So-net無料ブログ作成


2016年までの観た!読んだ!お勧めの映画や本でーす!





Black Japanese. [Mandinka]

Black Japanese.
You dont look like Asians...
Asians look like you.


これが私がいつも言ってる
”カワチ”の流れだと思う
何波にも分かれて移動し移住している
定住をせず、また移動した人たちもいただろうしね
ルートもいろいろだったろうしね














私の感じることってだけだけど


阿部はこの流れなんだと思う。


安倍じゃないし

阿倍じゃない


あくまでも

”阿部”

阿弗利加部族






人工ピラミッド

古墳

洞窟

巨石

石棒





祝 

呪師 

寿司 








南スーダン
アニミズムの伝統宗教
(大地の神クウォス、クモの姿をしたトゥールを信仰する)

Kwoth
Nuer god








19146055_991380754298394_1003540489948099623_n.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

カテゴリー追加 Mandinka [Mandinka]

Mandinka

マンディンカ✡リアルフリーメーソン - nowherenobody’s diary http://nowherenobody.hatenadiary.com/entry/2017/04/22/135507









はてなブログのほうではマンディンカメインのとこで終わっているんだけど

これは結果的に
かなり広範囲のおおくの人の中に
その血は流れているかもしれないと言う風に匂わしておいてですね~~

そんなこといいながらふと思い出すことがある

私の18~20代全部は黒人と付き合ってたんですけどね

まあ見るからに黒人と付き合ってる女なもんでしたから

日本人の男からは敬遠されがちで

みんな言うことは同じなんだけど


” やっぱチンコがでかいからいいんだろ ”

” そんなにでかいのがいいんだ ”

、、、と、そんな風にいわれることがすごく多くて

なんでこの人たちはチンコのことばかり言うんだろうか?

でかけりゃいいってもんじゃないぞ、
そりゃーあるんだかないんだかわかんないのよりはましかもだけど
だからといって、限度があることくらいわからないのかね~~って思って

そういう言葉を発する日本人の男のことが一時期ほんと嫌いで

” バッカじゃねーの!おめーチンコ小さいんだろ!?ハーーン?” 

みたいな、、、

くだらないやり取りになることが多く、ほんとに嫌いになったな~

そもそも黒人に向かっていったのも

言葉が通じるのに嘘ばかりつくヤリチン男と付き合ったのが始まりで

言葉なんか通じても通じなくてもかわんないね、、、

だったら言葉が通じにくい方が一生懸命付き合えるわ、、、

みたいなところからの始まりだったから

だんだん私が見るからに黒人と付き合ってる女になっていった時の

日本人の発するそのチンコがでかいからいいんだろって言う乏しい発想に

ますます嫌気が差していって、今日に至っているわけです。

今でもやっぱりそういう発想の持ち主は嫌いだな、、と思いつつ

もしや、、それも、そういうことをいう

チンコガでかいことをねたむ、ひがむ、うらやむのも

その人の細胞の記憶で

でかいチンコにことごとく負けた時期でもあんのかしら?


って、今ふと思ったの。


DNAの記憶力は半端ないからね。。。。



自分で経験したことじゃなくたって

DNAの記憶

私たちを作ってる細胞の一つ一つの記憶

それは何かに触れたときに

ふっとデジャヴのように思い出すの。。。。



私が昔から時々奴隷的気分に襲われるのも

それは私の記憶じゃない


私を作る誰かの細胞の記憶











このDNA検査のYT動画はなかなかいいと思う



















それから

今回追加したマンディンカはアフリカの部族でしてね

これはどういおうか、、、

”私の父からのロイ”

” ロイ ” なんです。

と、思ってる。


ま、でもそれもきっと結果的に

とても多くの日本人の中にもその血は流れてるとおもってる


あのーーー
DNA検査とかだって、
その結果のトータルとかなんて、

あれなんかだって、誰か検査して誰か結果を出して、誰が発表してるのよって話でね

不正選挙みたいなもんよ、あんなもん。

あんなもんで答えが出たなんて思ってたら大間違いよ

Yapとかいろいろあんじゃない

あんなの嘘っぱちに決まってるじゃない。。。。。

あんなものがあるから余計にルーツを辿れないの

まあまあ、、いいわ、

あれを信じていい部分もあるだろうし

肝心要のところは捻じ曲げるに決まってるじゃない

そうしないと、記紀とか神話とか話がおかしくなってしまうからね

せっかくあれもこれも隠すために

大昔からこねくり回して、

あっちもこっちもつじつま合わせてやってきたのにさ


血の一滴でみんな答えが出てしまったら、おかしくなってくるじゃない

歴史的遺物も

戦争と言う名を借りてバンバンぶっ壊して

今でもほんとの歴史を消して回ってるのにさ

血の一滴で答えを出すわけないじゃない

考えたらわかるよね。


なので、私は

DNA検査とかそういうものも完全無視して調べてます。

記紀も神話もまともに読んでない

粗を探して、答えがにじみ出ちゃってるところを探してる


話がそれましたけどね

マンディンカとは映画ROOTSのクンタキンテの一族です。




これは奴隷貿易がどんなもんだったかよくわかるように描がかれてます。
それから”名前”というものがどれだけ大切なものか描かれてます。



奴隷の中では一番の最高級品といわれたのがマンディンカ

ありとあらゆる面で最高級品。

ROOTSと別にマンディンカって言うそのものずばりのタイトルだったかなー

ちょっと忘れちゃったけど、、今動画探し中

っていうかDVDもってるんだけど、探すのめんどくさい


こっちの映画は古いから、少し表現も違ったりしてる?

