So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン


2016年までの観た!読んだ!お勧めの映画や本でーす!





なんだよ~~~~ [調べなさいアプローチ]






2017-11-29 06:06:44の記事

更新中









https://tabichannel.com/article/102/kiminona

【新宿】

【信濃町】

【四ツ谷】

【渋谷】

【六本木】

<長野編>

【諏訪】

立石公園

諏訪湖

<岐阜編>

【飛騨】

飛騨市図書館

気多若宮神社

宮川町落合バス停

飛騨山王宮日枝神社


【広島】 基町高校


https://www.google.com/maps/d/viewer?mid=1QVd6IwTm7XCVnV_4zChlO6s-vjo&ll=35.9923224133772%2C138.41743105&z=8






映画の概要は、

東京・四ツ谷に暮らす男子高校生の立花瀧と、

岐阜・飛騨に暮らす女子高校生の宮水三葉との間に生じた入れ替わり現象を通じて、

見知らぬ者同士が導かれ引き合う様子を、

約1000年に一度の彗星の大接近と関連させて繊細に描いた作品

糸守町


入れ替わり現象が起きていた時、
三葉は2013年を生きていましたが、瀧は2016年を生きていたのです。

そのために、2013年にしか三葉と出会っていないために、
2016年では三葉を見ても誰かわかりませんでした。



反対に、瀧が三葉の携帯に電話をかけていたときに繋がらなかったのも、
入れ替わりが時空を超えていたと考えれば納得できると思います。

2016年を生きている瀧が2013年を生きている三葉に電話をかけても繋がるはずはありません。

2013年にティアマト彗星の破片が落下して糸守町ごと消滅したと言うのです。

宮水神社のご神体がある祠です。

三葉の体と入れ替わっていた頃、四葉と一緒に祖母の一葉に連れて行ってもらい、
口噛み酒を奉納した場所でした。

また、そこはこの世とあの世の境であるということを一葉に教えてもらった場所でした。



立花 瀧(たちばな たき)

宮水 三葉(みやみず みつは)


糸を繋げることもムスビ、人を繋げることもムスビ、
時間が流れることもムスビ、ぜんぶ同じ言葉を使う。
それは神様の呼び名であり、神様の力や。
ワシらの作る組紐も、神様の技、時間の流れそのものを顕しとる。


「だから今日のご奉納は、神様と人間を繋ぐための大切なしきたりなんやよ」

「ここから先は隠り世(かくりよ)...あの世のことやわ」

「戻るには、あんたらのいっとう大切なもんを引き換えにせにゃあかんよ」

「御神体にお供えするんやさ。それはあんたらの、半分だからな」



これらの言葉から読み取れることとして、
口噛み酒はこの世とあの世(死後の世界)を結ぶことができるものです。

口噛み酒を飲めばあの世のものと体の半分(魂)を交換することができるが、
お互いに元に戻るためには大切なもん(結びあったものとの記憶)を
引き換えにしなければいけないということではないかなと思います。




えっとね、、、、

やめれ

https://www.google.co.jp/maps/place/%E3%80%92392-0003+%E9%95%B7%E9%87%8E%E7%9C%8C%E8%AB%8F%E8%A8%AA%E5%B8%82%E4%B8%8A%E8%AB%8F%E8%A8%AA/@36.0989589,138.1513329,13z/data=!4m5!3m4!1s0x601c545e49f6c357:0x41322b967c043a5b!8m2!3d36.0478324!4d138.1240749?dcr=0



これとかまだ見てないから知らなかったし

意味深だということで調べてる人もたくさんいるだろうからとスルーしてたんだけど

何気なく、やめれ項目をいくつも見つけてしまい、、、


わたしのブログ読んでる人は
目にしてるキーワードばかり

しかも
https://www.google.co.jp/maps/place/%E3%80%92392-0003+%E9%95%B7%E9%87%8E%E7%9C%8C%E8%AB%8F%E8%A8%AA%E5%B8%82%E4%B8%8A%E8%AB%8F%E8%A8%AA/@36.0989589,138.1513329,13z/data=!4m5!3m4!1s0x601c545e49f6c357:0x41322b967c043a5b!8m2!3d36.0478324!4d138.1240749?dcr=0


地図見てわかる人がいれば、相当このブログを読んでる人だ、、、、


諏訪湖・飛騨

諏訪ってだけで、

もう”阿部”の事代ダイレクトヒッツよ
阿部の事代主=タケミナカタ
そして
もともと諏訪あたりもタケミナカタ母の一族の土地
そうだす。
ヌナカワヒメだす。



飛騨と言いつつ、気多若宮神社
そこには御井神が祭られてる

御井神=木俣神で、鳥取へと続く
鳥取のことも記事にいくつもある

鳥取に行ったことも書いてある



それから

ティアマト

やめれ、、これが一番やめれ項目


過去記事に

わたしの血のつながってない(はず)のおじいちゃんの苗字の由来は

多分きっと

ムハンマドかティアマトだと思うってことを過去に書いてる。

ティアマト彗星=星=星神=香香背男=タケミナカタ



聞いて聞いて

わたしに聞いて


君の名は。

って聞いて




わたしの名前は

香 


もし父と母が結婚できなかった時の私の名前は

諏訪の母のもとで育つ香山香



お前が男だったらな~って父がよくいってた

もし私が男だったら 香香 男


まあ、今も十分男勝りで男並みだけどね、、、、、


わたしが香香背男だって言ってるんじゃなくてですよ


でも、、、

そこら辺の一族です。100%。

父方も母方も。



やはりね、この時代、、、

まつろわぬ者たちがうごめいてますな。。。


ちょっと脳内興奮状態なので、いったんUP







瀧と三葉が巡り会う場所は

四ツ谷から徒歩約10分ほど歩いたところにある須賀神社の階段です。




うちのとーちゃんとかーちゃんが知り合ったのは三谷だけど

二人とも東京に出てきて最初の来た場所が四谷なのよ

父はおじさんを頼って

母も親戚の紹介で

同じような時期に東京にやってきた

だから四谷ってなんだって記事をいくつか書いてる

でも出会うチャンスは、そのもっと前にも与えられてたのかもしれないけど

もしやすれ違ったりしていたかもしれないけど

母が小学生の頃に

母方の家族みんなで、長野から和歌山新宮へ開拓団で数年やってきていた

そのころまだ父は和歌山にいただろうと思う。

これは母も知らないことだけど

その当時(戦後)新宮にあった映画館の話は、

昔よく聞かされたので、私も記憶に残ってる。

その映画館のオーナーの名前が

父の苗字と同じだったのだ。

それは私がいろいろ調べ始めて、ある人にたどり着いて知ったこと

だから母は、なにがなんでも

”この名前”の人と結ばれる運命だったんだと思う

そしてワタスが生まれた。

そしてこんなことばっかり調べてるワタスになった

depositphotos_35637657-stock-photo-dna-molecules-and-human.jpg




脳みそ大興奮状態で速攻寝てしまって途中で終わってしまったけど

星神様にもちょーーーーーーーーーーーーーーーー呼ばれてた時があったのよね

その時はまだ丹生のことも気にかけてなかったころ

でも、星神に行く道の入り口部分に丹生があったのよね

龍の村の星神へ続く道の入り口に丹生

それもつい最近も書いたわ

何度か書いている



そのころはその場所の情報も少なく


いま改めて探してみると

あらららららららららららららららららららららららららららららららららんらんる~

わたしがよくとるピンクの太陽の光が写っている写真を発見








呼んどる


やっぱ。。。


呼んどる




でも車じゃなきゃ絶対にいけないのよね、、、、


あんなとこに一人で徒歩で行ったら

とんでもないことが起こりそう、、、


途中まではバスで行けると思うけど


あの崩れた山へ入る道、、、

そこから先は、、、、、、、



ちょっと行けるか調べてみよう、、、、


そこへ呼ばれたのだって、2013年か2014年の話

そのあたりが台風で壊滅的にやられた後だ

自然の力

神の力。



星の神は風の神でもあるのよね、、、、、、








鹿島は香島

香島と香取

なんで香なのよ、、、




スセリ姫の子供が事代主とタケミナカタといったよ。無茶苦茶むっちゃん。

いろんな説がありますよ。

無茶苦茶むっちゃんは火消し役なのかな、、、

”大国主”

”事代主”

を、

一人、一個人にしようとしているみたい。

だって、ほら、みんな、

”天皇家の人が言うんだから間違いないって思うでしょ”

”第73代武内宿禰画院だから間違いない!これこそ真実!”

