そのあたりから

心の右奥のほうから

流れ出てきた


悔しい気持ち


意味不明、、、

でも確かに涙が

流したくないけど

流れてしまう涙が

その時感じていたのは



どうしていつまでも追ってくる?

どうしてどこまでも追ってくるのだ?

こんな山の中にまで

こんな山の中にまで逃げている、隠れているのに 

なぜわざわざ追ってくる?

どうして静かに暮らさせてくれないのだ?
 
なぜだ

なぜだ

なぜなんだ、、、、




それはもう恨みに変わっているような気持ちだ



なんだこれ?

、、、、と思いながら

さらにひたひたと進む

道はさらに手が入りきれいな山道になっていた



0921.jpg



0920.jpg



0919.jpg



0918.jpg



そのあたりまで来た頃に、また別の気持ちが沸いてくる








必要だった

誰か一人、みなを引っ張ってくれるものが必要だった

そのために

みなを引っ張ることができるものを作るために

仕方がなかった

必要だったんだ。。。


0915.jpg


0930.jpg


0931.jpg

0943.jpg


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





この丸二日間、超フリーズしてた

フリーズしながらも検索はしてた

この体の中から沸いてくるワードを検索してた


このひとつ前の?ブログで

親戚に阿部も大久保もいないわよ、、、、って、書いたけど

どうもそうじゃないみたいだ


私も阿部であり大久保みたいだ


これまだ調べてるので、またまとまったら書くけど


同族ということだ

その大集団の中に我が家の名前はみんないた


そう思ってしばらくして、また体の中からわいてくる感情


それが、上に書いたものと同じだった



でも、、、

いや、、、

だから

父は私に

”みんなと同じになるな”

”人と同じになるな”と

教えてきた。



正義はいつも利用されてしまうから

まあ、そんな私も大体正しいこと言ってるのに煙たがられることはあった

とはいっても、その正しいことも自分がどうのこうのじゃなくて

”みんなが困ってる”

そしてみんなが頼ってくる

だから上に向かってああでもないこうでもないと、おもに職場だけど

みんながよりよく仕事ができるようニーーって思うから言ってるのに

言った結果、私だけが首になるとかね


人のためになんて動かない方がいいのよねーーーー

みんな何か文句があるなら自分で言えばいいのよねーーーー

でも我が家はついそういう立場に立ってしまうことが多々ある

前にも書いたかな

むすこっちにもこういうことがあった

うちの子は黒人とのハーフで髪の毛がクルクルで少し肌が浅黒い

なので小学校に入ってからそれをからかわれることが多々あった

からかう子は大体いつも同じで、ある子を中心としたグループ。

ある子、というのがボスみたいなかんじで

グループにいる子はその子には逆らえない

その子にいわれたことをしなければ、自分がやられるとビクビクしているグループ

そんなグループのナカにも、そんなことはしたくないと思う子もいるわけで

そういう子は、朝になるとおなかが痛くなって学校に行けなくなる不登校の子になっていく

小学校3年生くらいから、新しい担任もちょっと鬱の気のある先生で、

若干すでにおかしい先生が新しい担任でやってきた

これを引き金に子供たちがおかしくなってきた

そのグループのある子もどんどん命令が過激になってきたみたいで

いろいろな問題が起きた

うちの子は、からかわれたことがあったから、そのグループのことはかかわらず

単独一人でもいえられる子だったので、特に問題の中には入らなかったのだけど

その事で、グループの中で順にいじめられ照子達が増え始めた時に

グループの母親たちに私が呼び出された

何を言うかと思ったら

『お宅のむすこっちは一人でもいられる強い子よね
私たちのとこの息子たちは一人でいられなくて、
そのグループにいるけど
それなのにグループのボスの子にいじめられて
うちの子は学校に行けなくなってしまって
他の子もみんなその子を怖がってしまっていて
どうにもならない
お宅のむすこっちがいったんあの子をどついてくれないかしら?
やっつけてくれないかしら?』

