So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン


2016年までの観た!読んだ!お勧めの映画や本でーす!





へええええええ。。。初めての説。 [転載~]




街道をゆく 竹内街道 葛城みち



”あれはいけませぬ”

一言主(ひとことぬし)は、日本の神である。


『古事記』(712年)の下つ巻に登場するのが初出である。460年(雄略天皇4年)、雄略天皇が葛城山へ鹿狩りをしに行ったとき、紅紐の付いた青摺の衣を着た、天皇一行と全く同じ恰好の一行が向かいの尾根を歩いているのを見附けた。雄略天皇が名を問うと「吾は悪事も一言、善事も一言、言い離つ神。葛城の一言主の大神なり」と答えた。天皇は恐れ入り、弓や矢のほか、官吏たちの着ている衣服を脱がさせて一言主神に差し上げた。一言主神はそれを受け取り、天皇の一行を見送った、とある。

少し後の720年に書かれた『日本書紀』では、雄略天皇が一言主神に出会う所までは同じだが、その後共に狩りをして楽しんだと書かれていて、天皇と対等の立場になっている。時代が下がって797年に書かれた『続日本紀』の巻25では、高鴨神(一言主神)が天皇と獲物を争ったため、天皇の怒りに触れて土佐国に流された、と書かれている。これは、一言主を祀っていた賀茂氏の地位がこの間に低下したためではないかと言われている。(ただし、高鴨神は、現在高鴨神社に祀られている迦毛大御神こと味耜高彦根神であるとする説もある)

さらに、822年の『日本霊異記』では、一言主は役行者(これも賀茂氏の一族である)に使役される神にまで地位が低下しており、役行者が伊豆国に流されたのは、不満を持った一言主が朝廷に讒言したためである、と書かれている。役行者は一言主を呪法で縛り、『日本霊異記』執筆の時点でもまだそれが解けないとある。

また、能の演目『葛城』では、女神とされている。



葛城一言主神社(かつらぎひとことぬしじんじゃ)は、奈良県御所市森脇にある神社。式内社(名神大社)で、旧社格は県社。

「いちごんさん」や「いちこんじさん」と通称される。葛城山東麓に東面して鎮座する



祭神は次の2柱[1]。
葛城之一言主大神(かつらぎのひとことぬしのおおかみ) - 主神。
幼武尊(わかたけるのみこと) - 第21代雄略天皇。

明治の『神社明細帳』では事代主命・幼武尊の2柱とするが、『大和志料』では一言主神に雄略天皇の配祀とする[2][3]。『延喜式』神名帳での祭神は1座で、同帳に「葛木坐一言主神社」と見えるように元々は一言主神1柱を祀った神社とされる[2]。この一言主神は『古事記』等では「一言主」、『日本書紀』では「一事主」、『日本霊異記』[原 1]では「一語主」とも表記される。凶事も吉事も一言で言い放つ託宣の神とされ、現在も一言で願いを叶えてくれる神として信仰されている[4]。記紀に系譜は記されていないが、『先代旧事本紀』[原 2]では一言主神を素戔烏尊の子とする[4]。


この一言主神に関しては、『日本書紀』[原 3]『古事記』[原 4]における雄略天皇との対面説話が知られる。両書によれば、雄略天皇が葛城山中で狩猟をしていた際、天皇と同じ姿の一言主神(一事主神)が現れ、天皇と狩猟を競ったという[4]。ただし、『古事記』では天皇が大御刀・弓矢・百干の衣服を神に献じて拝礼したとして一言主神の方が優位に記述されている一方、『日本書紀』では天皇が物を献じることはなく一言主神と天皇が対等に近い立場で記述されている[2]。『古事記』の方が原初的と見られることから、『古事記』の説話は一言主神の奉斎氏族とされる葛城氏が皇室外戚として強い勢力を持った頃の政治情勢を反映したもので、『日本書紀』の説話は葛城氏勢力が衰えて一言主神の地位も低下した頃の情勢を表すと考えられている[2][5]。

さらに時代が下り、平安時代の『日本霊異記』[原 1]や『今昔物語集』[原 5]では、一言主神は役行者(役優婆塞/役小角)によって金峰山・葛城山の間に橋を架けるために使役され、さらに役行者の怒りにふれ呪縛された、と記されるまでに神威の低下が見られる[2]。なお、この使役の時に一言主神は自らの顔の醜さを隠して昼は働かず夜のみ働いたとされるが、その説話を受けて松尾芭蕉は『笈の小文』に歌を残している(「登場作品」参照)[2]。


なお、『続日本紀』天平宝字8年(764年)条[原 6]では、雄略天皇と狩りを競った「高鴨神」が土佐国に流されていたが、天平宝字8年に元の地に祀ったとある[4]。しかし『釈日本紀』所引『暦録』の一説では、天平宝字8年に一言主神を土佐から迎えて葛城に祀ったと記されるほか[4]、『釈日本紀』所引『土佐国風土記』逸文では、土佐の高賀茂大社(現・土佐神社)祭神は一言主尊であるが一説には味耜高彦根尊であると記され、文献上では一言主神と高鴨神(味耜高彦根命:高鴨神社祭神)との間で所伝に混乱が見られる[6]。そのほかに音の類似や託宣神という性格から、一言主神を事代主命と同一視する説もある[4]。