って、まだまだそんな頭の人が多いわけでしょ、、、


:::::::::::::::::::::::::::::::

大国主命の子供は以下のように整理される。
 

スセリ姫
子なし 大国主命は結婚後スセリ姫の激しい性格をきらい、近づかなかったようである。
地方巡回に精を出したのも彼女から逃げると云う目的もあったと思われる。


八上姫
木俣神 スセリ姫の激しい嫉妬から八上姫は故郷に帰ってしまった。


奴奈川姫
タケミナカタ 越国に派遣している時に生まれた。
越国王として活躍しており、出雲にはいなかった。


タギリ姫
アジスキタカヒコネ 別名三穂津姫で、高皇産霊神の娘である。
大国主命ではなく、饒速日尊の妻となった。大国主命の子ではなく饒速日尊の子と推定。


トトリ姫
鳥鳴海 トトリ姫は素盞嗚尊長男八島野命命の娘。出雲王朝第7代国王

カムヤタテ姫
事代主命下照姫 カムヤタテ姫は大国主命ではなく大物主命の妻である。
したがってこの二神は大国主命の子ではない。

www.geocities.jp/mb1527/N3-10hinakoku.htm

:::::::::::::::::::::::::::::::::


もうまたループしそうなので、模様替えの続きをしてこよう。。。。



コメント(0) 
共通テーマ:blog

逆さ地図 [転載~]




img00334196.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:blog

ワタスの個人ブログなど [Jama]








今日は6名様がここらの記事のページビューを上げてる


http://escapejama.blog.so-net.ne.jp/2017-11-01-1

昨日だかは5名様が

http://escapejama.blog.so-net.ne.jp/2016-03-16

ページビューを上げる理由があるんだろう
わたしはそれを見て、なんで上げてるのか探すのよ

おとろしいことに
個人ブログは毎日だいたい平均300人くらいが読んでる
それとおんなじくらい
お店のオンラインショップにお客さんくるようになったら、
東京で店やってた時に戻れるのにな~
いかんせん夏の稼働させなきゃいけない時に、
オンラインショップの更新まで手が回らなく
放置というのが痛い。

しかし、ワタスの個人ブログなどを
毎日300人くらいの人が読んでいるという”恐怖”

わたしがブログを見に来ている人と一切絡まない体制をとっているので、
コメントも残しづらい中、時々コメント残す人がいて、
同じようなものに動かされてるのねーってのがわかる

わたしもそう思ってましたーー
とかって、記事の内容に対して同調されたり
すごいです!!!とか言われたりするのが、好きじゃない

ただ、黙々と調べたことを書き連ねたいだけ。
ブログにでも残しておかないと、脳みそからはどんどん垂れ流し状態のように記憶が消えていくからね。

ペンをもってノートに書くなんて
もうーメンドサくてできね。

窓から知らない人に
私生活覗かれてるような個人ブログ


昔話だけど、
ブログを隅から隅まで読めば、
私のことをかなり知った気になれるでしょ

そんでもってある時期そういう人がお店にやってくることが多くて
しかもなんか勝手に前世で絶対に出会ってるとか言っちゃう人
もーー明らかにそれを伝えたいオーラを
バリバリに前面に押し出しながらやってきて、びっくりとか
そういうことが多かった時期があったから、
ブログで人と一切絡まないようにしたの
絡んでくる人とかで始めたら、ブログを引っ越しちゃうとか
前世で会ってたとか、、、やめてほしいんだよね
わたしはそうは思わないし( ˘ω˘ )




でも、まあ、、

なにかの参考になっていれば

うれしくもないけど

あ、よかったねって思いってますよ

なぜ私がブログで人と絡まないかはもうわかっている人も多いかと思いますが

とにかく

”自分の頭で考えろ”

それだけです。

でも、まあ

毎度読みに来ていただいて、ありがとうございますだ。

たまにはお礼を。



コメント(0) 
共通テーマ:blog

消えた一族(264) フル [消えた一族]





2017-11-23 11:57:50
これほんとはちょっと前に書いたんだけど、途中でやめてたから、今少し更新した



ヤナギ 柳 新潟県、埼玉県、東京都。①事物。植物の柳から。鹿児島県の奄美群島の一字姓。鹿児島県大島郡徳之島町亀津に江戸時代にあった。鹿児島県南九州市知覧町厚地に江戸時代にあった門割制度の柳門から。埼玉県深谷市大谷では草分けと伝える。②三重県鈴鹿市柳町発祥。鎌倉時代から記録のある地名。③島根県鹿足郡津和野町柳村発祥。江戸時代から記録のある地名。④コリア系。コリア音は南でユ、北でリュ。⑤シナ系。シナ音はリウ。⑥鹿児島県南九州市川辺町本別府柳発祥。⑦合略。柳沢の略。群馬県太田市成塚町での伝承。推定では江戸時代。ヤナギサワ 柳沢参照。⑧宮城県では鎌倉時代に葛西氏に従って宮城県石巻市付近(旧:桃生郡)の柳の目に来住したと伝える。宮城県東松島市赤井の小字の柳ノ目が比定地。⑨事物。新潟県新潟市秋葉区大鹿にある浄土真宗の深行寺の僧侶による明治新姓。同寺の山号の法柳山から「柳」を使用。同寺は新潟県阿賀野市法柳(ホウヤギ)で創建したと伝える。法柳は鎌倉時代から記録のある地名。⑩アイヌ系。事物。北海道白糠郡白糠町では柳材で作った家に住んでいたことからと伝える。
ヤナギ 柳木 島根県、富山県、和歌山県。①柳姓あり。②コリア系。福岡県福岡市東区で1988年12月26日に帰化の記録あり。本姓は金。コン 金参照。



ヤナキを調べようと思ったけど


いきなり、、、





牛を拝む勿れ





訓読み1.なか-れ#12.な-し#2

音読み1.ブツ2.フツ3.モチ




フツ

フル


「フツ」は「フル(震)」と同義



物部は布留


大和国石上布留神社(現石上神宮)


物部=天理なのか、、、、、、

いや

それとも

天理が物部を封印しているのか、、、、



天理市もそうだけど


高知の物部村とか

あっち方面になかなか足が向かないのは

なんだかちょっと怖いのよね、、、



で、これまで調べていったとことか流れで呼ばれるよう行ったとこに

絶対天理教があるのよね

まさに行こうと思ってるところの入り口付近にね、、、、、、、


わたしには

”まるでイコールの顔しちゃってさ”って

いつもそう思うんだよね。。。


それから


石上って

いそのかみ

わたしにはこの文字ではない文字が浮かぶのよね


それについて検索していくと


結果的に

息長に通じていく感じ

オキナガ

オキ ナガ


オキ ナワ

でもいいわ


ナワもナガも結局は同じものを指してるんじゃない




夕べすごくやばい感じで寝て、案の定意味深な夢を見たけど

あまりにもいつも調べごとしてるのとおんなじごちゃごちゃな感じに陥ってる夢で

夢を見ている最中、おおっ!!って思ったけど

忘れちまったよ


ま、でも結果的に
何と何を繋いで調べていけばいいかはわかったわよ


でも今日は寝ないでペンキ塗りの日だから


もうすでに頭の中にある情報だけで考えて繋いでみるわ



なんかって言ったら

柳と石上が繋がっていくけど

結局最終、とりあえず阿部にいくんでしょ~~~~

なんとなくその感じも見えているわよ


もう~~~




コメント(0) 
共通テーマ:blog

やっばい、、、 [魔王の声&UFO]