Mandingo (1975)




労働奴隷
性奴隷
生死を賭けた、白人の道楽の為の賭け事
ほんとに愛し合って子供が生まれるケースも多かったみたい。



奥様の相手として買われていくマンディンカもいた模様で
その際も最高級品はマンディンカで、
奴隷を買いに来た奥様はチンコを品定めして買って帰る

っていうのが、映画の中でもちらちら描かれていて
白人の奥様が欲しがるものってどんなもんだったんだろうかって考えてた


それと同時に

巨石信仰の”立石”を作ったのはマンディンカというのを見かけ

立石だけじゃないんだけどね

今は立石の話をしておきます。

それは、マンディンカのことを書く前から巨石でいろいろ書いてはいたけど

写真をいくつか

Wassu_Stone_Cirles_shaunamullally_01.jpg


worldheritage220_2_20121004120602.jpg  


下の二つはSHIVA信仰の石なんだけど、

これも実はシヴァ神のチンコって事で、祭りは若干エロめです。


76243558030ef4f7552d0315e5e66a6b.jpg


4469538302.jpg


Lshiva.jpg



まあこの立石というのは

=チンコ

なんですね、、、


巨チン信仰っていいますかね、、、

それは日本のお祭りにもあるでしょ

チンコ祭り


それとか歓喜系の秘宝館的な。。。。。


そんなことを調べてる間、揺れるところにはかならず、ちんこ石あがったりして
もうほんとなにこのシンクロ状態で大笑いしてたんだけど
その頃のはブログにも書いてないで、FBにメモ書きしてただけかな、、、

FBから写真持ってきたので順をおってはっつけます。


なぜ立石=ちんこ石か。

巨石立石とは~~~みたいな

depositphotos_90720952-stock-photo-dol-de-bretagne-brittany-france.jpg

stone-1674401_960_720.jpg

17021676_897124083724062_4090026198187132717_n.jpg


18301515_958246320945171_7133443469326203995_n.jpg


18341655_958246490945154_9113544903930541315_n.jpg


16938676_897128123723658_7878957998304948921_n.jpg


16711715_897128690390268_2812205692467230805_n.jpg


え!?えええええええ!!!????

こんな人いるのーーーーー!!!

18221791_958213760948427_988828977847764218_n.jpg



ってことで

さらにサーチ



6557463_orig.jpg


8c89b08a1f16da8eb5da61e0702ef4ca.jpg


がああああああーーーーーーーーー!!!

ぎょえええええええええええええええええええええ!!!!

ぎゃああああああああああ~~~~~~~~~~~~~~!!!!

パネーーーーーッ!!!!!!!



なーーーあ、、


でかけりゃいいってもんじゃないんだよ

こんなの入ったら子宮破裂するってー言うの

人種的構造の違いがあんだからよ

ったくよ。




でも、マンディンカとかに限らず

アフリカとかアボリジニとかの原住民的な暮らしの人々にとっては



デカチン男



デカパイデカジリ女


これはやっぱり多産・豊穣の神に値するって言うのは、

理解はできるわね。。


強い男&丈夫な女


縄文土器にある縄文ヴィーナスとかさ


venus.jpg







理解できるよね。



やはり何が一番大事って、子供をたくさん生んで子孫を増やしていかないと

これが一番大事なことだっただろうからね

部族一族が大きくなればなるほどいいんだからさ

一夫多妻だって当然だろうし

今の感覚とは違うのよね

生まれた子供がみんな丈夫に育って大人になれるわけではなかっただろうし

そういうことを考えたときに

サル山のボスじゃないけれど

やっぱり 強い男の子供を生んだ方がいいに決まっているでしょうし

縄文時代にタイムスリップして考えれば当然の話

アフリカやアボリジニだって同じよ

それだけ生きることがらくじゃなかった時代よ

そりゃーでかちんの強い男が神様にもなるわよ


今みたいに草食男子なんてお話にならない時代よ

お弁当男子とか編み物王子とか言ってる場合じゃない時代よ


どんだけやりまくってどんだけ子供作れるかよ

って、ほんと


どんだけえええええええええええ~~~~~


よ。



そして、敵対していない別の一族と


TOGETHER!! STRONG!!

と契りを交わして、部族が大きくなっていくわけだ。





この画像の映画のタイトルも忘れちゃったけど
これは黒人じゃないけど

まあこんなことよ。

71QLhsAuW6L__SL1417_.jpg


71EIQvZKgfL__1417_.jpg



353004-133180-clp-950.jpg


thumb.jpg



この子孫を残す男のボス争いからあぶれた男とか

こんなチンコ神が渡来してきて、片っ端から現地の女とやりまくられた日にゃー


そりゃデカチンコにいい思い出はないわね

くそーーーーー!!!あのでかちんこめええええってなるわね。。。

女はみんな強い男が好きだったりするだろうからね

でかいのはどうかわからないけど

いや、

でかいのも知らないわけではないけど、

やっぱ無理がありますた。

あれずっと付き合ったりしてたら壊れてたかもしれない、、、


それはよいとして


子供を産む

子孫を増やす

一族を強くする


これがやっぱりなんといっても一番大事なことだったと思う



そんなこんなも踏まえつつ

このカテゴリーで書くことも増えると思います。




これはまだ見てないので、
今から見てみるかな~~~~~

っと、思ったけど、英語も聞き取りにくいし、他の言葉もわからん~~~

でも、見ておくか。






コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog


2016年までの観た!読んだ!お勧めの映画や本でーす!