そんな風に言ってきたことがあった

その時私は笑ってしまって、なんだこの母親たちはって
おかしくなってしまって

『いや、、悪いけど、なんでうちの子があの子をやっつけなくちゃいけないの?
ここにいるあなたたちの子に、
うちの子はくるくる頭だとか、色が黒い、お前風呂入ってるのか?とかいわれたのよ
知ってる?それ知ってる?知ってて言ってる?
なんでそんな子達の為に、うちの子があの子をやっつけなくちゃいけないの?
まったくもって意味不明ですけど。』


何にもいえなくなる母親もいれば

いやだってそれはあの子に命令されたからという母親もいれば

ま、とにかくうちはそんなことする必要はないし、問題解決するのにかかわる必要もない

自分達でどうにかしなさいって言って帰ってきたけどね

内心は、ざけんなこのクソアマどもめ!って、思ったよねーーー

うちの子だってはじめから強い子だったわけじゃない

そんな風にいわれて傷ついたし、学校行きたくないっていう時期もあった

でも行かなくなったらお前の負けだよ

そんな状況をなくしていこう

そんなやつらのいうことなんかいちいち気にすることないし

気にしてると思われたらもっと言われちゃうよ

そういうもいんだよ

何を言われても気にしてないし、
答えてないって思えば、言ってても面白くないからそのうちいわなくなるし

あんまり我慢ができなければ、
いつも言ってくる一番しつこいやつを一人だけ呼び出して
または一人でいるところを捕まえて
ぼこぼこにしてやったっていいんだよ

ただ、限度があるからな

思えは一人っ子だからけんかをしたことがないでしょ
だから限度がわからないでしょ
怖いのはそこなのよ

押さえつけるのは危険だし
押し倒すのも危険だから

やっぱやるならほっぺを平手打ちか

お前、グーで人を殴ったこともないわけだからさ

マミーだってグーで誰かを殴ったことなんてないからね

泣くまで平手打ちにしてやればいいよ

そんな風にいつも話しているうちに、気が治まったみたいで
結局ぼこぼこにはしてない。

他のやいやい言ってくるやつが雑魚なのはわかってるみたいだったし

グループのボスみたいなのが、

実はちょっとかわいそうだなと思ったりしてたことがあったみたい

ほんとは野球やりたかったみたいだしねっていってた

うちの子は勉強よりもサッカーばっかりやってて、私もそれでいいと思ってたので

勉強勉強、塾、塾なんていわなかったし、お受験しなさいとも言ったことがないから

自由に見えたんだろうね

その子は結局4年生になる前には野球もやめて、勉強漬けにさせられて

そんなストレスもあるんだろうって話してた。

長くなったけど

一人でもいられる強さを利用されることって多々あるのよ

だから、私も息子には父から教わったように

人と同じになるな

群れるな

そう教え続けた。




1513180_522826901153784_3840642332390018705_n.jpg




群れていい事なんてひとつもない

私はそう思ってる

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




話がそれまくったんだけど、、、、

もといで、、



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 
この丸二日間、超フリーズしてた
フリーズしながらも検索はしてた
この体の中から沸いてくるワードを検索してた
このひとつ前の?ブログで
親戚に阿部も大久保もいないわよ、、、、って、書いたけど
どうもそうじゃないみたいだ
私も阿部であり大久保みたいだ
これまだ調べてるので、またまとまったら書くけど
同族ということだ
その大集団の中に我が家の名前はみんないた
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


消されに消された
逃げるに逃げた
隠れるに隠れた

それでも見つけられて
消されに消された

そんな一族がいたんだろう


sarutahiko-3.jpg



 
akimoto5.jpg


sarutahiko-2.jpg





我が家がそうだということではなくてね

でも、そういう人たちがいたことを知っている

というかな、、、、




IMG2007_7_7_1_04.jpg



集団はばらばらになって

そういう人たちがいたという記憶も記録もないに等しいのかもしれないけれど

もっともっと遠い昔は、まだその記憶を持ってる人たちが

ばらばらに散っていって

散っていった先々で、その集団を懐かしむ気持ちから

地名をそうしたり

もちろんそんな地名も見つかれば消されたんだろう

でもなにかしらどこかしらにその記憶に繋がるものを残していて

私がそれをちょいちょい見つけている

同じように見つけている人がちらちらいる


そういう意味では、あんまり見つけないほうがいいし

見つけても書かない方がいいのかしら?