何も聞こえないけど、今日は1日すごく変

そりゃ、そうか、、とも思うけど

何も手につかないし

若干体調もおかしい

意味不明の筋肉痛というか

なんだかどっと疲れてる

すごくむくみも出てるな

筋肉痛というよりも足の痛さがおかしい

石油ストーブつけてても全然あったかくない

体温下がってく系

思考能力もゼロに近い

でも

脳内はシャカシャカ動いてる感じ


地震前にも似てるし

声が聞こえる前にも似ているからどっちともいえない


なんかよくわからない

明日は1日断捨離DAYにしよう


、、、、と、支離滅裂




コメント(0) 
共通テーマ:blog

天事代虚事代玉櫛入彦厳之事代神 [第六天魔王]







面白いツイート見つけた

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.
”天事代虚事代玉籤入彦厳之事代神”
.
あめにことしろそらにことしろたまくしいりびこいつのことしろのかみ
.
同じく日本書紀で神功皇后に憑依した神の一柱。
神の言葉を表す事代(コトシロ)が3つも入る強大な託宣の神。強キャラ感半端無い。
出雲の大国主の息子の事代主と同体とも言われるが
僕は違うと思う
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.
”天事代虚事代急急如律令”
.
天事代虚事代
玉籤
入彦
厳之
事代神

これは事代主ではないわね。

続きを調べたいけどー、今日はもうギブ
謎の筋肉痛は夕べ布団で寝てないから~
お風呂場とロフトが片付いたので
お風呂入って寝よう
もうギブギブギブ



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


朝バイト終わり帰宅。

さて、、、しらべるかね












天事代虚事代玉櫛入彦厳之事代神




むむむ、、、、、



こういうのが引っかかってきて


::::::::::::::::::::::::::::::::::


【日本書紀】


神功皇后(4)

小山田邑にて祟る神を明らかにする。


仲哀9年、春2月に、仲哀天皇が筑紫の香椎宮で崩御された時、皇后は、天皇がご神託に従わなかったために早く崩御された事に心を痛めて、考えました。

祟っている神を明らかにして、神の勧める財宝の国を求めようと。そこで、群臣や百寮たちに命じて、国中の罪を払い清め、過ちを改めて、さらに斎宮を小山田の邑に作らせました。

 3月の1日に、皇后は吉日を選んで、斎宮に入って、自ら神主となりました。その時には武内宿禰に命じて御琴を弾かせました。中臣の烏賊津(いかつ)の使主(おみ)を召して審神者(さにわ)としました。

そしてお供えの織り物をたくさん、御琴の頭と尾のところに供えて尋ねて言いました。
「先の日に天皇に教えられたのはどちらの神でしょうか。願わくは、その御名を教えて下さい。」と。
七日七夜経って、ようやくお答えになりました。

 「神風の伊勢の国の度逢県(わたらいのあがた)の五十鈴の宮にまします神、名は撞賢木厳之御魂天疎向津媛命(つきさかき・いつのみたま・あまさかる・むかつひめのみこと)。」と。

烏賊津の使主がまた尋ねました。
「この神以外に他の神はいらっしゃいますか。」
お答えがありました。
「旗のように靡くススキの穂が出るように出た吾は、尾田の吾田節(あがたふし)の淡郡(あはのこほり)にいる神である。」と。

「他におられますか。」
「天事代虚事代玉櫛入彦厳之事代神(あめにことしろ・そらにことしろ・たまくしいりびこ・いつのことしろのかみ)有り。」

「他におられますか。」
「いるかいないか分からぬ。」
そこで、審神者が言うには、
「今答えずに、また後に出て来られることが有りますでしょうか。」
すると答えがあった。
「日向国の橘の小門の水底にいて、海草のように若やかに出てくる神、名は表筒男(うわつつのを)、中筒男(なかつつのを)、底筒男(そこつつのを)の神がおる。」と。
「他におられますか。」
「いるかいないか分からぬ。」
ついに他に神がいるとも言いませんでした。その時に神の言葉を得て、教えの通りにお祭りをしました。
(つづく)



祟る神は、天照大御神、不明神、事代主神、住吉三神でした。

2月5日に仲哀天皇が崩御されて、竹内宿禰が豊浦宮に遺体を送って22日に戻ってくると、3月になって、神功皇后は小山田邑で7日7晩祈って、ようやく神の名を告げられます。

この小山田邑は福岡県古賀市小山田にあります。狭小な地で、秘密が守りやすい地形です。(『ひもろぎ逍遥』にて)

小山田斎宮 (1)(2) 福岡県古賀市小山田 オキナガタラシ姫の神懸かりの地を捜して

このブログを書いた時点では、もう一つの候補地福岡県粕屋郡久山町の「山田の斎宮」と比較しながら、「小山田邑」が正しいだろうと結論付けました。

その後、香椎宮の木下宮司が小山田邑の方に「小山田斎宮」と揮ごうをされた事によって、結論が補強されました。木下宮司は古事記のドイツ語訳を50年かけて完成させています。自社で起きた事件について、私より深く論考された結果によるものと思います。

なお、もう一つの「山田の斎宮」は神功皇后が皇子を出産して後、大和へ向かうまで住んだ聖母屋敷です。群臣と百寮も共に住むにふさわしい広い土地です。

この宮を中心として、竹内宿禰は厳重な守備態勢を整えました。
その伝承が伝わるのが「黒男神社」です。

(『ひもろぎ逍遥』にて考察)

斎宮(いつきのみや) 福岡県粕屋郡久山町山田 
(Ⅰ)神功皇后の神懸かりの地を捜して   二つの斎宮候補地
(Ⅱ) 二つの斎宮の謎が解けた

黒男神社 福岡県粕屋郡久山町
(1)武渟川別命の子孫・阿部氏が武内宿禰を祀る宮 古代の陣営あと
(2)武内宿禰がすべてをかけて守ったもの



黒男神社由縁の概略
第八代孝元天皇―太彦命―武渟川別命―阿部家祖先
           L 第九代開化天皇―第十代崇神天皇
           L 彦太忍信命―屋主忍男武雄心命―武内宿禰

筑前国粕屋郡山田村字カタ山という山麓に黒男神社という社あり。鎮座の由来は人皇の始め神武天皇より第十四代の帝・仲哀天皇の御代に始まる。

仲哀天皇の御代、日向の国に熊襲という賊がいて、勅命に従わなかったので、之を討伐しようと、都より筑前国香椎村に行幸され、大宮を造られた。

皇后(神功皇后)諸大臣と国賊討伐の議を計られ之を討たれたが、利あらず、仲哀天皇は香椎宮で崩御された。討伐についてのご神託をお聞き取らなかったせいでと、皇后は深く悲しまれ、ご神託の報いなのだろうと考えて、罪をあらためようと香椎村の隣である山田村(昔は小山田村と言う)に斎宮を造られた。これが聖母屋敷(上山田)である。

この斎宮に三月一日を吉日として主ら神主となり七日七夜籠られた。この御神事の隙をついて賊が襲ってくる事をおそれ、2月29日より武内大臣(宿禰)を大将として、カタ山に陣を張った。昔はかため山と言ったが、中昔よりカタ山という。

この時、皇后に随っておられた太彦命の御子武渟川別命もカタ山に陣を張り、しばし足を止められている内に一子を挙げられ、その子孫が年月と共に繁栄し、数十戸に及んでいる。これが阿部家の先祖である。

このような由縁で武内宿禰の薨去後、同氏人たちは祖先である事とて御社を新築し、大臣の霊を祭祀して黒男神社と唱え、29日は由縁のある日として祭日とし、祭儀を怠らなかった。

昔は本殿、拝殿、石の玉垣、石の鳥居が完備して神社として繫昌していたが、天正年中の世の乱れの時、薩摩の軍兵が立花城を征したおり、兵火にかかり、焼滅しその後、幾多の災禍を経て、文政8年本殿を再建した。今日の本殿がこれである。

