So-net無料ブログ作成


2016年までの観た!読んだ!お勧めの映画や本でーす!





引き裂かれる大地 1987 [転載~]



引き裂かれる大地 1987
コメント(0) 
共通テーマ:blog

大陸が裂けてできた海・日本海 [転載~]








横山楡原衝上断層
https://www.google.co.jp/search?q=%E6%A8%AA%E5%B1%B1%E6%A5%A1%E5%8E%9F%E8%A1%9D%E4%B8%8A%E6%96%AD%E5%B1%A4&gws_rd=cr,ssl&dcr=0&ei=324qWpWEH8Wd8QWEypqwAQ








…神岡鉱山の発展とともに歩んできた町で,鉱山の開発は16世紀末金森氏によってなされ,明治期に三井系の経営となって今日の隆盛をみたが,富山県神通川下流域でのイタイイタイ病問題も起きている。瑞岸寺の薬師堂は重要文化財,北端の県境にある横山楡原衝上断層は天然記念物。

https://kotobank.jp/word/%E6%A8%AA%E5%B1%B1%E6%A5%A1%E5%8E%9F%E8%A1%9D%E4%B8%8A%E6%96%AD%E5%B1%A4-1432940


飛騨片麻岩類
http://chigaku.ed.gifu-u.ac.jp/chigakuhp/html/kyo/chisitsu/gifunochigaku/faults/yokoyama_nirehara_thrust/



https://www.google.co.jp/maps/place/%E3%80%92506-1203+%E5%B2%90%E9%98%9C%E7%9C%8C%E9%A3%9B%E9%A8%A8%E5%B8%82%E7%A5%9E%E5%B2%A1%E7%94%BA%E6%A8%AA%E5%B1%B1/@36.4565125,137.259997,14z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x5ff81d451f16da0f:0x4fb157bf6ff4141f!8m2!3d36.450434!4d137.2636829?dcr=0














コメント(0) 
共通テーマ:blog

新選組! 第43回 「決戦、油小路」 [転載~]

mitani版














近藤 勇(こんどう いさみ)は、江戸時代末期の武士。新選組局長。
後に幕臣に取り立てられ、甲陽鎮撫隊隊長。
勇は通称で、諱は昌宜(まさよし)という。
慶応4年(1868年)からは大久保剛を名乗り、後にさらに大久保大和と改めた。
家紋は丸の内に三つ引。天然理心流、豪傑の剣の使い手。




脚本
三谷幸喜


三谷幸喜さんも私の地元の三谷の碑文の谷の地の住人

新選組の物語だから新選組を描いているんだけど

この作品の中の長州と薩摩のやな感じすごいね


ゆかりの地

https://traveltoku.com/tama1/


多摩、武蔵は


第六天の地


第六天神社(だいろくてんじんしゃ)は、
関東地方(旧武蔵国)を中心としてその周辺に存在する神社。
なお、神社によっては第六天を「大六天」と表記する場合もある。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E5%85%AD%E5%A4%A9%E7%A5%9E%E7%A4%BE

元々は神仏習合の時代に第六天魔王(他化自在天)を祀る神社として創建されたものであるが、明治の神仏分離の際、多くの第六天神社がその社名から神世七代における第六代のオモダル・アヤカシコネ(面足命・惶根命)[注 1]に祭神を変更した。

『日本民俗学 No.127』によると、『新編武蔵国風土記稿』より三百二十余社、『新編相模国風土記稿』より百四十余社、『増訂・豆州志稿』より四十余社の「第六天神社」を確認できたとあるように江戸時代末までは関東を中心に多く存在したが[1]、前述の神仏分離によって改称あるいは他の神社に合祀や相殿、末社となり、祠のようなものも数えれば現在でも三百余社あるものの[2]、宗教法人格を持つような独立神社としては珍しい存在となっている[3]。なお、現在では東京都と千葉県の県境近辺に多く所在しており、神奈川県内において神社庁下の独立神社は二社に留まる[2][3][4]。また、千葉県香取市の山倉大神は前述の神仏分離まで大六天王(第六天魔王と同一)を祀っており(現在では近距離に所在する真言宗山倉山観福寺に遷座)、大六天王社の総社とされていた。

一方、第六天神社が所在する分布にも大きな特徴があり、東日本において関東の旧武蔵国を中心に旧相模国、旧伊豆国などに存在するが[5]、西日本では皆無となっている[3][4]。これは神奈川県神社庁の 『かながわの神社ガイドブック』(1997年、かなしん出版)によると、戦国時代の覇者である織田信長が篤く信奉していたとされることから、天下統一の跡を継いだ豊臣秀吉が第六天の神威(しんい)を恐れ、拠点としていた西日本の第六天神社を尽く廃社したためという[3][4]。なお、信長が信奉し自ら「第六天魔王」と名乗っていたとされるのは、イエズス会宣教師ルイス・フロイスの書簡の中で紹介されている、武田信玄と信長が書状のやり取りをした際の話からきており、それによると「信玄がテンダイノザス・シャモン・シンゲン(天台座主沙門信玄)と署名したのに対して、信長は仏教に反対する悪魔の王、ドイロクテンノ・マオウ・ノブナガ(第六天魔王信長)と署名して返した」とされるが、実際に自ら名乗っていたという文献などは他に存在しない[6]。

この他、祭神については前述の第六天魔王から神世七代第六代の神に変更されたケース以外に、東京都墨田区押上や葛飾区西亀有の高木神社(旧称:第六天社)のように高木の神(タカミムスビ:日本書紀では高皇産霊神、古事記では高御産巣日神)を祭神としている場合[7]や宮城県名取市の第六天神社のようにそもそも第六天魔王とは関係がなく天神を祀っている神社もある[8][9][10]。またさいたま市岩槻区にある武蔵第六天神社でも御使役の天狗様や社殿に宿る大天狗・烏天狗など天狗と関連付けられている[11]。



また後で更新。



コメント(0) 
共通テーマ:blog

幕末の天皇 [転載~]

幕末の天皇
http://1000ya.isis.ne.jp/1091.html


【速報】天皇陛下が生前退位の意向 - NAVER まとめ https://matome.naver.jp/odai/2146841116253114801
コメント(0) 
共通テーマ:blog

逆さ地図 [転載~]




img00334196.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:blog

NHK特集「奥羽山系マタギの世界」 [転載~]




NHK特集「奥羽山系マタギの世界」

コメント(0) 
共通テーマ:blog

みな、その姫を求めたの [転載~]



























そう


same girl なの。









男が求めた姫の姿とは

残念ながらちょっと違うのよね


























みなは、のちにその姫を

鬼や悪魔と呼んだのよね










その姫は一番消し去りたかった

最初の姫






でも姫の血は途絶えてはいないのよ






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog


2016年までの観た!読んだ!お勧めの映画や本でーす!