そう思う人が過去にもたくさんいたとしたら

そりゃほんとのことなんていうのは出てこないよね

出てきているのは

その出てきているものを

作った、書いた、その本人に都合のいいものばかりって事よね

都合がいいから、多少の金儲けができるのよ

神様レベルのお話とか

イエスだ、モーセだ、12氏族だの日ユ系のお話とか

おらとこ一番、おらとこがヤマタイコクだーーーーーみたいなさ


いつまでたっても真実なんて見えてこない、その本書いた人に都合のいいお話

そういうものが真実みたいなこととして残っている、

または

新たに増産されているだけの話。

または

マジで本当のことを知ってしまった場合

それを隠そうという、隠すためにかかれたものもあるだろうし


私のような調べ方をしている人は他にもいる

でもそれって、神様でもイエスでもモーセでもなんでもないから

金儲けのネタじゃないのよね

夢でもロマンでもない話だから

もっともっと現実に近い話

せおりつひめ様がああああああ~~~~~~とか、

そういう脳みそきらきらお花畑系じゃないのよね~

ちょっといったんUPしよう


もうちょっと調べてからだ。


まあ、、、

コトシロヌシでアピールしてくるわね、、、、、ってこと

無題2.png

私も喜んだし、

私の細胞も熱で焼けそうになったのよね


4rBVKKBxhm7OJMR560g5ZxSblfnIIrYAEt8UsNaJSnootie%20Wild%20-%20Go%20Mode%20EP%20Download.jpg




で、

沖縄来ちゃうしね、、、

12278742_937482376301608_7165157826787789668_n.jpg


12357853_778868082240245_641050006_n.jpg




1469802_515616525208155_6288265590258928254_n.jpg


10704193_515616565208151_8427023634937421735_n.jpg


10624571_515616398541501_7399385449733863237_n.jpg


10624571_515616398541501_7399385449733863237_n.jpg



10698672_515616981874776_7697923224356944700_n.jpg


10365857_515616855208122_3590928008978561415_n.jpg


1609967_515617375208070_8613933783659830242_n.jpg



944761_336446993125110_1957267710_n.jpg




10646692_489422184494256_6948236866426935107_n.jpg






で、、、ちょっと寄り道&おまけなんだけども、、、




ハヤアキツヒコ、ハヤアキツヒメ

速秋津比古神・速秋津比売神

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%A4%E3%82%A2%E3%82%AD%E3%83%84%E3%83%92%E3%82%B3%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%83%A4%E3%82%A2%E3%82%AD%E3%83%84%E3%83%92%E3%83%A1