明治の代に入り、玉垣と鳥居も再進された。同氏の人々の敬神厚く、遠近の郡村より参詣する人が絶えなかったという。

武内宿禰は第8代孝元天皇の御孫の屋主忍男武雄心命の御子で第12代景行天皇の御代より成務、仲哀、神功、応神、仁徳の6代におつかえした名臣であり、百司を統べ、万機を司る国家の棟梁であった。

祭日
毎年2月29日は祈念祭
6月29日は全氏人の祭籠




その「小山田斎宮」を伝える斎宮が二か所あって、
この黒男神社の由来書では、この近くの「山田の斎宮説」を取り入れています。
由来書から伺えるのは、熊襲などの反撃を恐れて、
斎宮へのルートであるここに陣を張って守りを固めたという事です。

その時、武渟川別(たけぬなかわわけ)命もいました。
この人は父の大彦命とともに四道将軍と呼ばれた人で、
記紀にも登場します。
この武渟川別と地元の娘との間に子供が生まれて、阿部氏の祖になったという事です。

この阿部氏は武内宿禰が亡くなったと聞いて、
この黒男神社に武内宿禰を祀り、現在に至っています。
1800年もの間、兵火に遭いながらも、
変わる事なく祭祀が行われていた事は驚きです。
調べると、黒男神社は宇佐神宮や大野城市などにもあって、
やはり武内宿禰を祀っていました。

香椎宮 小山田斎宮 斎宮(聖母屋敷) 黒男神社

:::::::::::::::::::::::::::::::::


阿部氏と武内宿禰が同祖だっていうのを

これまで調べてたきた中で頻繁に見かけたのだけど

どうも、現代の武内宿禰が

むちゃくちゃむっちゃんなもんだから

調べる気がしないというかぁ~~~


でも



むちゃくちゃむっちゃんが言ったのよ



”天事代虚事代急急如律令”


これが正しいまじないの言葉


うちのお店

ココに越しててはじめて

急急如律令 

この言葉を知った


まじないの意味は


すぐさまに願い事がかないますように


御札が貼ってあったのよ、、、

それまで知らなかったから、これを勝手にはがしていいんだろうかと思って

調べてはじめて知った

いい御札なので、今もそのまま貼ってあるし

それから、2013年からは

お店が暇だなーーって思うと

お客さんがすぐに来ますように急急如律令!

とかって言ってるのよね







たま‐ぐし【玉串/玉×籤】の意味

出典:デジタル大辞泉(小学館)


1 《古くは「たまくし」とも》幣帛 (へいはく) の一。

サカキなど常緑樹の小枝に紙の幣 (ぬさ) あるいは木綿 (ゆう) をつけ神前に供えるもの。

神霊の依ってくるものと考えられることもある。

「―奉奠 (ほうてん) 」

.
2 1に用いるサカキ。

また、サカキの別名。

「神風や―の葉を取りかはしうちとの宮に君をこそ祈れ」〈新古今・神祇〉


(tamagushi)榊の枝に木綿または紙を切ってつくる紙垂をつけたもの。



Oya


西アフリカのヨルバ族という民族の女性の神様。

火の神

水の神

嵐の神様





:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ヨルバ人の間では最も重視される神である[7]一方で、ベナンでは重要度はムワ(Muwa)、リサ(Lisa)についで3番目の序列となる[8]。ベナンでは鉄に関する、武器に関する、戦争に関する神であり、鉄のスクラップや、鉄による事故で死んだ動物はオグンに捧げられる[8]。またハイチでのオグン像もベナンでのものに似ている[8]。

現代のハイチでは戦士のロア(精霊)としての役割をもっており、オグンの祭壇にはサーベルが添えられる[5]。


オグンはヨルバ神話では

イェマヤ(Yemaya)とオルンガン(Orungan)の子であり[4]、

オシュン(Oshun)とオヤ(Oya)の夫である[4]と

語られる一方、

ハイチの神話ではオグンは蛇神ダンバラー・ウェド(Damballah Oueddo)や

海神アグウェ(Agwe)と共に

エルズリー・フレーダ(Erzulie Fre'da、女神)の夫である[11][12][4]。




ハイチでは時に

オグンがナザレのヨセフ[4]やヤコブ (ゼベダイの子)の顕現であるとされる。


一方でルクミ(lukumi、キューバのヨルバ系の人々)やサンテリア(ブラジル・ブードゥー)、
パロ・マヨンベ(アフリカ西海岸地域のパロ教)、では


オグンはキリスト教の聖人ペテロと結びつけて考えられる[4]。


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%B0%E3%83%B3




のように、

世界中共通の

神なり

信仰なり

人物があるので

人物=(神=信仰)

こんな感じで

それを持ち、伝たえる人物、

もしくわ

それを持ち、伝たえる一族


事代 神



初めに音(言葉)があった



 

初めに言葉があった。

言葉は神と共にあった。

言葉は神であった。

この言葉は初めに神と共にあった。

すべてのものは、これによってできた。

できたもののうち、

1つとしてこれによらないものはなかった。



ということで、

一番初めの神ですよってことよ


コトシロヌシじゃなくて

ヤハウェ

もしくわ

アメノマンナカミナカヌシ
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%8E%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%82%AB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%82%AB%E3%83%8C%E3%82%B7&gws_rd=cr,ssl&dcr=0&ei=oU4aWpyODMKK8gWrgoagAw

消えた一族(109) 地母神~アメノマンナカミナカヌシ 
http://escapejama.blog.so-net.ne.jp/2016-07-03



















音=言(=事)= ”神”


天事代虚事代玉櫛入彦厳之事代神


天事代  (天)

虚事代  (空)

玉櫛 (榊)=メノラー=生命の樹

入彦
https://www.google.co.jp/search?q=%E5%85%A5%E5%BD%A6&gws_rd=cr,ssl&dcr=0&ei=wFMaWpn2A4rS8QXD8aWoCw
    

厳之
https://www.google.co.jp/search?q=%E5%8E%B3%E4%B9%8B&gws_rd=cr,ssl&dcr=0&ei=7lMaWouQM4rq8AXF-4mABg


事代




撞賢木厳之御魂天疎向津媛
つきさかきいつのみたまあまさかるむかつひめ



つく。まっすぐつき通す。棒でつり鐘をつく。
(「つき」は斎(いつき)の意)

賢木=(榊)

厳之

御魂=(魂)=(霊)


天疎= 天離(あまさかる)
あまさかる

向津媛

http://kenkokusi.web.fc2.com/himiko/1.3.html




でも、、、

この、

天(あま)は


わたしには


海(あま)で

そして

アベ(阿部)

なのだ。


そして

逆から言えば


阿部(アベ)は海部(アマベ)なのだ



入彦

とか

天疎= 天離 あまさかる


っていうのは

この日本列島以外からやってきた

人々=一族=信仰=神をさしてる

海人族


それを=12支族ですよとは、

わたしは言わない


https://www.google.co.jp/search?dcr=0&ei=pFkaWt_sL4aB8wXv6argAQ&q=12%E6%94%AF%E6%97%8F&oq=12%E6%94%AF%E6%97%8F&gs_l=psy-ab.12..0l4j0i30k1j0i5i30k1l3.12486.20744.0.24356.23.20.3.0.0.0.140.1898.16j4.20.0....0...1c.1j4.64.psy-ab..0.9.753...0i4i37k1j0i4i30k1j0i5i4i30k1.0.0TfyACQGC9c





ただその”信仰”は

間違いなくやっては来ていて

日本のベースは

その”信仰”ではあるとは

言える。。。



しかし、、


”天事代虚事代玉籤入彦厳之事代神”





事代を調べようとして

阿部氏

タネヌナカワワケ

大彦

黒男神社


黒男って、、、、、


くろどんじんじゃ

福岡県粕屋郡久山町

武渟川別命の子孫・阿部氏が武内宿禰を祀る宮



くろどんって、、、、、

愛すべきブラザーみたいな響き、、、じゃないのさ、、ちょっと


さすが。。。

スヌーティーとか出てくるわけだ


無題2.png


無題3.png



13245367_1722247718054133_5032237863601071695_n.jpg



阿部の男はキュンキュン系なのに

むちゃくちゃむっちゃん、、、、ありゃいったいどうした?