創建は不詳。社伝では、現鎮座地は一言主神が顕現した地とする[1]。

国史では、嘉祥3年(850年)[原 7]に「葛木一言主神」の神階が正三位に進められたと見えるほか、天安3年(859年)1月[原 8]に従二位勲二等に昇叙された旨が記されている[7]。同年(貞観元年)9月[原 9]には、一言主神ほか諸神に対して風雨祈願の奉幣の遣使があり[7]、また正暦5年(994年)4月[原 10]には、疫疾放火のため中臣氏を使とする奉幣があった[4]。

延長5年(927年)成立の『延喜式』神名帳では大和国葛上郡に「葛木坐一言主神社 名神大 月次新嘗」として、名神大社に列するとともに朝廷の月次祭・新嘗祭に際しては幣帛に預かった旨が記載されている[7]。

その後の変遷は不詳。かつては神社東南に神宮寺として一言寺(いちごんじ)があったが、現在は廃寺となっている[4]。

明治維新後、明治6年(1873年)に近代社格制度において村社に列し、明治16年(1883年)3月に県社に昇格した[8]。

神階[編集]
嘉祥3年(850年)10月7日、正三位 (『日本文徳天皇実録』)[原 7] - 表記は「葛木一言主神」。
天安3年(859年)1月27日、正三位勲二等から従二位勲二等 (『日本三代実録』)[原 8] - 表記は「葛木一言主神」。


葛城一言主神社 - 奈良県御所市にある神社。
一言主神社 (常総市) - 茨城県常総市にある神社。
一言主神社 (橋本市) - 和歌山県橋本市にある神社。






一言主大神は雄略天皇が葛城山へ狩に出かけられた時に天皇とお出会いになった。
天皇は自分の衣服や行列の一行とまったく相手が同じであったので不思議に思われ、「この大和の国には私以外大王はいないはずだ、いったいあなたは誰であるのか」と問われると相手も「この大和の国には私以外大王はいないはずだ、いったいあなたは誰であるのか」とまったく同じように問い返してきた。
天皇は大層お怒りになられ弓を取り出して身構えられた。
すると相手も同じように弓矢を取り出し身構えてしばらくの間緊迫した状態が続いたが、天皇が再び「あなたは誰ですか」と問われると、その者は「私は凶事も一言、吉事も一言で言いはなつ神、葛城の一言主大神ぞ」と答えた。
相手が一言主大神であることを知られた天皇が「恐れ多いことです、私は大神様が、この世の人と同じようなお姿でご出現になられるとは存じませんでした」とおっしゃると、お供の人々に与えた衣服を脱がせ、また自分から腰につけていた太刀と弓を取りはずした。
そしてそれらの品物を一言主大神に奉ると大神はお礼の手を1回たたいて物を受け取られた。
天皇がお帰りになられる時大神は長谷の山の入り口まで送られた。
そして以後雄略天皇は一言主大神を深く崇敬されたとのことである(『古事記』下巻より)。


今でも多くの人々から「一言さん」と親しまれ崇敬されている。


::::::::::::::::::::::::::

変な話だよ~(*´ω`*)変な話だね~(*´ω`*)



雄略天皇(ゆうりゃくてんのう、允恭天皇7年12月 - 雄略天皇23年8月7日)は、
第21代天皇(在位:安康天皇3年11月13日 - 雄略天皇23年8月7日)。

大泊瀬幼武(おおはつせわかたけ、大泊瀬幼武尊 おおはつせわかたけるのみこと とも)、
大長谷若建命、大長谷王(古事記)、大悪天皇、有徳天皇とも。

また『宋書』、『梁書』に記される「倭の五王」中の倭王武に比定される。その倭王武の上表文には周辺諸国を攻略して勢力を拡張した様子が表現されており、埼玉県行田市の稲荷山古墳出土の金錯銘鉄剣銘や熊本県玉名郡和水町の江田船山古墳出土の銀象嵌鉄刀銘を「獲加多支鹵大王、すなわちワカタケル大王と解して、その証とする説が有力である。

『日本書紀』の暦法が雄略紀以降とそれ以前で異なること、『万葉集』や『日本霊異記』の冒頭に雄略天皇が掲げられていることから、まだ朝廷としての組織は未熟ではあったものの、雄略朝をヤマト王権の勢力が拡大強化された歴史的な画期であったと古代の人々が捉えていたとみられる。


都は、近畿の泊瀬朝倉宮(はつせのあさくらのみや)。稲荷山古墳出土金象嵌鉄剣銘に見える「斯鬼宮(しきのみや ・磯城宮)」も朝倉宮を指すと言われる(別に河内の志紀(大阪府八尾市)とする説もある)。伝承地は奈良県桜井市黒崎(一説に岩坂)だが、1984年、同市脇本にある脇本遺跡から、5世紀後半のものと推定される掘立柱穴が発見され、朝倉宮の跡とされ話題を呼んだ。これ以降一定期間、初瀬に皇居があったと唱える人もいる。なお、『日本霊異記』によれば、磐余宮(いわれのみや)にもいたという。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%84%E7%95%A5%E5%A4%A9%E7%9A%87







八ヶ岳山麓の縄文遺跡群











共通テーマ:blog


2016年までの観た!読んだ!お勧めの映画や本でーす!