イザナギとイザナミが産んだ神の1柱。○

水戸神の1柱

「大祓詞」では、

川上にいる瀬織津比売神によって海に流された罪・穢を、

「荒潮の潮の八百道の八潮道の潮の八百会に坐す速開津比売(はやあきつひめ)と云ふ神」

が呑み込んでしまうと記されている。






Dragonfly

とんぼ


=秋津の国

=日本


なんだけど

なんでなんだろって思ってたんだけど


この葛城の旅のあとは、その足で天河へ向かったの

天河はその前に台風があって結構な被害が出たらしく

その時に山が崩れて巨石が出てきたの

それを天河宮司が崩れた場所に祭ってあったのね

それを見ることができた

まだ山は崩れたままだったけど

それが

秋津彦と秋津姫

これ、、、ちょっと調べてみただけでも、


ぎゃああああよ、、、、


まあ、、、

よくも、まあ、、、

その色の巨石が出てきましたねってかんじ。

そりゃ、お祀りするわね、、、、

私が書くまでもなく、WWWの蜘蛛の中にはもうたくさんのいろんな説が出回っているから

探してみるといいですね

金儲け的に書いている人のが多いけど

まったくそんなことなく、ただ黙々と書いている人もいる

私がうなづけるのは後者だけどね




12065745_629528540483619_8641051763602069991_n.jpg


12042658_629528503816956_3116962708066650741_n.jpg


12079547_629528557150284_6474344139467444320_n.jpg




まあ、、こういうことでもあるのかな、、、

music150626_conchita04.jpg


imagesWKDEU9VL.jpg









そりゃ、マイケルの娘っこがドラゴンフライの逆再生PVに出るわね

しかもNahkoが出てきたときに

あえての

" I am Bear "
っていって出てきたのよね

6lack Bearの後にね、、、 







415_2.jpg


415.jpg


415_1.jpg


無2題.png


hide2.png





勅。優婆塞役公小角。海嶽料ソウ之巧。古今辛苦之行。前超古人。後絶来者。若夫妙法明教之施四海也。非以神足僊脚之遍五方乎。是以千年之久、馨香愈遠。衆生之仰瓜瓞益盛。天女霊夢不空。神龍嘉瑞爰応。因示特寵。以贈徽号。宣称神変大菩薩。
寛政十一年正月二十五日

勅す。

優婆塞役公小角は、日本の海浜山岳を抖擻し、艱難辛苦して修行することにおいて、

空前絶後の存在である。

人々を救済する素晴らしい教えを日本国中に広めるために、あいとあらゆるところを駆けめぐった。

それゆえに、千年をへて、その名声はますます高く、人々が尊崇することは限りがない。

そのおかげで、人女を救いたいという天女の夢は実現し、
人々の幸いをもたらせたいという神龍の奇瑞があらわれている。

したがって、特に恩寵をあたえて、徽号を贈る。今後は、神変大菩薩と名乗るが良い。
寛政十一年正月二十五日

多くの勅書は、その一部のみが天皇自身の揮毫(実際に筆で書くこと)なのに、
 
今も聖護院に現存するこの「神変大菩薩」下賜の勅書は、全文が光格天皇自筆による。

天皇がいかに役行者に帰依されていたか、実によくわかる。

行者は千年の時をへて、神変大菩薩になられた。

最澄は伝教大師、空海は弘法大師、そして大峯中興の祖である聖宝は理源大師となられた。

これらの偉人はみな、大師だ。


ところが、役行者はほんとうに稀な大菩薩になられた。



上求菩提下化衆生の菩薩道を実践する役行者の誓いが、

称号として、みごとにあらわされているといっていい。
『はじめての修験道』p.137


人女を救いたいという天女の夢は実現し、
人々の幸いをもたらせたいという神龍の奇瑞があらわれている。


『日本書紀』は、巻第二十八のすべてを費やして、壬申の乱を事細やかに記している。

そして、その狙いは、大海人の決起が決して反乱などではないことを強調することにあった。

それともう一つ、

小角の率いる賀茂の民参戦の隠蔽である。

『日本書紀』に記載された壬申の乱のどの箇所にも、役小角もしくはそれを思わせる一族の名はない。

しかし、僅かに痕跡を留めた箇所は、幾つかある。

いくら『日本書紀』の編者が隠そうとしても、これだけの大乱を詳述してしまえば、

どこかに綻びは出てしまうものである。

『役小角』第二部 p.243



役小角やその一団が壬申の乱に参戦した痕跡が『日本書紀』の何処に記してあるかは、

拙ブログを訪問してくれた皆さんが『役小角』第二部を読む際の楽しみに残しておくとして、

当時10人中9人までが渡来人という日本にあって、

当然ながら「くずもん」である土着系住民は10人中1人程度でした。

しかし、役小角を代表とする「くずもん」は渡来人にはない、理解の及ばない世界の住人だったのです。


そうした役小角らの教えを伝承した代表的な人物の一人が後に登場する空海でした。

その空海が修験道の開祖とされている役小角から引き継いだものの一つが錬金術であったことは明白であり、そのあたりの詳細は 佐藤任氏の著した『空海のミステリー―真言密教のヴェールを剥ぐ』 (出帆新社) を一読すると良いでしょう。

http://pro.cocolog-tcom.com/edu/2007/04/post_8e85.html


hide.png



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog
前の10件 | - 消えた一族 ブログトップ


2016年までの観た!読んだ!お勧めの映画や本でーす!