104086594.jpg


無題.png


799c39ab.jpg



無茶苦茶むっちゃん、、、、、、

「武内宿禰が語る古代ヤマトの真相」第七十三世武内宿禰と行く秘授口伝ツアーVol.9 奈良



















「入彦」は「爾支」

爾支を入彦に変えた天武天皇


また天武か、、、


爾支(ニチ)





垂仁天皇のフルネーム「活目入彦五十狭茅=イチマ・入彦・イサチ」


とは「連邦・入彦・将軍」という意味の名乗りだったことが完全に理解できる。

ではこの「入彦」とは何か?…。




彦は「卑狗」だから、残る「入」だけが問題である。

彼は沖縄人だから「イリ」とは「西」のことである。

西は伊都国のある佐賀あたりでは

「ニシ」と発音が変わっていたとみえて、



『魏書倭人章』では伊都国の筆頭官名を「爾支=ニシ」と書いている。

伊都国は地理的に見て連邦の「西の首都」だったことがわかる。

「入彦」とは『魏書倭人章』の「爾支・卑狗」で、

「西の支配者」という意味だったのである。



この「西」は「白虎の国」だから別名が「白=シロ=斯盧=新羅」と変化した。

壹與がその新羅の初代・赫居世王だというのは、どこから見ても性格な記録なのである。




コメント(0) 
共通テーマ:blog

消えた一族(263)武則天- The Empress-から~の [消えた一族]


depositphotos_35637657-stock-photo-dna-molecules-and-human.jpg

2017-11-22 16:33:12の記事
更新しました。






武則天- The Empress-

中国版大奥!美づくしのドロドロ時代劇ここに極まれり!!
https://www.cinematoday.jp/page/A0005234

 舞台となるのは栄華を極めた唐王朝ということで、
衣装に始まり、セットや装飾品など、隅から隅までゴージャスの極み。

中国時代劇史上歴代ナンバーワンと言われる総製作費は驚きの56億円! 

超大作映画だってここまで大金はかけない。

もはやテレビの域を超えるお金のかけっぷり。特にハデなのは、女性キャストの衣装。
宮廷を描いていることもあり、女性キャストが多いのだが、その誰もがきらびやかな衣装で登場する。
その数3,000組以上というケタ外れな数を誇る。
金銀財宝がギラギラし、色鮮やかで華やかな衣装ばかりなので、観る者を飽きさせることなく、
ファッションを見ているだけでも十分に楽しめる。
どんなに豪華で貴重な衣装でも、
基本的に同じ衣装は2度と登場しないので、一瞬たりとも見逃せない!

::::::::::::::::::::::::::::::::::

武 則天(ぶ そくてん)は、

中国史上唯一の女帝。

唐の高宗の皇后となり、後に唐に代わり武周朝を建てた。
諱は照(曌)。
日本では則天武后(そくてんぶこう)と呼ばれることが多いが、
この名称は彼女が自らの遺言により皇后の礼をもって埋葬された事実を重視した呼称である。
古来より「則天」と姓名をはっきりさせず呼ばれてきたが、
現在の中国では姓を冠して「武則天」と呼ぶことが一般的になっている[1][2]。




まったく違う訳。

いろいろなこと。


明日香



飛鳥

とかさ



飛鳥歴史的地名飛鳥 - 古代に大和国にあった地域。遠つ飛鳥、大和飛鳥。現在の奈良県明日香村周辺。 飛鳥京 - 上記にあった天皇の宮および関連施設が密集する区域の通称。

河内飛鳥 - 古代に河内国にあった地域。近つ飛鳥。大阪府羽曳野市東部・太子町周辺。
近現代の地名飛鳥 (青森市) - 青森県青森市の大字。
大向飛鳥 - 青森県三戸郡南部町の大字。
浄法寺町飛鳥 - 岩手県二戸市の大字。
飛鳥 (酒田市) - 山形県酒田市の大字。
飛鳥 (明日香村) - 奈良県明日香村の大字。
飛鳥 (羽曳野市) - 大阪府羽曳野市の地域。
飛鳥 (名取市) - 宮城県名取市高舘熊野堂の大字。
飛鳥町 - 三重県熊野市の大字。
飛鳥村 (奈良県) - 奈良県高市郡にあった村・地方公共団体。
飛鳥村 (三重県) - 三重県南牟婁郡にあった村・地方公共団体。
明日香明日香村 - 奈良県高市郡の村・地方公共団体。
安宿「あすかべ」とも読む。安宿郡(安宿部郡) - 河内国(大阪府)の郡。
豊栄町安宿 - 広島県東広島市の大字。
阿須賀阿須賀町 - 和歌山県新宮市の大字。
ASKAアスカ村 - スウェーデンのエステルイェトランド県の村(Aska härad)。
アスカ (オリッサ州) - インドのオリッサ州の地域。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%82%E3%81%99%E3%81%8B

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E5%B1%8B%E7%8E%8B


安宿部郡(あすかべぐん)は、大阪府(河内国)にあった郡。
古代には「飛鳥戸郡」や「飛鳥部郡」、中世以降は「安宿郡」や「安福郡」とも表記された。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E5%AE%BF%E9%83%A8%E9%83%A1



17くらいまで見た
ものすっごい連続モノなので、ギブアップした

しかも2話からは中国語のみで

音を聞いて
漢字を見て理解するしかない


でもずっと見てて思ったけど

このドラマの出演者の顔

日本の芸能人と同じだね

それから、やっぱこっち、関西に多い顔なんだろうなーーって思った

骨格とかもね~





天智天武もいつだったか調べてたけど
このあたりもぐちゃぐちゃ



天智天皇( てんじてんのう、推古天皇34年(626年)- 天智天皇10年12月3日(672年1月7日))は

第38代天皇(在位:天智天皇7年1月3日(668年2月20日) - 10年12月3日(672年1月7日))。

和風諡号は天命開別尊(あめみことひらかすわけのみこと / あまつみことさきわけのみこと)。

一般には中大兄皇子(なかのおおえのおうじ / なかのおおえのみこ)として知られる。

「大兄」とは、同母兄弟の中の長男に与えられた皇位継承資格を示す称号で、

「中大兄」は「二番目の大兄」を意味する語。

諱(実名)は葛城(かづらき/かつらぎ)。

漢風諡号である「天智天皇」は、代々の天皇の漢風諡号と同様に、奈良時代に淡海三船が

「殷最後の王である紂王の愛した天智玉」から名付けたと言われる

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E6%99%BA%E5%A4%A9%E7%9A%87



天武天皇(てんむてんのう、生年不明 - 朱鳥元年9月9日(686年10月1日))は、

7世紀後半の日本の天皇である。

在位は天武天皇2年2月27日(673年3月20日)から朱鳥元年9月9日(686年10月1日))。

『皇統譜』が定める代数では第40代になる。


舒明天皇と皇極天皇(斉明天皇)の子として生まれ

中大兄皇子にとっては両親を同じくする弟にあたる、とされる。

皇后の鸕野讃良皇女は後に持統天皇となった。

天智天皇の死後、

672年に壬申の乱で大友皇子(弘文天皇)を倒し、その翌年に即位した。

その治世は14年間、即位からは13年間にわたる。

飛鳥浄御原宮を造営し、

その治世は続く持統天皇の時代とあわせて天武・持統朝などの言葉で一括されることが多い。

日本の統治機構、宗教、歴史、文化の原型が作られた重要な時代だが、

持統天皇の統治は基本的に天武天皇の路線を引き継ぎ、完成させたもので、

その発意は多く天武天皇に帰される[1]。

文化的には白鳳文化の時代である。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E6%AD%A6%E5%A4%A9%E7%9A%87




引っ張りに引っ張りましたが


なんで今これ見てるかわかるかしら。。。。




血筋に時代が絡まってるでしょ

ひとつの視点じゃ見られないのよね、、、

複雑



dna-human-body.jpg



mysteryofdna4-thumb-315x315-59768.jpg



私がいつも調べ後としてて、螺旋階段という表現を使うけど

DNAの記憶を遡っていたからなのかしらね~~~~

交差するところが階段の踊り場なの。

そこが一番いろんな情報がばらばら落ちているところで

フリーズするのはいつもココについたとき

今もそんな感じ。。。

今はね、

ま、ちょっと受け入れがたいけど

まあ、、、そうだね、、そうだろうね、、、

だから私は近寄りたいと思わないんだろうな、、、と


それから、最近まさに

”はたさん” というすごくきれいな女の子とも知り合ったところ
まさに中国美女系だけど
この血筋のナカには白人の種類の地が入っているね。やはり。


私には白人系の地は一滴も入っていないって言ってもいいくらいかも

モンゴロイド、縄文、ポリネシア、アフリカ

あーーーやっぱナショジオのDNA検査したいわ~~~~~

絶対白人系は入っていないと思うわ


でも日本に住んでる人のDNA検査の主な10種類には入っていない

11種類目のOTHER


だからきっと、父方は

アフリカから種も残さず浮き船で海(あま)降った

(*連れてこられた)奴隷の子孫なんだろうね


で、さらに遡るとこれと↑

ノアの箱舟的な大洪水を生き抜いた一族

その場合はあちこちに多根を残さずダイレクトにココに流れ着いたのかもしれない

それとか、↑ 上の二つの運命はずっとずっと付きまとい

何かしらの災害や戦争のときに 

↑ 上の二つの記憶とともに

やっぱりどこかに種を残さずダイレクトに移住した一族

または一家族



ね、、、

今の私がここにいるように


私はこの土地に種を残していないし、残さないし、残せない

ただ、私がいたということだけ

そして親戚じゃないというけど

同じ名前がイミシンなところに点在しているのも

同じ運命で流されてる血筋。。。。


depositphotos_35637657-stock-photo-dna-molecules-and-human.jpg




それがアセンション大好き、ムー大好き、スピ系大好きな人のいう


 ”多次元同時存在の法則”


私はそこからはかなーーりひいて考えてるわ。





それより最近

”柳” がすごくアピールしてくるので

次の記事は”柳”調べにする

というのも


私、3つくらいの頃に好きな男の子が

ヤナキタケヒコ

まるで神話の神様の名前だわ

ヤナキノタケヒコノミコト





コメント(0) 
共通テーマ:blog

消えた一族(262)私のインスピレーション [消えた一族]




私のインスピレーションは抜群だと思うのよ

いや、、、


私のインスピレーションと一言で言ってはいけないな

まあ、、ほれ


神は己の中にあるって言うけど

それは本当だねといいたい

インスピレーションを引き出すときに

私はいつも大体

胸の真ん中を空にして

目線は左斜め上を見ながら

右目の奥を見る


息をしていない時もあるかも

そんなことを長時間続けてるから

そのうち体中にズムズムが走り出して

たぶんきっと若干能が酸欠になってるのかも、、、

そのうちすごい睡魔に襲われながらも



たとえば





ハッ!!!!

そうなの?

コトシロヌシって

アベなの?


阿部のコトシロヌシなの?


と、こんなかんじに気がつく

体内細胞トリップっていうかな


気分的に

小さい私になって、

自分の体に入り込み


DNAの螺旋と細胞のひだひだを掻き分けて


何か知っている人の細胞を探す


私の中には、

誰の中にも


人類誕生の源からの細胞が、

そしてその細胞の記憶が眠ってる

記憶装置なんだよね。


だから本当は全部知っているはずなの

だけど、都合よく書き換えられてしまったいろいろのせいで

私たちは私たちの本当の歴史を消されてきてしまっている

だけど

そのすべては

ほとんどすべては

この体の中に記憶として眠ってる


あんまり変に瞑想とかしない方がいい

結局何かを求めて、そういったスピ系の行動をとると

おかしなことになってしまうわけ。

私も少しだけそんな時期があった

あれは、あの時、これ以上やったらやばいなって思ってやめたの。


私いろんな本を読まないし

ネットで誰かが書いていることいっていることをそのまま鵜呑みにすることもしないし

どうせ鵜呑みにしないんだからと、まともに見ることもこの数年はしなくなった

基本、本とか動画とかも

誰かの都合のいいものだと思っているから

そのすべてを鵜呑みにしない


そういった意味で真実は決してひとつじゃないからね

100万人いれば100万の真実がある

もちろん100万に共通の真実もあるだろう

けど、それが必ずしもたった一つの真実ということではないし

たった一つの正義でもたった一つの悪でもない

100万いれば100万の正義と100万の悪がある

そして100万の人はそのどちらも知ってるし、

どちらの感情も意識も持ってる


おらとこ一番も

おらの説が正しいも

正しいかもしれないけど正しくない

正しくないけど、おまんには正しい

そういうこと。



海の中にいると

悪なんてものは

人間でしかないとさえ

思えるよ







わかる人だけわかればいいサイン

気づいた人だけ気づけばいいサイン


溢れているよね。


それをみんなに広めようとなんかしなくていいのよ

、、、と、私は思う。



声を大にしていわなくても

ひっそりとしていても

見つける人は見つける

気づく人は気づくわけで

誰からかまわず、腕をつかんでまで知らせようとする必要はない


そうなんだ、こんなんだと説得洗脳してまで知らせる必要はない


ただ

ひとつところにまとまりたい人は声を大にしてるところへ集まっていけばいい

その結果がどうなるかはわからないけど。







事代主(コトシロヌシ) 古代の神を祖(オヤ)とする いとおほらかなる系図を伝ふ (『倭をぐな』)



無題3.png



無題2.png




祖(オヤ)








今そのインスピレーションがまたとんでもなく働いていて

たぶんもうすぐ気絶モード。。


インスピレーションではじかれだしたモノたちが

アメーバ状に広がって結びついて一つになっていってる途中






アメノマンナカ

ミナカヌシ




double_a2febc.jpg





モーセ オオクニヌシ オオヒコ ミチギミ


 
モアブ人女性ルツはダビデの祖先であるとされ、

イエス・キリストの家系図へも登場する



MOAB
https://www.google.co.jp/search?lr=lang_ja&hl=ja&rlz=1I7MORJ_jaJP511&tbs=lr%3Alang_1ja&ei=nbETWt_rM8L00gTit7bACQ&q=MOAB%EF%BC%88%E9%9D%9E%E6%A0%B8%E6%9C%80%E5%BC%B7%E7%88%86%E5%BC%BE%EF%BC%89&oq=MOAB%EF%BC%88%E9%9D%9E%E6%A0%B8%E6%9C%80%E5%BC%B7%E7%88%86%E5%BC%BE%EF%BC%89&gs_l=psy-ab.3...12758.14335.0.15129.3.3.0.0.0.0.79.227.3.3.0....0...1c.1.64.psy-ab..0.0.0....0.s1T-fZN4MEE












役行者(えんのぎょうじゃ)の小角(おづぬ)には名の通りに角があったと云う。

海を割(さ)き、イスラエルの民(たみ)を率(ひき)いたとされるモーセ(モーゼ)にも角があったという説がある。

役行者

葛城

コトシロヌシ

賀茂氏

秦氏一族

阿部のコトシロヌシ




秦の始皇帝

モーセ

イン一族

無in題.png


モアブ

裳阿部



バラク (モアブ王)





移動先: 案内、 検索







バラクがバラムに使者を送る画
バラク
(英語など:Balak、ヘブライ語: בָּלָק‎ (baw-lawk')、古代ギリシア語: Βαλαάκ 、
「略奪者、彼は荒れ廃れさせた」の意)は、旧約聖書の登場人物。モアブ人の王。

旧約聖書によれば、
ツィポルの子でモアブの王(民数記 22:1、4)。
イスラエル人がエモリ人を打ち破り、イスラエルはモアブにとって脅威となった。
バラクはミデヤン人と結託し、イスラエル人を呪ってもらうためにユーフラテス川流域のペトルに住んでいる預言者バラムに使者を送った(民数記 22:4-7、24:10。ヨシュア記 24:9、10)。
バラムが一度バラクの要求に断ると、バラクはもう一度、最初より大勢の君たちを連れ、
より多くの報酬を約束して頼み込んだ(民数記 22:15-17)。

バラムが到着すると、バラクは直ちにアルノン川の岸辺まで迎えに行き、
すぐに来なかったことに対して文句を言った(民数記 22:36)。

バラクはイスラエルの宿営を一望できる三つの場所
(バモト・バアル、ピスガの頂、ペオルの頂)へバラムを連れて行くが、

三回ともバラムはイスラエル人を祝福したので、
バラクは憤った(民数記 22:39、23:14、23:28、24:10)。

新約聖書の『ヨハネの黙示録』によれば、バラクはバラムに教えられた謀略を用いてイスラエル人に偶像礼拝と淫行を犯させた(黙示録 2:14、民数記 25章、31:15、16)。





バモト・バアル
バモト・バアル. (Bamoth-baal)
[バアルの高き所].
モアブにあった町


バモト

(Bamoth)[高き所]

イスラエル国民がカナンの地に向かう途中で宿営した場所の一つ。(民 21:19,20)

バモトは,ナハリエルと

『ピスガの頭のところにあるモアブの野の谷』の間に名前を挙げられています。

恐らくバモト・バアルの短縮形と思われます

バモト

ハモト




父からの ロ イ


ロイだったんだ、、、


私が3つくらいの小さいときから


繰り返し見せたばらばらの映画

ばらばらだけどいつも順番は同じで

最後はクンタキンテのルーツだった



モーセの妻は黒人。

マタイの系図の特徴は女性たちへの言及です。

家制度・民族主義と性差別を前提にした男性中心の系図の中に例外的に4人の女性が記載されています。

カナン人タマル(マタ1:3)、

カナン人ラハブ・モアブ人ルツ(同1:5)、

ヘト人ウリヤの妻(同1:6)、

みな外国人女性である妻です。

イエスの母親マリアは、この4人の先輩たちの系譜を継ぐ者です(同1:16)。



って、、、ココへきて

もう何年も前に何回か見たことあるページのをおもいだした


そのことも過去記事には書いている

昔私マンドリルに似てるって言われたことが多々ある、、、、、、、

失礼よね、、、、


でも、まあ、化粧の色も同じ色あいっちゃー色合いだから、しょうがないけどもさ、、、

でも、私が猿顔系じゃなかったらいわれなかったと思うのよね

そのページに天理教のことが出てた、、、

https://www.google.co.jp/maps/place/%E3%80%92632-0014+%E5%A5%88%E8%89%AF%E7%9C%8C%E5%A4%A9%E7%90%86%E5%B8%82%E5%B8%83%E7%95%99%E7%94%BA/data=!4m2!3m1!1s0x600136993c3861eb:0xd1af1fad156dc6b?hl=ja&sa=X&ved=0ahUKEwiy5MK8gc_XAhVBS7wKHUcfAhUQ8gEIJTAA


奈良県天理市布留町384

フル

石上神宮
http://www.isonokami.jp/about/c2.html


いそのかみじんぐう

いその


ぷはあああああああああ。。。。。。


石上神宮 禁足地 出雲建雄神社 猿田彦神社

http://divinus-jp.com/archives/27567

P1010997.jpg




https://www.google.co.jp/maps/place/%E7%9F%B3%E4%B8%8A%E7%A5%9E%E5%AE%AE/@34.5653494,135.8984797,13z/data=!4m5!3m4!1s0x6001369c21dd83ab:0xb17ee3d081262f4c!8m2!3d34.598039!4d135.851938?hl=ja


布留川

フルカワ


どうりで、、古川君。。。。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

布留遺跡の存在は、

物部氏が縄文人の一族であったこと、

そして、天孫族と呼ばれる渡来人が日本に入ってくる以前に

この奈良の地に住み生活をしていた人々だったことを証明しています。

布留遺跡が、何等時間の断絶も無く延々と続いている複合遺跡であることが何よりの証拠です。

その後、渡来人が大和に入って来たことは間違いありません。

しかし、その時物部氏は争わず融合し暮らすようになったのだと考えます。

神武東征が物語る神話では、

物部氏の祖先は饒速日命(にぎはやひのみこと)となっており、

饒速日命が恭順を示すことで神武天皇として即位することになっています。

饒速日命は、神武天皇の前に天磐船(あめのいわふね)で大和入りをしたことになっています。

しかし、物部氏は天磐船でやってきた渡来人ではないと考えます。

神武東征が描いているのは、縄文人に対する弥生人の征圧です。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



だから、物部の先祖をニギハヤヒだって言うの取り払えばいいじゃない

トミノナガスネヒコが物部の先祖。

そこに創作した神武の先祖、同族のニギハヤヒをかぶせた。

そのナガスネヒコが阿部の祖


そのナガスネ阿部の流れにかぶさってきてる

安倍もいるわけよと私は見ているのよ

かぶさってきてる

アテルイとか奥州藤原氏とか義経のバックにいるのが阿部で

表にいるのは安倍とか安部とか

そういう感じ。

だから私は空海も嫌いだし安倍も嫌い




コメント(0) 
共通テーマ:blog

NHK特集「奥羽山系マタギの世界」 [転載~]




NHK特集「奥羽山系マタギの世界」

コメント(0) 
共通テーマ:blog

消えた一族(261)大彦つながりでククノチが出てきましたが、 [消えた一族]

大彦つながりでククノチが出てきましたが、

ククノチは前から出てはいたの

ククチ



キクチ

キクリ


そんでもってなぜか

ククチ

久久能智(ククノチ)



音でも

字でも


ヤマピーの顔が浮かぶんですよね

山下智久



山下

ヤマシタ

ヤマノフモト

ヤマモト

飛騨マンセーおじさんりゅうに言うと

山下は飛騨王朝の名前





“久久能智神”。。

(くくのちのかみ)

【別名】
句句廼馳神
(くくのちのかみ)

屋船久久廼遅命
(やふねのくくのちのみこと)

屋船神
(やふねのかみ)


……
伊邪那岐・伊邪那美二神より生れた
木の神。
風の神の次、山や野の神の前に生まれた神。

「久久」は“茎”のことで、
「智」は“男性”を表わす接尾語

“屋船久久廼遅命”は、
大殿祭祝詞に記された木の神。
家屋の守護神として、屋船豊受気姫命とともに信仰されている。

木の神である久久能智神と、
野の神である草野比売神を総称して
“屋船神”といい、御殿の神である。

木の神は、久久能智神の他に、
木俣神、大屋毘古神、五十猛神など。


●木の神のこと。
●対になっている神は無い。
●ククは「木々」のこととされる。
●サカキは常緑樹のこと。ククノチは木のすべて。


古事記でも日本書紀でも、イザナギとイザナミが生んだ神の1柱。

「木」の神格化で、ちなみに「草」は「カヤノヒメ」です。

カヤはススキのこと。

ククノチの「クク」は「木々」が転訛したものとも。

ところで吉備津彦神社(岡山市)の敷地内に


「坂樹神社」というのがあって、

その祭神が句々廼馳神(ククノチノカミ)なんですね。

坂樹というのは「境目の木」で、「榊」のことでもあります。

日本人は山に神がいると思っていました。

山は特別な領域であり、その境目に立っていたのが「サカキ」とされました。

これは冬になると里の植物がほとんど枯れてしまっているのに、

山を見ると常緑樹があって、青々としているところがあり、

それを見て、

「あぁ、あそこから神の領域だな」

と考えて、

それで「常緑樹」を「境目の木」で、「サカキ」となったわけです。

ククノチはおそらく、常緑樹だけでなく、すべての「木」を表しているのだと思います。

http://nihonsinwa.com/page/1863.html




久々智氏とは、

菊地氏のことで、

《和名抄に肥後国菊池郡を久久知と註す。菊地、木口もククチの転訛なり。




肥後及び摂津国河辺郡久々智は阿部族の久々智族居住地なり。

姓氏録・摂津条に「久々智、阿部朝臣同祖」と見ゆ。》

(『埼玉苗字辞典』)とあり、大彦命の後裔



草野比売神


はい。。。

ご一緒に、、、、





カーーーヤーーーーーノーーーーーー


一連のキーワードが全部出てきてるかんじ


山下

ヤマシタ

ヤマノフモト

ヤマモト

”八”マモト







そうらきた、、、
南房総白浜の山の方だ



安房国平群(へぐり)郡山下

(平群郡は古代の郡名。江戸時代は平郡=現在の館山市山下集落、南房総市山下)を発祥とする

山下氏の流れに、

滝沢馬琴の『南総里見八犬伝』に

山下定包(さだかね)という名前で登場する山下定兼がいた。

当時、群雄割拠の安房郡を領していたのが神余(かなまり)氏なのだが、

その神余景貞は家臣である山下定兼の謀叛にあい、神余氏は滅びる。

その後、神余氏の領地を奪った山下定兼は安房郡を山下郡と改めるほどの悪役ぶりだったので、

八犬伝の発端となる人物のキャラクターとしても最適だったのであろう。

千葉県館山市神余の神余小学校北東に神余氏や

山下氏の居城であった神余城跡(かなまりじょうせき)があり、

巴川の対岸、神余小学校のすぐ北西側には山下定兼の居館であった山下城の跡がある。

山下集会所の裏の尾根筋なので山下集会所を目印にアプローチを。

まさに山の下(ふもと)という感じだ。



神余(かなまり)

このあたりの神社にククノチがいるか調べるのだ



日吉神社にオオヤマクイ

四神

志那都比古神(シナツヒコ) - 風の神

久久能智神(ククノチ) - 木の神

大山津見神(オホヤマツミ・オオヤマツミ) - 山の神

鹿屋野比売神(カヤノヒメ・野椎神(ノヅチ)) - 野の神



比叡山の麓の日吉大社(滋賀県大津市)が大山咋神を祀る全国の日枝神社の総本社である。日吉大社には後に大物主神が勧請されており、大物主神を大比叡、大山咋神を小比叡と呼ぶ。山王は二神の総称である。大物主神は西本宮に、大山咋神は東本宮に祀られている。

そのほか、日枝神社(東京都千代田区)、松尾大社(京都市西京区)および全国の日枝神社、松尾神社で祀られている。伊勢神宮豊受大神宮(外宮)の摂社である山末神社は大山津姫命を祀るが、大山咋神が祭神だとする説もある[1]。
大山咋命 おおやまくいのみこと  http://www.kyototsuu.jp/Jinjya/MikotoOoyamakui.html
大山積神 おおやまつみのかみ 
大山津見神 おおやまつみのかみ http://www.kyototsuu.jp/Jinjya/MikotoOoyamatsumi.html
大山祇命 おおやまつみのみこと
和多志大神 わだしのおおかみ


http://www.kyototsuu.jp/Jinjya/Mikoto.html


飛騨
http://www.buccyake-kojiki.com/archives/1057562189.html




木の神として久久能智神「くくのちのかみ」が生まれます。
日本書紀では、木の神たちと複数形で、句句廼馳「くくのち」と記されています。



公智神社にあるとおり、久久能智神は、孝元天皇の皇子で四道将軍として北陸に派遣された大彦命に関係する方だと思われます。



「延喜式」の「祝詞」には屋船久久遅命「やふねくくのちのみこと」と記されているようですが、天日陰比咩神社のご祭神も「屋船久久能智命」とあり、大彦命が北陸に派遣された際に創建されたのかもしれません。



平安時代に作られた辞書「和名類聚抄」には、「肥後国菊池郡を久久知と註す。菊地、木口もククチの転訛なり。肥後及び摂津国河辺郡久々智は阿部族の久々智族居住地なり。」とあるようです。
大彦命の派遣に伴い、熊本県菊池市辺りの民族が北陸に派遣され、兵庫県尼崎市辺りにも移り住んだのではないかと思われます。
尼崎には久々智の他に熊本県菊池市の近くにある長洲「ながす」という地名と同名の地名もあります。
古事記の神武東征の段に、五瀬命を死なせた登美の那賀須泥毘古という人が登場しますが、その方と長洲が関係し、五瀬命と伊邪那美神が重なっていないでしょうか。



魏志倭人伝の狗奴国の官は「狗古智卑狗」となっていますが、この方が久久能智神その人かもしれません。
北陸遠征が無事終了して、木の神として、森林資源の豊富な木の国(紀国)をも司るようになった。
しかし、四道将軍や崇神天皇(伊邪那岐神)との間で勢力争いが発生し、その戦闘で伊邪那美神が亡くなり、倭国大乱に発展し、邪馬台国と狗奴国との抗争が続くことになったとは考えられないでしょうか。



久久能智神を祀った神社は、兵庫県、石川県を中心に広がっていますが、
北部九州や宮崎辺りには見当たりませんでした。
やはり、伊邪那岐神と伊邪那美神の神生みの過程で本州を旅する中で登場される神だと言えそうです。

blogs.yahoo.co.jp/yamatai_michi/63967430.html




うーーーーん、、、ちょっと迷子になってきた気分、、


中断します。

山P休憩






よっしゃーーー


古事記』孝元天皇

大倭根子日子国玖琉命(オホヤマトネコヒコクニクル=孝元天皇)は、

穂積の臣等の祖先、内色許男(ウツシコオ) 命の妹の内色許売(ウツシコメ) 命を娶り、最初に大毘古(オホビコ) 命。

次に少名日子建猪心(スクナヒコタケイゴコロ) 命。

次に若倭根子日子大毘々(ワカヤマトネコヒコオホビビ=開化天皇) 命を生んだ。

また、内色許男命の娘の伊迦賀色許売(イカガシコメ) 命を娶り、生んだ子は

比古布都押之信(ヒコフツオシノマコト) 命。

また、河内の青玉(アオタマ)の娘、名前は波邇夜須毘売(ハニヤスビメ) を娶り、生んだ子は

建波邇夜須毘古(タケハニヤスビコ) 命。

天皇の子は合わせて五柱。

若倭根子日子大毘々の命が天下を治めた。



大毘古命の子の建沼河別命(タケヌナカハワケ)は阿倍の臣等の祖。

次の比古伊那許士別命(ヒコイナコシワケ)は膳の臣の祖である。



また、木の国の造の祖先、宇豆比古(ウヅヒコ)の妹・山下影日売(ヤマシタカゲヒメ)を娶り、 生んだ子は 建内宿禰(タケウチノスクネ) 。 宿禰の子は合わせて九人(男七人、女二人)。


よっしゃーっと思ったけど、まためんどくさいとこに行きそうなので

もう今日はやめとこ



公智神社(くちじんじゃ、又はこうちじんじゃ)
兵庫県西宮市山口町下山口3-14-30

健速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)
久久能智神(くくのちのかみ)
奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)

略由緒

 当社は延喜式内社にして御祭神は木の祖神「久久能智神」です。

創立年月日は不詳ながら、

孝元天皇の皇子大彦命の後裔久々智民族が

山口荘内の最も適当な丘を選び氏神として奉祀したのが始まりとされています。



コメント(0) 
共通テーマ:blog


2016年までの観た!読んだ!お勧めの映画や本でーす!